母の手づくりプリンは、ここ数年キャンティ(東京都港区飯倉)風です。


レシピは、読売新聞を購読するともらえる『読売クック・ブック』の『スプーン・デザート』に掲載されているものを使っています。



小さなプリン型で焼く方法もありますが、このプリンは写真のように大きなケーキ型で焼きます。

材料を見てみると、直径21cmの丸型1台分で全卵8個、卵黄3個の計11個の卵を使用。卵以外は、グラニュー糖、水、牛乳、それに香りづけのバニラ棒とブランデー。。。と至ってシンプル。やっぱりプリンは卵好きにはたまらないスイーツです。

 

底の取り外し可能な型の方が、焼き上がったプリンを取り出す時に便利です。


この本でレシピを紹介してくださっているのは、こぬれ広尾のオーナーシェフである加賀和子さん。飯倉キャンティで修行された後に独立されたんですね。

母が使っている読売クックブックの『スプーン・デザート』は、2002年2月発行の古いものなのでもう手に入らないと思いますが、加賀和子さんのレシピ本がありました。



手作りの冷たいデザート』も『イタリアンデザート―パティシエの感性と気品』も、新品での販売は無いようですが、中古市場では取引があるようです。



この場で『スプーン・デザート』に掲載されていた加賀さんのプリンレシピを公開してしまうわけにはいきませんが、興味のある方はお問い合せ欄からご連絡ください。お友だちとしてこっそりお伝えいたしますよ。

【 11月16日にメッセージを送ってくださったイワガミ様へ 】
返信の形でレシピをお送りしたのですが、宛先不明で戻ってきてしまいました。もし別のアドレスなどございましたらお知らせ下さい。あらためてお送り致します。(2018年11月16日追記)

4 コメント

  1. ありがとうございました!
    映画「人生フルーツ」で観ましたプリンみたいですね。
    また、毛糸の配色も素敵!これからもちょくちょく拝見させて下さいね。
    お茶の時間も素敵よ!
    私も、生クリームのとろとろプリンより、しっかりとしたプリンの方が好きです。
    赤毛のアンの世界みたいで素敵な時間を過ごされてますね。
    私も目指したいと思います。
    本当にありがとうございました!

    • 「赤毛のアンの世界みたいで」なんて、嬉しいお言葉です!
      コメントから、イザワ様のすてきな世界観が伝わってくる気がして、こうしてお話できたことに感謝です。
      メッセージ&コメントありがとうございました。
      是非また遊びにいらしてください。

返事を書く

コメントを記入してください!
お名前を入力してください。