イギリスも新型ウイルス対策続々と

新型コロナウイルスによる規制が緩く、独自路線を進んできたと言われていたイギリスも、ここ数日で状況が変わってきました。

>> イギリスでも、新型コロナウイルスの脅威

学校は休校となり、パブやレストランなどの飲食店(持ち帰り営業はOK)、ジムや劇場、映画館などは無期限で閉鎖になりました。

ジムの対応


政府の発表から数時間後、会員になっているジムからメールが届きました。

メールには、今夜から全ての店舗が閉鎖になること。4月以降の会員費は店舗が再び営業できるようになるまで発生しないこと。(既に支払われている)今月の残りの日数の会員費については、決まり次第お知らせする。ということが書かれてありました。

加えて、家でできる筋トレやヨガのオンラインレッスンを開始したということも。新しいレッスンが日々更新されていくようなので、チェックしてみようと思っています。

大手コーヒーチェーン店の対応


イギリスの大手コーヒーチェーン店と言えば、スタバ、コスタ、カフェネロですが、そのカフェネロから3日前に届いたお知らせメールには、次のようなことが書かれていました。

多くの店舗での営業時間短縮、マイタンブラーでのドリンク提供休止(ただしマイタンブラー利用時にもらえるボーナスポイントはもらえる)、現金の受け渡しを避けるため可能な限りカードやアプリでの支払い、デリバリーサービスについてなど。

そして最後に、医療関係者である身分証明書を見せれば、コーヒーや紅茶などのドリンクを無料提供するとありました。この大変な状況の中頑張ってくれている医療に携わる人たちへの感謝の気持ちだそうです。こういう企業の姿勢を見ると、応援したくなりますよね。

>> 新型ウイルス:自主的半隔離生活始めました。

自主的半隔離生活2日目

お天気が下り坂だった半隔離生活1日目、運動を後回しにしてしまったため結局運動せず。


その反省を受け、2日目は朝食前にヨガ、朝食後にお散歩へ出かけました。


お散歩の途中、卵を買いたくて立ち寄ったスーパーには、営業時間短縮のお知らせが張り出されていました。(いつもは24時間営業)

スーパーの後でもう1軒お店へ立ち寄りましたが、卵は買えず。


でも買いたかったヨーグルトやチーズ、それにサラダ用の葉っぱが買えました。油はごま油だけぽつんと棚に残っていたので、1本買ってきました。


映画ピーターラビット2は、イギリスで3月末に公開予定でしたが8月に延期になってしまいました。日本での公開も延期されて、公開日はまだ未定のようですね。

自主的半隔離生活3日目


2日目と同じく朝食後にお散歩。風は少し強いですが良く晴れた春らしい1日でした。

今日もお散歩がてらスーパーへ。1軒目のスーパーは生鮮食品を中心にほとんどの棚が空。それでもオリーブオイルなど数点を購入し、2軒目へ。


スーパーへ入って驚きました。棚に商品がたくさん!


いつも通りと言うわけではなさそうですが、こんなに棚が埋まっている光景を久しぶりに見た気がします。

ここでは卵はもちろん、野菜や鶏肉、バターや小麦粉など最近買うことのできなかったものを買うことができました。

いつも行くスーパーではないのですが「一応見てみようか?」と行ってみて良かった。でも結構人が多かったので、素早く買い物をして立ち去りました。

2人とも両手に重たいスーパーの袋を持ちながらの帰り道は、とても良い運動になりました。


帰宅後は、早速彼の好きなバナナケーキを焼きました。

ここ数日ずっと作りたかったのですが、小麦粉もバターも卵も予備がなく、作れなかったのです。


バナナケーキは、ここ数年なかしましほさんのレシピです。おいしいし、何より作り方が簡単で気に入っています。

今回は倍の分量でお砂糖は2割減、カルダモンとシナモンを加えました。


ついでにチョコレートも。なぜか家に大量にあったココナッツフレークと、砕いたクッキー、ドライフルーツを 湯煎で溶かしたチョコレートと合わせました。


冷蔵庫に入れて固まったら、手で割って、


たくさんできました。

半隔離生活はまだ3日目ですが、今のところそれなりに楽しみながら過ごせています。でもこれが数週間にわたるとどうなるんだろう、と言う不安もあります。

スーパーでの買い物も、感染リスクがあるので気をつけなければいけませんね。数日分の食材はあるし、数日は買い物に行かなくても大丈夫そうです。

まいにち食べたい“ごはんのような”シフォンケーキの本

まいにち食べたい“ごはんのような”クッキーとビスケットの本

たのしいあんこの本

みんなのおやつ ちいさなレシピを33 (Hobonichi books)

2 コメント

  1. 美味しそうなバナナケーキにホッコリしました。
    我が家では次女のパートナーが無事にアメリカから帰国して娘も帰って行ったので私もホッとしています。娘に渡そうと思っていたポーチも何とか苦手なファスナー付けと裏地を付けて渡す事が出来ました。仔馬さんからご紹介のポーチの本を購入していて良かったです。ファスナーがちょっと長さが足りなかったので本を参考に長さ調整することが出来ましたし。今度は長女用の夏用糸を使ったバックを作ろうと思っています。
    裁縫上手って言う手芸用ボンドの感想ですが本当に便利ですよ。勿論ミシン手縫いにはかないませんが小さなアップリケ付けるくらいなら手縫いしなくて大丈夫だしもし洗濯などでとれて来たら又くっつけたら良いですしね。ああ、でもやっぱりミシン欲しいなぁ。今年中にやっぱり購入しようと思います。仔馬さんのミシンの記事を参考にさせていただき最新の機種じゃなくても良いから欲しいと思っています。私的にそんなハイレベルな事が出来なくても充分楽しめますしね。
    裏地付けるにしても勿論ミシンがあった方が良いし(今回は裁縫上手で行った)その裏地にポケット付けるとなるとやっぱりミシンですもんね。
    手仕事、し出すとやっぱりミシン欲しい!
    大きめのしっかりバックとかも作りたいし。

    • この世界的危機を乗り越えた後、娘さんの渡米は一層素晴らしいものになるのだと思います。その時が待ち遠しいですね。

      「苦手なファスナー付け」分かります! 私もなかなか苦手意識が抜けません。あれは何なのでしょうね。次女さんはものすごく喜ばれたのではないですか?夏用糸のバッグは、どんなのが出来上がるのでしょう。

      裁縫上手、アップリケ用に今度帰国したら買ってみようかしら。アップリケはアイロン接着だけだとどうしてもはがれてきてしまうので、たいていは糸で所々縫って補強しているのですが。

      でもおっしゃる通り、それとミシンとはまた別の話ですよね。ミシンがあると色々とできる幅が広がりますし、やっぱり1台あると便利ですよね。

返事を書く

コメントを記入してください!
お名前を入力してください。

CAPTCHA