新型コロナウイルスによるイギリスでの半隔離生活は昨日で1週間を終え、今日から2週目に入りました。

>> 新型ウイルス:自主的半隔離生活始めました。
>> 新型ウイルス:自主的半隔離生活2&3日目

東京でも、数週間前のイギリスで見たのと同じような光景が、あちらこちらのスーパーで見られ始めているようですね。東京に住む妹から、どの棚もガラガラになったスーパーの写真が送られてきました。

恐らく私だけではなく、外国でこのウイルス騒動を体験している日本人の多くが「(諸外国に比べて)日本は呑気すぎないだろうか」と心配しながら、日本の状況を見守っていたのではないでしょうか。

東京オリンピックの延期が決まってからは落ちついたように思いますが、海外メディアでは日本のウイルスに対する処し方が批判的に報道されることが多かったようにも思います。

日本人は普段から、必要な時には予防的観点からマスクをするし、手洗いも日常的にすることの1つです。決められたルールを守ることは得意だし、みんなが再度気を引き閉め直したら、都市封鎖せずとも、感染拡大を押さえ込めるかもしれません。

今週末の東京での外出自粛が功を奏し、緊急事態宣言など、これ以上深刻な事態にならないことを願っています。

自主的半隔離生活4日目

3月22日、自主的半隔離生活4日目は日曜日だったので、2人の新たな日課となった午前中のお散歩後は、コーヒーを飲みながらネットフリックスで映画三昧でした。

ほぼ1日中家にいる生活がいつまで続くのか分かりませんが、生活のリズムを失わない為、「毎日1〜2時間のお散歩」と「日曜日はのんびり過ごす」ということをルールにしました。特に毎日の運動は一度でもさぼってしまうと、そこからだらけてしまいそうなので、なんとか毎日続けたいと思っています。

自主的半隔離生活5日目


3月23日。朝のお散歩がてら食材を買い足そうと、商店街へ。

3日前のイギリス政府の命令でパブやレストラン、劇場、映画館、ナイトクラブ、スポーツジムなどは無期限閉鎖になった為、レストランやカフェは閉店しているか「持ち帰りのみ」の注意書きが貼られていて、ひっそりと営業しているという感じ。

しかし雑貨屋さんや美容院、ネイルサロンなどは通常営業しており、特に男性向けの理容院は結構繁盛していました?(今考えると、髪を切れるうちに切っておこうというお客さんが多かったのですね)


先日見つけた食材がたくさん並んでいたスーパーで、卵やお肉類を買い足しました。

他のヨーロッパ諸国のように、今後イギリスも行動制限がより厳しくなることを考え、数日買い物に行かなくても済むよう、尚且つ少し冷凍もできるようにと、いつもよりちょっと多めに買いました。

この日お買い物したお店のすぐ近くの別のスーパーでは、既に入場制限が始まっていました。

スーパー入口には店員が1人立っており、店内が混み合わないよう、お客さんが1組出たら次のお客さんを中に誘導していました。

2日前には普通に入店できたのに、本当に状況は日々変わっているのだということを実感させられる光景でした。


この日の午後は、在庫が切れそうなバゲット(フランスパン)を買いにいくことを口実に、気分転換も兼ねて車で20分ほどの街へ。

途中、大きな公園に立ち寄って日光浴。

(聞こえてきた会話から)お散歩途中にばったり合った近所の人たち5〜6人が、お互いの距離を保ちながらおしゃべりしている様子も見られました。(この数人集まってのおしゃべりも、数時間後に禁止となるのですが…)


購入したバゲットは、全て好みの薄さにスライスし、


翌朝食べる分以外は冷凍庫へ。

この日の夜、イギリス政府から外出禁止令が出されました。

「必要最低限の買い物、1日1回の運動、医療など在宅でできない仕事の通勤以外は外出禁止」
「食品や薬などの生活必需品以外を扱うお店の閉鎖」
「同居家族を除いて3人以上が公共の場で集まることは禁止。(お葬式はOKだが結婚式は中止など。)」

ルールに従わない場合は警察の介在や罰金が課されるそうです。

半隔離生活6&7日目


3月24日。前日に外出禁止令が出されたので、この日からは「自主的」ではなく政府令による「半隔離生活」へ。

街から人や車は減りましたが、お散歩やランニングをする人を見かけることが多くなりました。

歩道を歩いていて向こうから歩いて来る人を見つけると、どちらともなく一方が車道を挟んだ向う側の歩道へ移動するか、それが無理なら、歩道の端と端に寄り(時には一方が車道を歩き)、お互いの距離を保ちながら有酸素運動を楽しんでいます。

距離を保ちながらすれ違う時には、知らない人同士であっても笑顔を交わしたり、「おはよう」「こんにちは」と挨拶を交わしたりしています。こんな時、心がほわっと暖かくなります。


外出禁止令が出たというものの、みんながみんな政府の命令を聞くというわけではないようです。

新しく建設中のアパートは変わらず作業が続けられていましたし、小さな区画が集まったレンタルガーデンの前にはずらりと車が並んでおり、中では土いじりをしている人たちがちらほら。まあお天気も良いので、気持ちは分からなくもないのですが。


お散歩中に通りかかったスーパーの外には、十分な距離を取りながら、入店を待つ列が出来ていました。

半隔離生活8日目


行動制限を始めてから8日目の3月26日。初日こそ、朝から1日中降り続いた雨でお散歩は出来ませんでしたが、以降お天気の良い日が続いており、毎日の有酸素運動は2日目から途切れることなく続けられています。


イギリスにも春はやってきていて、桜やモクレン、水仙の花があちらこちらに咲いていますし、チューリップのつぼみもふくらんできました。


お散歩中の楽しみのひとつにしているのが、この大きな桜の木。


2日前に比べると、全体がだいぶピンク色に色づいてきました。満開になる日が楽しみです。


店の一角でちょっとした食品も販売しているカフェでは、お客さんはお店の中に入らず、ドアごしに卵や牛乳、野菜など欲しいものを伝えて購入するシステムになっていました。


コーヒーに入れるお砂糖も、お店の外に。

つかめてきた新しい生活ペース

半隔離生活も1週間が過ぎ、だいぶ生活のペースがつかめてきました。

この先いつまでかはわかりませんが、長い時間を過ごすことになる家の中は、毎日場所を決めて少しずつきれいにしたり模様替えをしたりしています。おかげで日に日に快適度が増してきています。


家の中には、以前よりお花を飾っている場所が増えました。枯れてきて元気がなくなったお花は、買ってきたお花かお庭でとれたものに交換し、家の中の雰囲気がくすまないように気をつけています。


枯れ始めている鉢植えは「お庭に地植えしたらまた元気になるかしら?」と思い、深く穴を掘って植え替えてみたり。


数年前、日本に帰国する前にキッチンで育てていたミントをお庭のプランターに移し替えたものが、まだ生きていました。(すっかり忘れていた 笑)


お庭に遊びに来る小鳥のために、鳥の餌を撒いたりも。

この1週間、生活パターンがガラリと変わり、家のことや普段していなかったことをする時間が増えたためか、編みものをする時間は極端に減ってしまっていました。だいぶ生活のリズムがつかめてきたので、今週は編み物の時間を意識して増やしていこうと思っています。

2 コメント

  1. 本日は又東京で60人ほどの感染者が出たようです。
    大阪も20人ですから相当の数ですね。
    週末ですがどちらの都市も人はまばらのようです。
    私は金曜日は午後からお休みを頂き、色々な所を回って手の除菌グッズ・ハンドソープ
    そして僅か3枚ですがマスクを調達しました。
    いつもでしたら一カ所で全て購入できるものですのにね。
    もはや悠長な事も言っておれないから仕事も出来たら在宅でさせて欲しいのですが。
    勿論仕事のパフォーマンスは下がりますけれど。
    全部が全部在宅で仕事出来ませんしね。
    私も昨日今日と少し日持ちのするものを購入しておきました。
    これは毎週日曜日にする事ですが一週間分位の食べ物の購入
    及び作り置き等を明日する予定です。
    この作り置きは働いているから夕飯などを楽にするために
    やっている事ですがこのような場合も役に立ちます。
    私はずっと前から自宅でヨガをしていました。
    YouTubeのビーライフで毎日してるのでこれからも運動はそちらで
    行っていきたいと思っています。
    カレンダープログラムと言うのがビーライフのブログにあってそれぞれの体力に合わせて
    行えるのでとても良いなと思っています。もしご興味があればご覧になって下さい。

    このウィルスとの戦いは長期戦になるのではないかと私は思っています。
    長くなると思っていて短くなるのは良いですしね。
    今は自分でできる限りの事をするだけなんですが
    それも限界があるからもう少し厳しく規制しても良いんじゃないかと思っています。

    • 日本でも感染者が日々増えているようですね。なんとか感染爆発を回避できることを願うばかりです。

      動画、チェックしてみますね。
      毎日のお散歩は欠かさずしていますが、ヨガは寝る前にほんの少ししかやっておらず、もう少し運動増やさないとなと思っているところです。

返事を書く

コメントを記入してください!
お名前を入力してください。

CAPTCHA