先日ちらっと書きましたが、少し前から東京に来ており、今日で東京滞在8日目です。

渡英のための上京です。(以前は地元の新潟空港から出国していたのですが、韓国での乗り継ぎが悪くなり、ここ数年は成田か羽田を利用しています)

日本からイギリスへ渡る際には、大抵2〜3日東京でゆっくりしてから空港へ。イギリスからの帰国時には1〜2日東京で身体を休めてから、実家のある新潟へ帰るというパターンがここ数年で定着してきました。

今回はそのパターンから外れて既に東京滞在8日目。初めからそう計画していたわけではなく、今頃はもうイギリスにいるはずだったのです。

訳あってまだ日本にいるのですが、その理由は…

新型コロナウイルスでフライトキャンセル


タイトルにも書いた通り、今騒ぎになっている新型コロナウイルスがその理由です。

1月半ばに購入した航空券が、上海乗り換えのチケットでした。

初めて選んだ中国東方航空


渡英する時にいつも使っている航空会社があるのですが、たまに気分を変えて別の航空会社を選びます。トランジット(乗り換え)で初めての空港に降りたったり「思っていたよりすごく良かった」という体験ができたり、その逆もあったり、移動を楽しんでいます。

いつもと違う航空会社を選ぶ時に、選ばないようにしている航空会社が3〜4つあるのですが、そのひとつが中国の航空会社でした。

ネットなどで見る評判があまり良くないというのが主な理由なのですが、実際に出張などで使ったという周囲の人に聞いてみると、みんな「大丈夫、平気だよ」と何でもなさそう。

旧正月明け直後のフライトが安くなっていたこともあり「ネットでの評判を鵜呑みにせず、自分で体験してみよう」と、初めて中国航空会社の航空券を購入してみました。その頃はまだ「中国でウイルスが見つかったらしい」くらいのニュースで、こんなに大きな騒ぎになるとは思ってもみませんでした。

上海→ロンドン行きがキャンセル


騒ぎは日々大きくなっていき、両親に「(予約した飛行機での移動)大丈夫?」と心配されていた1月末、航空券を購入した代理店から連絡がありました。

上海/ロンドン行きの飛行機が1日1便に減便され、私が乗る予定だった飛行機がキャンセルになったとのこと。

「代替便に変更可能でしょうか?」と聞かれたので「急ぐ旅でもないし、いいですよ」と代替便への変更をその場で了承しました。(後で後悔することになるのですが、この時払い戻し、つまり航空券のキャンセルができるかどうか確認しなかったのです。)

上海/ロンドン間のフライトを変更したついでに、その前の東京/上海便も変更し、トランジット時間(上海の空港での滞在時間)が最短になるよう調整もしてもらいました。

それに伴い、利用空港が成田から羽田へ変更。さらに元々の日程の翌朝の便になったので、新たに羽田空港の近くにホテルを取りました。加えて、大きなスーツケースを新潟から成田空港へ送る手配をしていたので、これを日程と共に羽田空港に変更。

でも、これはその後のドタバタと比べれば何でもないことでした。

航空券払い戻しでトラブル


日に日に悪化していく新型コロナウイルスの状況の中、イギリスで初の感染者が見つかり、彼の意見が変わり始めました。イギリス国内でも頻繁にウイルスのことが報道されるようになったのでしょう。

代替便での渡英のため既に東京に来ていましたが、彼との話し合いの結果、上海乗り換えの飛行機はキャンセルし、別のルートでイギリスへ行くことにしました。

最悪航空券代が全額戻ってこないことも想定していましたが、結果、払い戻しを受けることができました。

ただ、そこに至るまでが大変でした。

今回代理店を通して航空券を購入したので、キャンセル依頼も代理店に連絡しなければならかったのですが、コールセンターがなかなか繋がらない。繋がるまで40分以上かかったこともありました。

キャンセル依頼後も、メールでの確認書類が翌日になっても届かず「また30分は待つのだろうな」と覚悟しながら電話してみると「あまりにもたくさんのキャンセル依頼が届いており、その処理が追いついていない」とのことでした。

環境が整っていると思われる誰もが知っているような日本の大手代理店ですらこの状況ですから、中小の代理店も相当大変な思いをされているのだと思います。

そんな状況の中、航空券キャンセルが確定するまでに少々トラブルがあり、その解決に3日かかってしまいました。

中東系航空会社もパニック

その間に、新たなルートでの航空券を購入。代理店との新たなトラブルを抱えたくない気持ちもあり、今回は航空会社から直接購入しました。

ところが、いつもなら航空券購入直後にメールで送られてくる確認書類が届かず、数時間で発行されるはずのEチケットも発行されません。

翌日まで待ってコールセンターに連絡すると「新型コロナウイルスの影響で、大変混み合っています」の自動アナウンス。数十分待ちましたがこちらは1度の電話で解決できました。「もしや、航空会社を装った詐欺サイトに引っかかった?」と本気で心配してしまいました。

渡英しないという選択肢もあったが

今回のウイルス関連で、ヨーロッパで起きているというアジア人差別。イギリス在住の日本人ブログを見ていると、イギリスでも起こっているようです。

私はその点が気になり、私の家族は「どうしても行かなければならない理由がないのなら、今回は渡英するのやめたら」と言い、イギリス行き自体を再検討しました。彼とよく話した結果、イギリスの家族が待っていてくれていることもあり、予定通り行くことにしました。

と、新しい航空券を購入したら在英日本大使館から届いたメールに

「過去14日以内に中国,タイ,日本,韓国,香港,台湾,シンガポール,マレーシア及びマカオから戻ってきた場合で,咳や熱,呼吸困難などの症状が見られる場合には,外出をせず,他の人との接触を避け,直ちに専用ダイヤル*****まで電話するように」

(一部変更しています)

とあります。日本はもうしっかり感染国扱いですね。


新しい移動日程まであと数日あるので、コロナウイルスだけでなく、インフルエンザや風邪にも注意しながら、東京での時間を楽しみます。


母のおつかいで行った築地の場外市場も、いつもと比べると静かでした。

2 コメント

  1. そんな大変な事が起こっていたんですね。
    実は次女が来月アメリカにパートナーの家族に会いに行く予定なんですが
    今から無事に行けるか心配だったんです。
    アメリカはアメリカでインフルエンザが大流行してるみたいですし。
    これはちょっと次女と詳細の連絡を取り合わないとダメですね。
    次女は今パートナーと日本に住んでいます。(別の所で)
    アジア人差別もちょっと気になるところです。
    今回が実は初めて向こうのご家族にお会いする機会なので
    出来たら行かないと駄目だと思うのですが
    そもそも出国入国できるかどうかが凄く気がかりです。

    手袋またま素敵なものが出来上がりそうですね。
    海外のパターンを編むための本を先だって購入しました。
    スヌードなら何とか出来そうだし。
    でも本の中身は結構私にとってはハードです。
    参考書みたいな感じで使えば良いのかな??

    • 来月には収束しているといいのですが、、、意外とサッと収まりそうな気もするのですが、どうなるのでしょうか。

      娘さん、向こうのご家族に初めて会われるのですね。おめでとうございます。ドキドキですね。

      アメリカのインフルエンザや、アジア人差別は心配ですよね。私の場合、ドタバタの真っ只中でのことだったので大変な思いをしましたが、来月にはそれも少し収まっていることを願います。イギリスでの様子も当ブログでお伝えしますね。

      海外パターンを編むための本、どちらを購入されたのでしょう?西村さんの本かなぁ?pianomamaさんの編み物ライフ、どんどん充実していきますね!

匿名 にコメントする 返事をキャンセル

コメントを記入してください!
お名前を入力してください。

CAPTCHA