すっかり忘れていた、前々回のイギリス滞在時、イギリスに置いてきた余り毛糸。

このままにしておいても、またその存在を忘れてしまいそうなので、この中途半端毛糸だけで作れる小物、コースターを作りました。

こま編みではなく長編みで編んだので、あっという間に編み上がりました。編み方を後半に載せているので、余り毛糸があれば作ってみてください。


余っていた糸の太さがバラバラだったので、糸の太さの基準を1番太い毛糸に決め、細い毛糸は基準糸の太さになるように2本、3本、4本取りにして編みました。


色の統一感を出すため、1玉あった水色のモヘアを全体に使っています。


このコースターは、何種類かの黒い毛糸を使って中心から編んできたのですが、最後の1〜2段で黒い毛糸がなくなったので(コースターの外周には)グレーを使っています。

全体に使っている水色のモヘアが、黒とグレーのコントラストを中和させてくれました。

それでは編み方をご紹介します。



長編みでつくるコースターの編み方

作り目

指に糸を2回巻く方法で作り目をします。

1段目

立ち上がりのこま編み3目。輪の中に長編み13目。輪を引き締めて最初の目に引き抜き編み(計14目)

2段目

「立ち上がりのこま編み3目、同じ目に長編み1目」を1回。「1目に長編み2目」を13回。最初の目に引き抜き編み(計28目)

3段目

「立ち上がりのこま編み3目」を1回。「1目に長編み2目」を1回。「長編み1目、1目に長編み2目」を13回。最初の目に引き抜き編み(計42目)

4段目

「立ち上がりのこま編み3目、同じ目に長編み1目」を1回。「長編み」2目。「1目に長編み2目、長編み2目」を13回。最初の目に引き抜き編み(計56目)

5段目

「立ち上がりのこま編み3目」を1回。「長編み」2目。「1目に長編み2目、長編み3目」を13回。最初の目に引き抜き編み(計70目)

6段目

「立ち上がりのこま編み3目」を1回。「1目に長編み2目」を1回。「長編み」4目。「1目に長編み2目、長編み4目」を13回。最初の目に引き抜き編みをし、糸を引き抜き、糸処理をして完成(計84目)。



編み図と文章での編み方説明

日本では編み図が一般的なので、文章で書かれた編み方はかぎ針編みに慣れた方でも分かりづらいかもしれません。しかし「いつか海外のパターン(英語で書かれた編み方)を編んでみたい」という方は、文章で書かれた編み図に慣れておくと、いざ英語での編み物に挑戦する時のための良い練習になると思います。

それでもやっぱり文章での編み方がわかりにくいという方は、下記のサイトを参考にしてみてください。今回ご紹介したコースターの編み方で使う技法が、写真付きでわかりやすく説明されています。

【オススメ参考サイト】
>> 編み物はじめて教室


春を迎えようとしているこの時期に、真冬のようなコースターが出来上がりましたが、来年の冬用に保管しておこうと思います。


チューリップ エティモ ロゼ クッショングリップ付きかぎ針セット


クロバー かぎ針アミュレ10本 ジッパー付きケースセット




2 コメント

  1. 素敵な、コースターですね。。🥰しかもあまり糸で出来てるなんて。今私は、編み物もしたいんですけれど、スマホも覚えないといけなので忙しいです。😋肩も結構こりますね😕スマホって重いです。😅動画サイトでヨガしてほぐしてます😉んです

返事を書く

コメントを記入してください!
お名前を入力してください。

CAPTCHA