手袋を編み始めたら、意外とスイスイ編めてしまい「このままでは、イギリスに着くまでもたないかも(編み上がっちゃうかも)」と思い、寄り道手芸することにしました。

>> 今回の旅の編み物は、手袋です。


市販のタオルハンカチに、クロスステッチでイニシャルを刺しゅうしてみました。


ウイルス感染予防には手洗いが効果的と聞き、「人生ここまで頻繁に手を洗っているのは初めて」と言えるほど、こまめに手を洗っています。(新型コロナウイルスどころか、インフルエンザや風邪にかかっても、イギリス入国時に厄介なことになりそうですものね)

>> 新型コロナウイルスで、フライトキャンセル

そんなわけでタオルハンカチが大活躍。

好みのものを探していたのですが、なかなか見つからず。そんな時、無印良品でオーガニックコットンの片面がガーゼ仕様のタオルハンカチを見つけました。

柄のない無地、ベージュがかったグレーの色が好みでした。


そのままだとシンプルすぎる気がしたので、銀座のユザワヤへ行って、ハンカチの色に合う刺しゅう糸を買ってきました。

店頭にたくさん並ぶ刺しゅう糸の中から選んだのは、珍しくオリンパス。刺しゅう糸はDMCを選ぶことが多いのですが、たまたまハンカチの色に1番合いそうなのが、オリンパスの453番でした。

刺しゅう針は持ってきていなかったので、持ち歩いている小さなソーイングセットの中の普通の縫い針を使いました。針の穴が小さいので、糸を通すのが大変でした。


ソーイングセットの赤い糸で枠を取り、


枠内に、デザインしたアルファベットをクロスステッチ。


糸は3本取りにして、程よいぷっくり感を残しました。


ひとつは自分用、もうひとつは妹へのプレゼントです。

年子の妹は、手作りのものをプレゼントすると喜んで使ってくれるので、プレゼントしがいがあります。

手作りのものって、贈る人を選びません?私は色々考えてしまい、自分が作ったものを人に贈るのは苦手な方なのですが、妹は気軽にプレゼントできる限られた1人です。

4 コメント

  1. 素敵すぎるハンカチですね。
    私もまねっこして作らせて頂こうかしら?
    偶然にも私もイニシャルSなんですよね。

    ずっと前なんですが私は戸塚刺繍を少しばかり習っていました。
    会社にお勤めをしなくてはならず3年ほどで辞めてしまったんですが
    刺繍糸はまだ残っているんです。
    ハンカチに合う糸があれば是非やってみたいです。
    手作りのものは私も正直かなりあげる人選びますね。
    先方の考え方もありますし。
    全員喜んでくれる人ばかりじゃないですもんね。
    私もプレゼントするのは娘くらいですね。

    • 4×3センチくらいの大きさなので、すぐに出来あがりました。

      妹はとても喜んでくれました。私も、自分の好きな感じのタオルハンカチを使えて嬉しいです。是非是非、作ってみてください。

      戸塚刺繍をやっていらしたのですね。3年ということは、かなりの腕前ですね。私は完全独学ですが、やはりきちんと先生について習うと違うのでしょうね。

      私も、大学生の頃から今までに溜まった刺しゅう糸があるのですが、一度処分しようと思いイギリス行きの荷物に詰めました。刺しゅうで使い切るのは大変そうなので、かぎ針編みするとか何か、向こうにいる間に、何とかしようと思っています。

  2. 全く全然の腕前です。刺繍など。
    もう少ししっかり習っておけば良かったと思うのですが
    何しろその時は経済的に色々大変な時期が始まろうとしていたんで。

    手仕事はある意味どんな技法でも習うより慣れろ的な感じはあるように思います。
    ただそこの刺繍の先生の娘さん(娘さんと言っても60代ですが)
    と今でもランチに数か月に一度行って日々の愚痴などをお互いに話したりしてますので
    その出会いにとても感謝してます。

    • 確かに、習うより慣れろというのはありますね。
      お教室をやめても続いている刺繍を通した出会い、素敵ですね。

pianomama にコメントする 返事をキャンセル

コメントを記入してください!
お名前を入力してください。

CAPTCHA