手芸 かぎ針あみ ウェディングドレスを手作り...

ウェディングドレスを手作りしてみる?


インスタではちょこちょこアップしていたのですが、初秋に長年お付き合いしている彼がイギリスから来日し、プロポーズをしてもらいました。お付き合い8年目に突入し、お互いを充分理解した上での婚約でした。

>> 【 記事一覧 】手作りウェディングドレス


彼とのことなど、気が向いたら別記事で書くこともあるかもしれませんが、今日は先日ちらっと書いた、数ヶ月かけて取り組もうと思っている「新しいプロジェクト」についてです。



ウェディングドレスを手づくりしてみよう、かな


わたしの新しいプロジェクトは「手づくりウェディングドレス」です。

といっても全くの素人ですし、初めての結婚なのでウェディングドレスのことも全く知りません。ただ、縫ったり編んだり、自分の手を動かして何かをつくることが大好き、というだけです。



ウェディングドレスを作ろう!と思ったきっかけ


結婚式や披露宴などに興味がなく、プロポーズ後も全然動かない私を見かねた母に促され、訪れたあるホテルでのこと。


ウェディングドレスを見せてもらっていた時、母が「自分で作れば?あなたならできそう」と一言。

その時は「確かにスカートとかワンピースとか作っていたけれど、それとこれとは別でしょう」と返したものの、それから数時間後にあることを思い出しました。

ロンドンで、アイリッシュレースを編みながら 思っていたこと


2年前の夏にアイリッシュレースを編んでいた時、ふと「アイリッシュ・レースのウェディングドレスを自分で編めたら素敵かも」と思ったことを思い出しました。


その時に編んでいたアイリッシュ・クロッシェレースは、ポーチに仕立てようと思っていました。が、途中で飽きてしまったのか、いまだにこの状態で放置(保管)されたままです 苦笑

ちなみにこの写真では、ローズモチーフのみをつなぎ合わせて袋状にしています(底を閉じて内袋を縫い、ファスナーをつければポーチになるのですが、もうしばらくこのまま保管しておきます)。


このアイリッシュレースを編んでいた時の記憶と、母の一言が頭の中で合わさった時「(結婚式とかを行うかどうかは別として)自分でウエディングドレスを作ってみたい」という思いが生まれました。



手づくりウェディングドレスのラフプラン


今のところ頭に描いているかなり大ざっぱなイメージは、自分で編んだアイリッシュレースを袖口や背中などの一部に配置し、その他はシンプルなサテン地で構成されているドレスです。

全体が手編みレースのドレスだと、製作に少なくとも1年はかかりそうですし、デザイン的にもすっきりシンプルな感じが好みなので、レースは一部配置が良さそうです。

ドレス全体は、市販の本や型紙を使用しようかなと思っています。


まずは早速レースの試し編みを開始しつつ(レース編みは2年以上やっていません)、本や型紙で好みのデザインを探すつもりです。

これから数ヶ月間(長くても暑くなる前くらいまで?)、ウェディングドレス作りの様子などをアップしていこうと思っています。

ひょっとしたら途中でドレス作りをやめるかもしれません。例えばベールなど小物だけ作ることになるかもしれません。あまり「絶対に自分で作る!」と決めつけず、手と頭を動かし、気持ちと相談しながらゆる〜くやっていこうと思います。

私と同じように、「全くの素人だけどウェディングドレスを手づくりすることに興味を持っている人」の参考になれば、嬉しいです。




>> 【 記事一覧 】手作りウェディングドレス

こうまhttp://koumahandicraft.com
外国人夫とふたり、イギリスと日本で2拠点生活を送るアラフォー女性です。 編みもの(棒針・かぎ針)などの「手芸記事」や、イギリスでの生活やお料理など、実体験を元にした情報をまとめています。>> 詳しすぎる自己紹介

この記事を読んだ人はこんな記事もチェックしています

【 記事一覧 】手作りウェディングドレス

当記事は「ウェディングドレスを自分で作る」ことを決めてから「ウェディングドレス製作を中止するまで」の記事を一覧にまとめたものです。 ...

実は、買った方が「安くて早くて簡単」なウェディングドレス

先日「自分でウェディングドレスを手づくりする方法」についの記事を書きましたが、その後あらためて「ドレスを手作りする方法」を検討し、方向性が決まったのでご報告しま...

ネットで探す、ウェディングドレスの型紙(通信販売)

手作りウェディングドレスの本を何冊か開いてみたものの、作りたいドレスが決まらなかったので「市販の型紙」から探すことにしました。 >> 手作りウ...

今の時代でも、やっぱり手紙っていい

最近、掲載があると毎回目を止めてしまう新聞広告があります。 それがこの広告。この「手芸」という文字に反応してしまうんですね。 読売グループが行な...
- Advertisement -

2 コメント

  1. まずは、ご婚約おめでとうございます。
    大人の恋が成就したのですね。色々と今まであったのを
    お二人で乗り越えられたんだと思います。
    私は年齢だけはこうまさんのかなり上で結婚生活も今や30年以上たちました。
    娘が二人(上が26、下が24になります)
    この30年の結婚生活も山あり谷ありいやあ谷ばっかりかな?(苦笑)
    漸く少し自分の時間を持てるようになりました。

    さて新しいプロジェクト!!ビックリしましたわー。
    件名みて。でもこうまさんが作られたら凄く素敵なものが
    出来上がりそうです。自分のウェディングドレスを自分で作るなんて
    最高に贅沢ですね。私もそんな大袈裟なものではなくても
    娘が結婚するときに何か作れたら良いなあなんて
    今から思っているんですがそれっていつになるのかな??

    • ありがとうございます!けっこう長い時間がかかってしまいました 笑

      娘さんたちの結婚の時、今から楽しみですね。
      お母様の手づくりのものは、大切な日の最高の贈り物になりそうですね。
      「それっていつになるのかな??」こればっかりはわかりませんものね。
      わたしの母はもう諦めていたそうで、今こうして結婚に関する話を娘とできることを楽しんでいてくれているようです♪

      自作ウェディングドレスは、本当にできるのかどうかわからず、ここで宣言してしまってよいものか数日迷いました。
      でも途中でやめたらやめたで、それも誰かの参考になってくれれば良いかなと思い、記事にすることにしました。なので「どこまで続くかな」くらいの感じで、これからの記事を読んでいただければ、嬉しいです。

返事を書く

コメントを記入してください!
お名前を入力してください。

CAPTCHA