自分でウェディングドレスを手作りする方法について検討した結果、(無謀でも)教室や手作りキットなどを利用せずに、独学で作ってみることにしました。しかし、洋服作りの経験はほとんどない初心者です。そこで、まずは手作りウェディングドレスに関する本を調べてみました。



手作りウェディングドレスに関する本

ここ15年内に発売された手作りウェディングドレス本を「出版年月が新しい順」に並べてみました。

『カスタマイズできるウェディング & カラードレス』


表紙の絵を見る限りでは、色々なデザインのドレスが作れそうですね。

ただ、アマゾンの評価を見る限り、良い評価と悪い評価に二分されています。この本の中身を見ていないのでなんとも言えませんが、評価を見ていると、どちらかというと中上級者向きのように感じます。



『憧れの手作りウエディングドレス』


試しにこの本を購入してみました。


プリンセスラインやマーメイドライン、様々なタイプのウェディングドレス作品が掲載されています。


他の本と比べるとシンプルなデザインのものが多く、使う素材やレース次第で素敵なドレスが作れそう。

ただ、上下別れた2部式のデザインが多いんですよね。。。モデルさんが前で手を合わせているので分かりづらいですが、上の2枚のドレスも2部式です。できればワンピースが良いのですが。


このエンパイアドレスは、シンプルで素敵だなと思いました。

彼や母に「そういうラインは似合わない」と言われ、義姉に「エンパイアドレスは、着ると妊婦さんみたいになるから要注意」とアドバイスを受けて、却下となってしまいましたが。


ドレス周りの小物の作り方も掲載されています。

その他、素材別の「フォーマル用素材の扱い方」や、ドレス用の「採寸の仕方」などについても掲載されています。この本に掲載されているドレスを作ることは無さそうですが、ウェディングドレスを作る際に参考になりそうな情報が載っているので、購入して良かったです。



『2Way ウェディングドレス』

『憧れの手作りウエディングドレス』

『手作りのウエディングドレス』

『手作りドレスでウェディング』


上記4冊は、図書館で借りて見ました。

中古市場でしか販売されていない本も多いため、まずは図書館へ行って何冊か手に取ってみると、効率的にお気に入りの1冊を探せそうです。

[ 追記 2019年5月9日 ]
『毛糸だま』「幸せのウェディング」特集号に、ウェディングドレスの編み方が掲載されています。

[ 追記終わり ]


シルク サテン ハイグレード ホワイト 30匁


シルク光沢はやや強めでボリューム感(ヨコ張り感・ゴージャス感)が特長。国産。38匁


チュールレース生地 切り売りオフ白 約230mm幅


花 モチーフ 白 1個単位 オーガンジーサテン

2 コメント

  1. ウェディングドレスかあ。
    いくつになってもときめくものですよね。
    何十年前に着たでしょうか??(笑)
    あの頃は私も若かったですねえ。
    真っ白な生地だけで本当に素敵ですよね。

    娘が幼稚園の時の知り合いの奥様に
    お母様に手作りのウェディングドレスを
    作ってもらっていた方がそういえば居ましたね。
    謙遜も含めて手作りだからっておっしゃってましたが
    生地がやっぱり素敵で気に入っていらしたみたいです。
    勿論お母様の思いも込めてだと思います。

    • 本当に、真っ白な生地ってなんだか特別ですね。

      お知り合いの奥様のお話、素敵ですね。

      先日ラジオを聞いていたら「若い頃、働きながら機会編みの教室に通っていた」という女性の投稿が読み上げられていました。
      その方がご結婚される際、自身でニットのウェディングドレスを作られたそうです。
      そして時は経ち、その方の娘さんがそのドレスを着られたとか。
      ニットなので伸縮性があり、サイズは問題なかったそうです。
      こちらも素敵なお話ですよね。

返事を書く

コメントを記入してください!
お名前を入力してください。

CAPTCHA