フジックスのタイヤー絹糸(ミシン糸)で、ウェディングドレスに使うレースの糸は、決定かな。。。と思っていたら、新しい糸に出会いました。

>> フジックスのタイヤー絹糸で、試し編み(手作りウェディングドレス)

プロ仕様のシルク糸


それが、このシルク糸です。


試し編みをして「この絹糸で決定かなぁ〜」と思っていた頃


母にコーヒーを飲みながら、試し編みモチーフを見せ「この絹糸でいこうと思っているんだけど」と話してみました。

すると母が「ちょっとお友だちに聞いてみるわ」と、その場でお友だちに電話。そのお友だちは、新潟県のニットで有名な地域で、シルクのニット製品などを製造されているプロの方です。



糸につけられた色の意味は


そうして私のもとにやってきたのが、この糸です。


【37】絹100%中細[絹100% 中細 50gコーン巻(約315m) 全10色]毛糸ピエロ♪編み物/手編み/手芸

初めてこの糸を見たとき「おっ、黄色い?!」と思ったのですが、これは糸の細さを区別するために付けられている色だそうです。(左の小さい糸は、絹ミシン糸の生成色です)

プロの方は、一見同じような細さの糸を複数使われているでしょうから、こうして色で細さを区別するのですね。


編み上がったら、この白い粉をお湯に溶かし、その溶液に編み地を浸すと黄色い色が消えるとのこと。知らなかったプロの世界です。



糸の細さ


新しいシルク糸の細さをミシン糸と比べてみました。上が新しい糸、下がミシン糸です。

事前に母の友人に「絹ミシン糸(50番)で試している」ことを伝えていたので、同じくらいの細さの糸を持ってきてくれました。

よ〜く見ると、新しい糸の方が絹ミシン糸よりほんの少し細い気がします。

新しいシルク糸で、試し編み


早速、コーン巻のシルク糸でローズモチーフを試し編みしてみました。

どちらの糸が編みやすい?

ミシン糸に比べると、コーン巻の糸の方が編みやすいです。

ミシン糸は編んでいる時にけっこう滑ります。コーン巻の糸は、それが無い分編みやすいです。(そもそもこれだけ細い糸は編み慣れていないので、40番レース糸などに比べると、どちらもかなり編みづらいのですが)


しかし、新しい糸は編んでいる最中に糸がクルクルと丸まってしまいます。糸の撚り加減の違いでしょうか。




このクルクルをちょこちょこ解消させながら編まないと、写真のように糸が絡まって団子状になり、ほどけなくなってしまいます。レースを編みながら、糸の状態を見てこの作業をするとなると、その度に手が止まるので、少し面倒ですね。

ミシン糸とコーン巻き糸、2種類のシルク糸で編んだモチーフができあがったので、2枚のモチーフを見ながら「どちらの糸にするか」比較検討をしていきます。

2 コメント

  1. 超絶細い糸ですねえ!!!
    もう世界が違う感じ。
    私もこうまさんに刺激を受けてレース編みを
    今年の夏位にちょうせんしてみようかと
    まずは風工房さんのレース編みの中古の本を昨日Amazonでポチリました。
    初心者向きのように書いてありましたし。
    小さなモチーフから始めようかと。
    記事がアップされるたびに本当に刺激受けまくってます。

    • はい、糸、細いです 笑。
      わたしもこの世界は初めてなので、とにかく手を動かして上達させるしかありません。。。

      レース編みはあまり流行がない?のでいいですよね。
      学生の頃に編んだレース編み小物(コースターやティーマットなど)は、今も使っています。
      ドイリーはコースターにもなるし、花瓶の下に敷いたりもできるし、スノーフレークなんかだと、クリスマスシーズンに窓辺に吊るして飾っても素敵ですよね。

      春夏のレース編み、涼やかな光景が目に浮かんできます。
      早くそんな季節にならないかな(寒いの苦手です)。

返事を書く

コメントを記入してください!
お名前を入力してください。

CAPTCHA