今回、よこ糸渡しの編込み模様を 講座で学んだ方法で行ったところ、表側だけでなく裏側もとてもきれいに仕上がりました。

>> ヴォーグ 棒針編み通信講座(入門科)④ ドライブ模様・よこ糸&たて糸渡しの編込み模様

独学で棒針編みを楽しんでいた頃は、糸の渡し方も自己流で適当。表側はきれいでしたが、今考えると、裏側は汚くはないけれど、整然とはしていませんでした。

裏側もきれいに仕上がる、よこ糸渡しの編込み模様の方法をご紹介します。



糸を挟み込んで編まなければいけない理由


よこ糸渡しの編込み模様では、裏に渡る糸(地糸または配色糸)が長くなりすぎると、着用時に指先が引っかかってしまう恐れがあります。

そこで、配色糸(または地糸)を挟み込みながら編むことで、そのような問題が起こらないようにします。



編込み模様の配色糸、挟み方について

方法といっても、あるのはたった1つのルール「配色糸を地糸の上においてから、地糸を編む」ということだけです。

編み地の表側と裏側で、そのルールをご紹介します。


編み地表側です。配色糸を地糸の上においてから、地糸を編みます。


編み地裏側です。表側同様、配色糸を地糸の上においてから、地糸を編みます。

このように説明してしまうと簡単なようですが、いざ編んでみると「あれ?どっちが上だっけ?」となってしまい、けっこう頭がこんがらがります。

わたしも最初は少し戸惑いましたが、段々と頭も手も慣れてきて、そのうちいちいち確認せずに編み進むことができるようになりました。

返事を書く

コメントを記入してください!
お名前を入力してください。