イギリスから帰国して早1ヶ月。。。時の経つのは早いですね。
「令和」という新元号が発表され、新年度がスタートし、そろそろ当ブログもちゃんと再開しようと思っています。

さて、渡英時に「手芸の自分へのお土産は何か、楽しみです」というコメントをいただいていたので、こちらでご紹介致します。



イギリスの手芸土産


今回イギリスから買ってきた手芸土産が、これです。

少ないでしょうか??? はい、少なめです。

本当はもっと色々と買いたいものがあったのです。でも今買ってしまうと、手が付けられずに「積ん読」(本を買い集めるだけで読まずに積んでおくこと)ならぬ、「積ん」。。。なんでしょう? とにかく、せっかく布や毛糸などの材料を買っても、それに取りかかれないとストレスになってしまうので、買うことを我慢しました。

ウェディングドレス作らなきゃいけないですからね(これもあまり進んでいませんが)。



KnitPro(ニットプロ)の輪針


ニットプロの輪針は既にいくつか愛用していますが、色々と使いやすいコード80センチの針を新たに迎え入れました。

針のサイズは2.25ミリと2.75ミリ。日本サイズで言うと2.25ミリが0〜1号の間、2.75ミリが2〜3号の間ですので、見た目にも結構細いです。

この細さ(特に2.25ミリ)だと、いつものシンフォニー(圧縮した樺材のカラフルな針)では強度に少し不安があったので、今回初めてKARBONZというシリーズの針を買ってみました。


パッケージを見ると「カーボンファイバーは、飛行機や宇宙船、レーシングカーなどに使われる多機能素材です!!」とアピールされています。このシリーズの針は「抗張力に優れ、軽く、柔軟性があり、温かみがあって、真鍮製の完璧な針先、スムーズな針運び」という特徴を持つのだそう。

試してみたくなりますね〜。

ドイツGuittermannの糸


お裁縫箱にいつも入れている糸が、このGuittermann(ギッターマン)の糸です。糸巻きの細さや、糸端を糸巻きの底にくるっと巻き付けられるところが気に入っていて、なくなると買い足しては、お裁縫箱に入れています。



イギリスブランドの毛糸


そして毛糸を2玉、King ColeWest Yorkshire Spinners というイギリスの毛糸をJohnLewis(ジョンルイス)の手芸売場で購入しました。

この2玉は帰国時の移動中用に購入した毛糸で、既に編み終えていますので、それについては後日アップしますね。


ニットプロ カーボンズ コード付き輪針(極細)80cm /KnitPro Karbonz


シンフォニーウッド 付替可能輪針 スターターセットZKPSWS/ZAKKA/Knit Pro(ニットプロ)


黒の半袖チュニック おすすめ糸 | パッチワーク用具 パッチワーク キルト 斉藤謠子 手芸用品 裁縫 ハンドメイド 洋裁 ソーイング ギッターマン ミシン糸 万能糸 キルティング糸 アップリケ糸 ピースワーク糸 100m


イギリス製【LINTON/リントン】シンセ・ブレンドフリル・ヤーンファンシーヤーン 毛糸 1ボール単位

2 コメント

  1. 少ない。。。ですが本当に良く吟味された
    お土産だと思います。確かにいま購入しても時間的にねえ。
    他の事に色々と追われちゃいますもんね。
    それでも出来上がってる物があるって凄すぎませんか??
    何気に興味があったのがイギリス調かぎ針編みこものって言う本。
    めちゃ好みで可愛い予感。かぎ針の編み込みも
    今持ってる本でこの春夏練習してみようかと思っているんです。調度。
    春夏やっぱりかぎ針が無性にやりたくなります。私。
    今年の夏はどの位暑いのかわかりませんが小物がやっぱり良いです。
    膝上あたりに編んだ物が掛かるのは。。。。ちょっとキツイッす。正直。

    • 少ないですよね。。。でもこれでも買ったほうなんです。

      毛糸は買うつもりなかったのですが、売場に行ったらスイッチが入ってしまったようです 笑
      ヴォーグの提出課題のために買った毛糸の余りが結構あって、まずはそれを消費してしまいと思っていますが、なかなか。。。

      わたしもそろそろ夏小物を編みたいなぁという気分です。

返事を書く

コメントを記入してください!
お名前を入力してください。

CAPTCHA