ホテル1899 宿泊記(年始に再訪)

2022年11月にひとりで宿泊した新橋のブティックホテル「ホテル1899」。

ホテル1899 宿泊記

お部屋は快適だったし、ホテルの日本茶サービスは夫が喜ぶはず。と、

成田からの出国前日、夫と2人で宿泊してきました。

一休で「ホテル1899」の特別プランをチェックする

ホテル1899 年明けのチェックイン

クリスマスとお正月を父のいる新潟で過ごし、年明けにチェックイン

「『もらえる日』ではなくなった」クリスマス

チェックイン時、お年賀に緑茶のティーバッグをいただきました。
2階にあるショップでは、福袋が販売されていました

ホテル内で楽しめる和のアクティビティ

お部屋には、年末年始に楽しめる「和の催し物」の案内が。

おもしろうそうなので、ちょっとだけ参加してみました。

筆ペン書初めや水引あそびは、1階のカフェで楽しめます
書初めコーナーには、かわいいポストカードや、黒や色付きの筆ペン
水引あそびコーナー
きれいな色の水引

水引でアクセサリー作り、こういうの大好きなのでやってみたかったのですが、時間がかかりそうなので断念。

(夕食に出る前に立ち寄ったので、2人ともお腹ペコペコでした)

私は鳥獣戯画、夫は富士山柄のカードを選びました。

水引はあきらめましたが、2人で筆ペン書初めをしました。

夫と2人、並んで書きはじめると「なにこれっ!」と横から声が。

「ペンがふにゃふにゃしている」と言うのです。

そりゃそうだ、筆ペンだもん 笑

外国人である夫にとっては、初めての筆ペン体験でした。

1階カフェは、年始の一般営業はお休みでした

外国の友人にすすめたい「ホテル1899」

筆ペン書初めの前に、お抹茶もいただきました。

想像通り、夫はスタッフが目の前で立ててくれるお抹茶に喜んでいて、その様子をビデオにも収めていました。

「ホテル1899」は、宿泊するだけで日本文化を簡単に味わえることができる、素敵なホテルだなとあらためて思いました。

銀座にも歩いて行ける立地だし、外国の友人が東京を訪れる際には、おすすめしたいホテルの1つです。

一休で「ホテル1899」の特別プランをチェックする

書初め後そのまま夕食に出かけ、ホテルへ戻る途中、新橋のワインバーで飲み直し。

12月初めからあっという間だった日本一時帰国や、翌日からのドバイのことなどを話していました。

夕食の時に私はあまり食べず小腹が空いていたので、おつまみにスパイシーフライドポテト。

これを食べるには夜遅すぎる時間でしたが、明日出国だと思うと、気がゆるみます。

この時はドバイ到着後に苦痛が待っているとは思いもせず、楽しいワインでした。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA