ホテル1899 宿泊記

日本のお茶文化をコンセプトにしたブティックホテル「ホテル1899」に宿泊してきました。

ホテル1899 宿泊記 概要

ホテル1899外観

ホテル1899とは

  • 2018年開業の比較的新しいホテル
  • 新橋駅(東京都)から愛宕(東京タワー)方面に、徒歩10分ほど
  • 虎ノ門ヒルズまで10分ちょっと
  • 1899年創業のホテル龍名館グループ
ホテル玄関

おすすめな点

  • 目の前で淹れてくれる日本茶サービス
  • モダンで洗練されたインテリア(客室、ホテル全体)
  • 便利なロケーション(銀座、新橋、虎ノ門、東京タワー近辺が徒歩圏内)
  • 新橋の繁華街まで歩いて数分ながら、ホテル近辺は静か
  • 朝食がおいしい

気になった点

  • 「駅近じゃないとダメ」という人は駅までの距離が長く感じるかも
ホテル1899は新橋6丁目にあります。

一休で「ホテル1899」の特別プランをチェックする

ホテル1899 お部屋紹介

今回宿泊したお部屋は、スタンダードダブル(18㎡)です。

印象的な茶セン型のライト。ライトの色味を変えられます。
コーヒーを淹れるのにとても使いやすかったポット
湯のみ茶碗、マグカップ、コップ。どれもちょうど良い大きさで使いやすい
冷蔵庫には、サービスのミネラルウォーター2本
ミニバーには、榮太郎のおかき、お茶やコーヒー
小さなテーブルは、ベッドサイドでも使えて便利でした
スリッパはアメニティとは思えないクオリティー。イギリスの家に持ち帰りました。
パジャマ

コンパクトにまとめられたバスルーム
雪肌精の化粧品セットや、入浴剤が嬉しい
ホテルオリジナルアメニティは、緑茶の香りのシャンプー、コンディショナー、ボデイーソープ、ボディーローション

ホテル1899 淹れたてのお茶を味わう

ホテル滞在中、宿泊客はレセプションエリアにあるティーカウンターで、淹れたてのお茶をいただけます。

抹茶をふくむ数種類のお茶が選べ、時間を変えて3種類のお茶をいただきました。

ティーカウンター&レセプション
スタッフが目の前でお茶を淹れてくれます。
お番茶
緑茶
お抹茶

目の前で淹れていただいて楽しいのは、やっぱりお抹茶です。

10代の頃、何年か茶道をやっていたので、思い出しながら懐かしく見ていました。

ティーカウンターの後ろはショップになっています

ホテル1899 朝食ビュッフェ

朝食はホテル1Fにある日本茶カフェ「CHAYA 1899 TOKYO」で
種類豊富なお茶
パンやグリル野菜がおいしかったなぁ
デザートにヨーグルトとグラノーラ、フルーツを
1階のカフェでもオリジナル商品が販売されています

ホテル1899 チェックアウトはお部屋で

ホテルのチェックアウト時間は、12時です。

チェックアウトはもちろん受付でもできますが、お部屋にいながらも可能。

お部屋にあるタブレットを使い、ボタンを数回タップするだけでチェックアウト完了です。

お部屋の鍵は、そのままお部屋に置いておけば良いので、とてもスムーズにホテルを後にすることができました。

最初から最後まで快適にすごせた「ホテル1899」。

私の外国人夫は、お茶のサービスをきっと喜ぶはず。

今度は夫を連れてきたいです。

一休で「ホテル1899」の特別プランをチェックする

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA