写真は、先日訪れたカフェで見かけたマダムお手製のティーコゼーです。とっても素敵だったので、私も自宅にあるティーポット用にティーコゼーを作ってみました。

上にちょこんと乗っかった小さな持ち手を裏返すところや、カーブを縫うところなど、少し気をつかう場面もありますが、ゆっくり丁寧に作れば大丈夫。意外と簡単に作れます。コツと共に作り方をご紹介します。



ティーコゼーを作る前に確認すること

1)ポットの高さを測る


まずは高さから。ポットの底から1番高いところ(通常、フタの持ち手のぴょこんと出たところ)までを測ります。

2)ポットの幅を測る


次に幅です。ポットの注ぎ口と持ち手を含めた幅を測ります。

測る時のポイントですが、固いプラスチックの定規などで測るのではなく、メジャーなど柔らかい素材のものを使い、ポットの丸みに沿わせるようにして測ってください。少しゆったり目に測った方が、使いやすい大きさのティーコゼーに仕上がります。


測るのは、ポットの幅(端から端まで)と高さ(底辺とトップ)です。ぐるりと一周した幅や高さではありません。



ティーコゼーの作り方

1)型紙を作る

a)長方形を切り取る


[ポットの高さ+3センチ]×[ポットの幅+3センチ]の大きさの長方形を書き、切り取る。(紙はコピー用紙など、どんな紙でもOK)

b)曲線を作る


長方形を縦に半分に折り、写真を参考にして「わ」と反対側の上部に丸みを描き、切り取る。

c)型紙の完成


かまぼこ形の型紙ができました。



2)布を切る


作った型紙を使って布を切り、パーツを用意します。持ち手と持ち手用キルト芯は型紙を使わず、下記寸法に切ってください。

必要なパーツ

○ 表布2枚(型紙使用 / 縫い代0.7センチ込み)
○ 裏布2枚(型紙使用 / 縫い代0.7センチ込み)
○ キルト芯(薄手)2枚(型紙使用 / 縫い代0.7センチ込み)
○ 持ち手1枚(3 × 6センチ / 縫い代0.5センチ込み)
○ 持ち手用キルト芯(薄手)1枚(1.5 × 2.5センチ )



3)持ち手を作る

a)両脇を縫う


持ち手布を縦半分に折り、0.5センチの縫い代で両脇を縫う(縫い始めと縫い終わりは返し縫い)。

b)表に返す


表に返す。面積が小さいので返しづらいですが、目打ちを使うと角を上手に出せます。表に返しアイロンで形を整えたら、持ち手用キルト芯を中に入れる。



4)パーツを重ねて縫う

a) パーツを重ねる


表布と裏布を中表に合わせ、裏布が1番上になるようにキルト芯の上に重ね、下の辺に待ち針を打つ。

b) 下の辺を縫う

下の辺を0.7センチの縫い代で端から端まで縫う(縫い始めと縫い終わりは返し縫い)。

c)持ち手を仮止めする


(2つあるうちの)1つの表布の真ん中に、持ち手の空き口が上になるように置き、待ち針で仮止めする。

d) 待ち針を打つ


表布と表布、裏布と裏布が合わさるように、中表に重ねる。この時、ティーコゼーの底辺となる部分(2枚の表布と裏布の境目同士 ー 写真の赤い点線部分)がきちんと合っているか確認し、境目を中心に左右に待ち針を打つ。持ち手を仮止めした部分にキルト芯の上から待ち針を打ったら、仮止めした待ち針を外す。外周に沿ってぐるりと待ち針を打ちます。

e) 外周を縫う

裏布に7センチの空き口を残して0.7センチの縫い代で縫う(縫い始めと縫い終わり、持ち手部分は返し縫い)。



5) 表に返して空き口を縫う

a) カーブに切り込みを入れる


外周を縫ったら、4つのカーブに小さく切り込みを入れる(縫った部分を切らないように気をつけて下さい)。

b) 表に返す


空き口から表に返す。

c) 空き口にアイロンを当てる


空き口の縫い代を内側に折って、アイロンで抑える。

d) 空き口を縫う


空き口を0.2〜0.3センチの縫い代で縫う。



6)仕上げ

a) 裏布を中に入れる


裏布を表布の中に入れます。

b) 待ち針を打つ


表布が裏布より0.1センチほど出るようにして、ぐるりと1周待ち針を打ちます。

c) ティーコゼーの底辺を縫う


待ち針を打った箇所を縫います。ここはミシンで縫っても良いですが、わたしは手づくり感を出す為にあえて手で並縫いしました。



ティーコゼーの完成


ティコゼーの完成です!


次の記事で、ティーコゼーと一緒に使いたいティーポットマットの作り方をご紹介します。

>> ティーポットマットの作り方


薄手キルト芯(1mカット)






返事を書く

コメントを記入してください!
お名前を入力してください。

CAPTCHA