ティーコゼーとお揃いで使いたい、ティーポット用マットの作り方をご紹介します。お手持ちのティーポットの大きさに合わせて、お好みのサイズで作ってみてください。


>> ティーコゼーの作り方(ティーコージー・ポットカバー)



ティーマットの大きさを決める


適当な大きさに切った紙をマットに見立て、手持ちのポットを置いてみます。いくつかの大きさの紙で試してみると、しっくりくる大きさが分かりやすいと思います。

大きさが決まったら1辺の長さをメモしておきます。今回は12センチ四方のティーポットマットを作ることに決めました。



ティーポットマットの材料


表布、裏布、薄手キルト芯



ティーポットマットの作り方

1)布を切る


図を参考にして、表布・裏布・キルト芯を各1枚づつ切り出します(ここでは表と裏で同じ色柄の布を使用します)。

【計算例】たて(Y)12センチ × よこ(X)12センチ のティーポットマットの場合
表布&裏布:たて14センチ(12+2)× よこ14センチ(12+2)
キルト芯 :たて12センチ × よこ12センチ



2)外周を縫う


5センチの返し口を残して外周を縫います(縫い代1センチ)。縫い終わったら、四つ角を切り落とします。

3)表に返す

a)縫い代を折る


表布の裏面を上にして置き、アイロンで縫い代を2枚一緒に折ります。


この時、縫い目のきわで折ります。

b)表に返す


返し口から表に返します。この時、角に人差し指を入れ、縫い代を親指で押さえながら表に返すと角がきれいに出ます。(作るマットの大きさが小さいとやりずらいので、その場合は、やりやすい方法で表に返して下さい)

c)角を整える


目打ちを使って角を整えます。

d)アイロンをかける


アイロンで全体を整えます。



4)キルト芯を入れる


返し口からキルト芯を入れます。中でキルト芯が折れたりしていないか確認し、目打ちを使って、キルト芯をきれいに入れこみます。



5)返し口を閉じる


コの字とじで、返し口を閉じます。ミシンや手縫いで並縫いをして閉じても良いのですが、コの字とじは表から縫い目が見えないので、面倒でもこの方法で閉じるときれいに仕上がります。

コの字とじの方法は、多くのサイトで紹介されているので検索してみてください。

【参考外部サイト】
>> コの字とじ(渡しまつり) NHKらいふ(←動画でわかりやすく説明されています。)



6)キルティング


表布・キルト芯・裏布を3枚一緒に縫って、キルティングします。キルティングする際にステッチで描く模様は、お好みで自由に行ってください。


わたしは今回、布の模様であるペイズリー柄を浮き立たせるようにステッチしてみました。ステッチを施す際に知っておきたい、きれいに仕上げるコツを別記事で紹介しているので、参考してください。

>> ティーポットマットをきれいに仕上げるコツ – 玉結び(玉止め)を隠す方法




他にも等間隔で正方形を描いたり、ななめにステッチしたりと、ステッチの仕方で表情が変わるので色々試してみてください。


ティーポットマットの完成です!お揃いのティーコゼーと一緒に使えば、一層素敵なティータイムになりそうです。


>> ティーコゼーの作り方(ティーコージー・ポットカバー)
>> ティーポットマットをきれいに仕上げるコツ


LIBERTYリバティプリント・タナローン生地<Emily>


LIBERTYリバティプリント・タナローン生地<Margaret Annie>(マーガレットアニー)


LIBERTYリバティプリント・タナローン生地<Margaret Annie>(マーガレットアニー)


LIBERTYリバティプリント・国産タナローン生地(エターナル)<Tessa>(テッサ)


薄手キルト芯(1mカット)

返事を書く

コメントを記入してください!
お名前を入力してください。

CAPTCHA