前回記事では、1枚のタオルから「2枚」の雑巾を作る方法をご紹介しました。今回は1枚のタオルから「1枚」の雑巾を作る方法をご紹介します。

しっかりした少し厚めの雑巾を作りたい場合や、何かの折りにいただく企業名などが入った「薄手のタオル」を使って作る場合に特にオススメな方法です。

(乾きやすい用に「薄めの雑巾」を作りたい場合や、厚手のタオルを使って作る場合は、前回ご紹介した方法がオススメです。)



ちょっと厚めの雑巾の作り方 (1枚のタオルから1枚の雑巾を作る)

1.ヘムを切って、両端を折る


タオル両端のへムを切り落とし、真ん中に合わせるように両端を折ります。
(ヘムの切り落としについては前回記事の1を参照)

2.中心でさらに折る


中心でさらに半分に折ります。

3.外周と内側を縫う


写真の点線のように、外周と内側を並縫いすれば、雑巾の完成です!

前回記事の雑巾のように、中表に縫って裏返すという必要がない分、工程数は少なくなります。

が、生地の厚みが出る分、手縫いだと少し縫いにくさを感じるかもしれません。手縫いの場合は厚地用の針を使うことをオススメします。


Clover(クロバー) N-金耳針 溝大くけ
わたしは厚物を縫うとき、和裁用の溝大くけ針を使用していますが、折れにくく重宝しています。



ちょっとアレンジ


雑巾の内側を縫う理由は、内側がパカパカしてしまうのを抑えるためです。

目的が果たせれば、なにもバッテンに縫わなければいけないという理由はありません。三角、四角、丸など自由に描いてみました。糸の色は、漂白剤の使用で失われたタオルの色を補うつもりで、赤を選びました。

今回は、手縫いではなくミシンを使ってみましたが、また違う雰囲気になりますね。これはこれで好きですが、どちらかというと手縫いの雑巾の雰囲気のほうが好きかな。


前回記事で使ったタオルで、もう1枚雑巾を縫いました。

外周のステッチには、生地になじむ同系色の糸を、内側のステッチには、あえて目立つ色の糸を選びました。

内側は、タオルにあった模様の四角を結ぶように三角を描いたり、四角を囲むようにステッチしてみたり。始めから模様を決めずに針を動かしていったら、こんな感じに仕上がりました。


自分でつくった雑巾は、目に入るだけでちょっと嬉しくなったりします。その雑巾を手に、家の中をちょこちょこ拭いてみたくなるはずです!

>> 禅ZENの教えを 日常に取り入れてみたくなる本





返事を書く

コメントを記入してください!
お名前を入力してください。

CAPTCHA