シンプルな鍋敷きを作りました。


使った布は、このコーデュロイのシャツです。父が着ていたものですが「着古した」というより「似合わない」という理由で、捨てられる運命にあったシャツです。


メンズシャツなので、左右の前身頃と後ろ身頃をあわせると、けっこうな布面積になります。


大中小、3つの大きさの「鍋敷き」ができました。

全て同じつくりかたで、布を切る大きさを変えただけです。直径10センチくらいにすれば「コースター」ができあがります。

手縫いでもミシン縫いでも簡単に作れるので、お気に入りの布で作ったり、着なくなった洋服をリメイクしたりして作ってみてください。

では、作り方をご紹介します。



鍋敷き(コースター)の作り方

1. 布を切る

a)好みの大きさに丸く切る


好みの大きさに、布を丸く切り取ります。

b)表布2枚と、内側に入れる布を数枚

今回は鍋敷きを作るので、内側にタオルを挟んで厚みを出しました(コースターを作る場合はタオルは入れなくてもOKです)。

表布(上写真:茶色)を2枚、中に入れるタオル(黄色)を好みの枚数(= 好みの厚さ)切り取ります。中に入れるタオルは、表布より直径2センチ小さくカットしてください。(例:表布が直径30センチなら、タオルは直径28センチに切る。)

c)表布に縫い代線をつける

表布裏面、端から1センチ内側にチャコペンなどで縫い代線を書きます。

d)大きい円を描くには、キッチンボウルが便利


コンパスなどを使って型紙を作っても良いですが、キッチンに適度な大きさのボウルがあれば、これを利用すると簡単に布に線が引けます。



2. 表布を中表に縫う


入れ口を残して、表布を中表に縫います(縫い代1センチ)。

後でこの入れ口から、丸く切ったタオルを入れます。入れ口が小さすぎるとタオルをきれいに入れられないので、小さすぎないよう注意してください。



3. 切れ込みを入れる


縫い代部分にぐるっと切れ込みを入れます。この時、入れ口部分には切れ込みをいれません。



4. 入れ口部分のカーブを作る

入れ口部分に、きれいなカーブを作るための作業を行います。

a)入れ口の上1枚をぐし縫い


入れ口部分の縫い代(上の1枚のみ)を ぐし縫い(細かく並縫い)します。


2枚布が重なっていますが、ぐし縫いするのは上の1枚のみです。

b)糸を引いて、ギャザーを寄せる


入れ口部分をぐし縫いしたら、糸を引いて均等にギャザーを寄せ、きれいなカーブを作り、玉結びして糸を切ります。

もう1枚の布も同様にして、カーブを作ります。

c)アイロンで形を整える


2枚の布それぞれにカーブを作り、アイロンで形を整えたところです。



5. 布を表に返して、形を整える


入れ口から布を表にひっくり返します。


目打ちなどを使って形を整え、さらにアイロンで形を整えます。



6. 入れ口からタオルを入れる(鍋敷きのみ)


入れ口から、タオルを中に入れます。

中に入れるタオルが1枚の場合は問題ありませんが、複数枚の場合、入れる際にタオル同士がズレる場合があります。うまく重なって入らない場合は、あらかじめ重なったタオルにしつけをかけておくと、ズレずに入れることができます。


タオルが中に入りました。どら焼きの中にカスタードクリームか黄味餡が入っているみたい 笑。



7. ひも(タグ)をつける


鍋敷きにつける紐(タグ)を用意します。わたしは今回、2〜3センチ幅のスエード端切れを使いました(使わなくなった革のジャケットや革のバッグなどを解体し、革のハギレとして保存しておくと色々使えて便利です)。


真ん中で折って輪っか状にしておきます。

紐は、革やスエード以外にも、紐やリボン、毛糸や麻糸などなど、どれを使うかによって鍋敷きの出来上がりの印象は変わってきます。また、シンプルに紐をつけずに仕上げても良いと思います。

8. 周囲を縫う


周囲をぐるりと縫います。紐をつける場合、入れ口に紐を挟み込んで一緒に縫ってください。

鍋敷き(コースター)完成!


できあがりです。


大きさを変えて、3枚作りました。


中に入れたタオルが動くようなら、真ん中に × のステッチを入れると良いと思います。


ひも(タグ)の有無しはお好みですが、吊るして収納したりできるので、つけておくと便利だと思います。

簡単なので、お好みの大きさで是非作ってみてください。

>> 手作り鍋敷きの作り方 〜 古いシャツをリメイク


本革ハギレ たっぷり 350g


フランス革ハギレ詰め合わせセット


11号帆布(ハンプ)無地ヴィンテージ加工



返事を書く

コメントを記入してください!
お名前を入力してください。

CAPTCHA