先日、古いコーデュロイのシャツを使って鍋敷きを作りました。

>> 手作り鍋敷きの作り方 〜 古いシャツをリメイク


その1番大きな鍋敷きが、この「蓋付き火鉢」にピッタリのサイズでした。

火鉢の直径が25センチほど、鍋敷きがそれよりちょっと大きい27センチほどで、まるでこの火鉢のために作ったかのようなパーフェクトなサイズ。嬉しくなってしまいました。



蓋付き火鉢?足あぶり?


急に寒くなってきた数日前、母が子どもの頃に使っていたという小ぶりの火鉢を「私の部屋用に」と出してきてくれました。

母は昔から「足あぶり」と呼んでいたそうです。

陶器製の小ぶりの火鉢には、側面に空気穴がついており、中に火のついた「豆たんや炭」を入れ、蓋をして使います。

祖母の家に行くと1年中火鉢があったし、今も冬には母が火鉢を出してきて使っているので、火鉢は私にとって身近な存在です。

でも自分の部屋で自分の管理で使うとなると、ちょっと火の取扱いが怖い。そのため「火鉢を(私の部屋に)持っていって使えば」という母の提案を毎年断っていました。


でも、この「足あぶり」は蓋がついているからいいですね。

尚かつパチパチと火の粉が上がらない「豆たん」を使えば、火の取扱いに不安がある私にも安心して使えます。


欠けた部分を瞬間接着剤か何かでくっつけた荒療治は、祖母だそう。


鍋敷きにつけたタグが、良い取っ手になってくれ、ちょっとした移動にはこのタグに指を引っかけて動かせるので便利です。



火鉢マット(鍋敷き)の作り方について


作っておくと何かと便利な色んなサイズの鍋敷き。お家にある材料で簡単に作れますし、あらためてオススメです。

>> 写真付きで、鍋敷きの作り方をご紹介しています。


【送料無料】ミツウロコ マメタン 豆炭 12kg (約200個入)


豆炭アンカ(マメタンアンカ)
↑冬はこれのおかげで、朝まであったかく眠れています。



返事を書く

コメントを記入してください!
お名前を入力してください。

CAPTCHA