憧れる年上の女性って、年齢と共に変化しますよね。ここ数年、わたしが「かっこいいなぁ」と感じるのは、ファッションデザイナーの島田順子さんです。


パリ在住の島田順子さんは、御年70代後半とは思えないほど、パワフルでチャーミングで、かっこいい。(ということが、写真から伝わってきます)

島田さんご自身で着こなす、100のスタイリング例が『島田順子スタイル パリ、大人エレガンス』には掲載されていて、「こんな大人になりたいなぁ」と思いながらページをめくっていると、なんだか元気が湧いてきます(40代を目前にしたわたしも充分大人なのですが、ここでいう大人とは、白髪が似合う大人というような意味です)。



アイデンティティ、教養、エレガンス

 1960年代に渡仏した島田さん。そこで入社した「マフィア」というデザイナー集団の会社で学んだことのひとつが、美や感性に関する考え方だったそうです。

高級な装飾品ではなく、自分に似合うものを探し、見つけることで、アイデンティティが生まれる。

内側にあるもの、教養やエレガンスが人を輝かせる

年を重ねることで失っていくものも、もちろんあるけれど、こういうことって、時の経過とともに失われることの反対側にある。

少しずつ、わたしも自分の中に蓄積していけたらな。



こんなの作ってみたい


ちょっと厚手の麻とかコットンで、さっとカジュアルに羽織れる写真のような上着があったら素敵。。。

この生地の「ロイヤルブルー」は、まさに写真のような鮮やかな青。

ピンクやネイビーも素敵。




透け感のあるこのクルーネックなら、

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シルク <生成り>
価格:2000円(税込、送料別) (2018/8/20時点)

このシルクの糸で編んでみたい!




タートルネックは、首が絞められている感じがするのと、痒くなってしまうので苦手ですが、これくらいゆるい感じなら気にせず着られそう。

こんなセーターは、是非カシミヤ糸で編んでみたい。

もしくはアルパカでも良さそう。

島田順子さんのスタイルブックは、現在3冊発売されており、最新刊は『島田順子おしゃれライフスタイル Shimada Junko Style』。

最初の1冊は『島田順子スタイル』で、ここでご紹介した『島田順子スタイル パリ、大人エレガンス』は2冊目の本です。

「こんな風に年を重ねたい」というのが、漠然とでも頭の中にあると、その方向に進んでいきやすくなるような気がします。

そのお手本は年の経過と共にまた変わるだろうけれど、今は島田順子さんのチャーミングさとカッコウヨサに、元気づけられています。

返事を書く

コメントを記入してください!
お名前を入力してください。