以前書いた、ほどいたセーターですが(↑写真はほどく前のセーター)

>> 断捨離マダムから届いたウールセーターをほどいて、新しいセーターに


ほどいた毛糸を使って、


アランセーターを編んでいます。

縄編み、ダイヤモンドケーブル、ハニーカムなどの模様がぎっしりと詰まったセーターは、編んでいてとても楽しいです。

編んでいるのは、michiyoさんの『じっくり編んで永く愛せるニットのふだん着』に掲載されているセーター「アランタイトプルオーバー」です。


このセーター、細身ですっきりと着られそうなデザインで、前から編んでみたいなと思っていました。


ネックから編んでいき、肩まで編んだら両袖は別糸に取って休み目に(ベージュグレーの部分までです)。先に前後身頃を輪針で裾まで編み上げてから、両袖を編んで完成。といった手順です。

白い毛糸で編んでいる身頃がちょうど良い長さになってきたので、この辺で2目ゴム編みに切り替えようと思っています。

編んでいる途中「少しサイズが小さいかな」と思い、試着してみたのですが大丈夫、ぴったりでした。縄編みなどの模様がたくさん入っているので、こうして置いて見ていると小さく見えてしまいます。

本当は1色の毛糸で編みたいのですが、ほどいた毛糸をすぐに使いたいのと、このセーターの仕上がり&着心地を試してみたいという2つの理由で、写真のような感じで編み進めています。

セーターの残りの部分は全て白で編みたいところですが、白い毛糸は写真に写っている小さな玉で最後です。袖や身頃の裾は、ベージュグレーや茶色になるのかも。。。デザイン的にどうなのでしょうね。毛糸のパッチワーク状態になってちょっとおかしなデザインになってしまったら、家着として着用します。

このセーター、かなり高い確率で私の好みの形(デザイン)だと思うので、今回の試し編みを終えたら、別の毛糸(1色)で編むつもりです。それがこの冬になるのか、次の冬になるのかはまだわかりませんが。

今編んでいるセーターが完成したら、またアップしますね。







2 コメント

  1. これは凄く素敵な作品になりそうですねえ。
    仔馬さんの腕があってこその事でしょうけれど。
    こんなに沢山の縄編みが入っているものほんと編みたいです。
    まだまだ先だな。
    風工房さんのデザインでいずれ編んでみたいセーターはあるんですけれどね。

    自分で編んだ靴今下履いてるんですけどね、暖かさがヤバいです。
    ウール100ではないんですよ。ハマナカさんの靴下用の毛糸ですから。
    それでも暖かい。今シーズンは異常な暖冬ですから
    ちょっと暑いくらいです。とは言っても冬は冬ですので
    冷え性の私は足先は冷えるからやっぱりハマりますねえ。
    昨年かぎ針で編んだベレー帽大きくて娘は嫌だと言って
    放置してたんですけれど昨日市販の帽子専門店に行きましてベレー帽の大きさ
    見てきましたら大きさは全然大きくなかったんで自分でかぶろうろ思ってます(笑)
    それもちょこっと被ったらめちゃ暖かいです。
    薄手のカーデガンでも大阪ならかなりの長い期間着ることが出来そうです。

    • オリジナルのデザインは素敵なのですが、何しろ毛糸がつぎはぎになるので、どんな仕上がりになるのやら。。。といった感じです。

      手編みの靴下は本当にあたたかいですよね。私も冬の間は手放せません。

      ベレー帽、帽子は少し大きめくらいのほうが髪型も崩れにくいですし、ちょっとぶかっとしているくらいの方が小顔に見える気もして、私は自分用に帽子をつくる時はちょっと大きめに作っているくらいです。冬のニット小物って、寒い時には更なる防寒として、暖かい時には洋服やコートなどは薄手のものにして冬小物で防寒して。という風に使えるのであるととっても便利ですよね。

返事を書く

コメントを記入してください!
お名前を入力してください。

CAPTCHA