ニットウェアの肩はぎなどでよく使われる、かぶせはぎの方法をご説明します。

棒針を使った「かぶせはぎ」のやり方

編み地を合わせる


1. 2枚の編み地を中表に合わせます。



向こう側の目を引き出す


2. 手前の目に針(玉なし)を入れます。


3. そのまま、向こう側の目にも針を入れ、


4. 向こう側の目を 手前の目に通して引き出します。


5. 向こう側の目が針にかかりました。


6. 2〜5を端まで繰り返し、向こう側の目だけが針に残っている状態にします。



伏せ止めをする


7. 端に残っている糸を使い、伏せ止めをしていきます。


8. 端の目を表目で2目編み、1目めを2目めにかぶせます(伏せ止め)。


9. 次に表目を1目編み(3目め)2目めをその目にかぶせます。さらに表目を1目編み(4目め)3目めをその目にかぶせます。これを端まで繰り返し、最後に糸を引き抜いて完成です。


>> 編みもの初心者にオススメ、簡単にきれいに肩のかぶせはぎを行う方法

返事を書く

コメントを記入してください!
お名前を入力してください。