9月の半ば過ぎから3週間、イギリスから来日した彼と一緒に日本国内を旅しておりました。

>> 日本で婚姻届を提出し、無事国際結婚できました。



旅行中の編み物について

旅をするとき「編み物セット」があると、乗り物での移動時間や待ち時間が、全く苦になりません。むしろ「その時間が長い方が良い」と思えるほどなので、「編み物セット」は私にとって旅の必需品です。

旅の予定が立つとまず考えるのは、「旅の編み物を何にしようか」「毛糸はどうしようか、今あるものを使ってしまうか、新しい毛糸を購入するか」という編み物に関することです。

ちくちく手を動かしながら無心になれる刺し子などの縫い物も好きですが、旅の途中でのことなので、(紛失したら危ない)針を使う「縫い物」では都合が悪く、「編み物」の方が都合が良いのです。

かつ移動のことを考えると、「編み物セット」は荷物にならない小さ目がベター。たとえセーターなどの大物を編んでいる途中であっても、それを旅に持っていくことはしません。

何か「小さなモノ」を編み始める計画を立てます。



かぎ針編みか棒針編みか。。。

「かぎ針編み」は色んな点で、旅の編み物にふさわしい


旅のシーンでは、例えば電車や飛行機の待ち時間などで編み物をしていても、パッと手を止めて、その場を立ち去らなければいけないこともあります。なので、そういう意味では、途中で手を止めても目がほどけにくい「かぎ針編み」は旅の編み物に適していると言えます。

かつ周囲に対する配慮から、長さのある編み針は不向きです。その意味でも10数センチの長さである「かぎ針」は、やっぱり旅の編み物に適していますね。

旅をしながら「棒針編み」なら、輪針がオススメ


とは言っても、「かぎ針編み」より「棒針編み」の気分の時だってあります。

旅の最中に棒針編みをしたい時には、輪針が便利です。輪針の編み針は通常の棒針のように長くないので、小さな空間でも周囲に配慮しながら、コンパクトに編み物を楽しめます。


編み物の最中にパッと手を休めなければならない時も、編み地を輪針の中心(コード部分)に寄せてしまえば、目がほどけることもありません。もちろん棒針キャップも併用すれば、より安心です。



編み物キットもオススメ

NASKA 編み物キット うさぎのユーリ Designed by エルタデザイン 武田浩子  HT-5
旅に出る前、特に作りたいものが無ければ「編み物キット」を購入して旅に持っていくのもオススメです。

編み物キットは必要な材料が全てセットになっているので、旅行前に自分で材料を揃える時間のない時にも便利です(キットによっては「編み針○号、ハサミ」などキットとは別に、道具が必要となることがあるので、旅前にきちんとチェックして忘れずに持っていってくださいね)。

小さ目キットを選んで、旅の思い出に

旅の始まりと共に、完成させるのに長い時間を要する大物に取りかかるのもアリですが、私のオススメは旅の終わりまでに完成させられるような小さ目のキットです。

旅が始まるワクワク感の中で新しい製作に取りかかり、旅が終わる頃にはキットを完成(または仕上げ直前までは旅の中で、仕上げは旅が終わってからゆっくりと)させられれば、その作品自体が素敵な旅の思い出にもなります。

旅の間に何を編むか、決める際に気をつけたいこと

キットを選ぶ際に気をつけたいのは、自分にとって難易度の高いものを選ばないこと。旅の編みものは「旅に彩りを加えてくれる」ものであり、主役はあくまでも「旅」と捉え、肩の力を抜いてリラックスして編めるものを選ぶことをオススメします。旅の間中、編み図や編み目とにらめっこということにならないよう、気をつけてくださいね。


かぎ針 クロバー「アミュレ」(2/0〜10/0)


かぎ針 『ETIMO Rose (エティモロゼ) Tulip』


クロバー 匠 輪針 短 40cm 6号〜15号


ニットプロ シンフォニー・ウッド 付け替え可能輪針 12号ー8ミリ


チューリップ 編み針キャップ 大


がま口バッグ 岡本啓子 かぎ針編み


帽子キットこねこ





返事を書く

コメントを記入してください!
お名前を入力してください。

CAPTCHA