旅の編み物について前回書きましたが、先月の国内旅行の間は「靴下」を編んでいました。

>> 旅の編み物 – かぎ針と棒針どっちを持っていこう

靴下は、編み物セットを小さくまとめられますし、何足あっても困らないので私の旅の編み物として良く採用されています。


村杉温泉(新潟県阿賀野市)の旅館にて。履き口のゴム編みからメリヤス編みに移り、足首部分を編んでいるところです。今回の旅では色々と忙しく、あまり編み物を楽しむ時間が持てなかったため、進度はゆっくり。


東京に移動し、休憩中のスターバックスにて。ようやく「かかと」まで来ました。カフェでコーヒーを飲みながらの編み物ってどうしてあんなにはかどるんでしょうね。


黄色と白のボーダーに編んだ「かかと」を終え、足の底と甲をベージュで編み、最後の「つま先」を同じ配色のボーダーで編み始めたところです。


羽田空港にて。途中旅の間に終わるか不安になりましたが、(ぎりぎり)無事編み終えました。

使用した毛糸について

毛糸「コリーヌ」で編んだもの


Colline(コリーヌ)【ウール75%・ナイロン25%/合細-中細/約40g玉巻(約160m)】

今回靴下編みに使った毛糸は、毛糸ピエロの姉妹店「毛糸ZAKKAストアーズ」で購入したColline(コリーヌ)という糸です。

「ウール75%・ナイロン25%」ですので、糸自体に適度に耐久性があり、靴下編みには最適です。糸の細さは「合細-中細」で、手編み靴下にありがちな「靴下が厚すぎて靴が入らない」なんてこともなさそうな、ちょうど良い薄さに仕上がりました。

毛糸「コリーヌ」で編んだもの


>> 編込み模様のトートバッグ(ヴォーグ 棒針編み通信講座)
>> パペット(指人形・操り人形)\
>> 虎のボーダーニットポーチ


さてさて、この後は縮絨(しゅくじゅう)作業が待っています。


クロバー ミニ輪針 23cm 3号〜8号


非対称輪針 G 23cm 0号-15号


>> 初心者から経験者まで、オススメの手編み靴下本

返事を書く

コメントを記入してください!
お名前を入力してください。

CAPTCHA