手芸 ラフィア パディントン・ベアのポシェ...

パディントン・ベアのポシェットの中身

旅先にはいつも連れて行く、パディントンベア。数年前にロンドンのパディントン駅で購入したぬいぐるみです。

もちろん今回のベトナム旅行にも連れてきました。

以前、もらった翡翠のマガ玉を入れるためのポシェットをラフィアで編みました。

>> かぎ針で編む、お人形用の小さなバッグの編み方

でも、翡翠はやっぱり私には宝の持ち腐れ。小さいとは言え重さがあるのも、ちょっと気になっていました。そこで今回、ポシェットの中身を入れ替えました。

新しくポシェットに入れたのは、キャンディです。

早速ホーチミンの空港で待ち合わせをした彼に渡したら、喜んで飴を口に入れていました。

ポシェットは、ちょうど個包装の飴が一つ入るサイズで、はじめからキャンディ用に作られたような大きさ。

これからは、パディントンにマガ玉ではなく、キャンディを持ち歩いてもらうことにします。

くだらないと言えばくだらないのですが、大人になってからの人形遊びもそれなりに楽しいです。

こうまhttp://koumahandicraft.com
外国人夫とふたり、イギリスと日本で2拠点生活を送るアラフォー女性です。 編みもの(棒針・かぎ針)などの「手芸記事」や、イギリスでの生活やお料理など、実体験を元にした情報をまとめています。>> 詳しすぎる自己紹介

この記事を読んだ人はこんな記事もチェックしています

虎のワッペンをつけた、ボーダーのニットポーチ

棒針で編んだニット生地に、ファスナーと内袋を付けてニットポーチを作りました。 このポーチは、妹へのプレゼントとして作り、渡英前に渡してきました。 ...

おばあちゃんのかぎ針編み

おばあちゃんのかぎ針編み作品 冬の準備をしている中で、今は亡き祖母のかぎ針編み作品を物置から引っ張りだしてきました。 私の記憶の中の祖母は、いつも縫...

ブライトンのマーケットは、ヴィンテージショップや小さなカフェでローカルな雰囲気

イギリスでおそらく最も有名な海辺のリゾート地、ブライトンへ行ってきました。ブライトンはロンドンよりもっと南、イングランド南東部にあります。 観光客...

ヴォーグ 棒針編み通信講座(入門科)を受講して、良かったことと悪かったこと

先日ご報告した通り、今年の春に始めた日本ヴォーグ社の棒針編み通信講座(入門科)を無事修了しました。 通信講座(入門科)に関する最後の記事として、受講した感...
- Advertisement -

返事を書く

コメントを記入してください!
お名前を入力してください。

CAPTCHA