ソーダブレッドを 外カリカリ&中ふわふわに焼きあげるレシピ をご紹介します。

数種類のレシピでソーダブレッドを作ってみましたが、BBC FOODのレシピが1番おいしくできました。

*BBCとは、イギリスの国営放送局(日本でいうNHK)です。「BBC FOOD」は「NHKきょうの料理」みたいな感じでしょうか。

日本でも作りやすいよう、BBCレシピの材料や分量をちょっと変えて、アレンジしたレシピです。

(BBCのオリジナルレシピは、コチラでご確認いただけます)

当記事では、お料理のプロではない筆者が、

数種類のレシピを10数回にわたって試してみてわかった

簡単においしく焼けるソーダブレッドの作り方と、失敗しないコツをお伝えします。

ソーダブレッドの材料

ソーダブレッドの材料
◯ 全粒粉(または薄力粉)
…250グラム + パンの上にふるう用の粉(小さじ1/2くらい)
◯ ベーキングソーダ(重曹)
…2グラム(小さじ2/3) 
◯ 塩
…2グラム(小さじ1/3)
◯ ヨーグルト
…110グラム
◯ 水
…100ミリリットル

ソーダブレッドのレシピ

下準備

ソーダブレッドのレシピ 下準備
◯ ヨーグルトと水を混ぜておきます。
◯ オーブンを200度に温めておきます。
◯ オーブンシートを天板に敷いて、作業台においておきます。

粉類を合わせる

粉類を合わせ
全粒粉(または薄力粉)、ベーキングソーダ、塩をボールに入れて、手で混ぜます。

粉の真ん中を 少しくぼませておきます。

ヨーグルト+水を加える

ヨーグルト+水を加える
粉の真ん中のくぼませた場所に、混ぜておいたヨーグルトと水を一気に加えます

混ぜる

こねないようにして、水分と粉が一体になるように、手で全体を混ぜます。

粉っけがなくなったらOK
粉っけがなくなったらOKです。

混ぜる時間は、たぶん思っているより短くて大丈夫です

ここでこねすぎると固くなるので、注意してください。

生地を天板におく

生地を天板におく
ボウルの中の生地を手で持ち、オーブンシートを敷いた天板の上に、乗せます。

生地の形は、丸でもダ円形でも、お好きな形で。

手についた生地も使う

手についた生地ものせる
たぶん、手に生地がついて、こんな感じになっていると思います。

この手についた生地は、もう片方の手でとって、天板の上にのせた生地の表面に、適当にくっつけちゃいましょう

ゴツゴツした生地表面
後から手についた生地をくっつけると、生地の表面がゴツゴツします。

このゴツゴツした状態で焼くと、焼き上がった時に、ソーダブレッド外側のカリカリ感が増しておいしいです。

粉をふる

粉をふる
パン生地の表面に、茶こしを使って、全粒粉(薄力粉)を小さじ1/2ほど振りかけます。

切れ目を入れる

切れ目を入れる
ナイフで、生地の真ん中に1本切れ目を入れます。

* 写真は、ちょっと粉のかけ過ぎかも 笑。

オーブンで焼く

オーブンで焼く
200度に温めておいたオーブンで、30分焼いたら完成です。

ソーダブレッドを おいしく焼く 3つのコツ

ソーダブレッドを おいしく焼く 3つのコツ
どうでしょうか?

1)粉を合わせて 2)ヨーグルト+水を加えて混ぜ 3)オーブンで焼いたら、完成です。簡単ですよね。

こんなに簡単なのに、パン屋さんで売っているような仕上がりではないですか?

ただ、コツもあります。

数種類のレシピで10数回ソーダブレッドを作った経験から、

少なくとも次の2つのコツを守らないとたぶん失敗します。

最後の1つは、よりおいしく仕上げるコツなので、これを守らなくてもちゃんと作れます。

先に、その3つのコツをお伝えすると



1. こねない
2. すぐ焼く
3. 表面をならさない
 です。


上から1つづつ説明していきます。

1. こねない

粉と水分を合わせたら、こねないでください。

粉っけがなくなるくらいまで混ざったら、それでOKです。

たぶん思っているより、混ぜる時間はずっと短いです。

こねすぎる(混ぜすぎる)とパンが固くなります。(私は何度か失敗しました)

2. すぐ焼く

生地を作ったら、放置せずにすぐに焼いてください。

私の失敗談をお話します。

失敗したソーダブレッドを比較
左が、生地を作ってラップをかぶせておき、1時間経ってから焼いたもの

右が、生地を作ってすぐに焼いたものです。

左と右で、生地のふくらみ方が全然違いますよね。(同じ材料と分量で作っています)

ソーダブレッドの外側生地比較
外側の生地のようすも、ずいぶん違います。

ソーダブレッドの内側生地比較
すぐに焼いた方(上)は、中がふわふわしていますが、

1時間経ってから焼いた方(下)は、生地がぎゅっと詰まっていて、固いです。

失敗作も食べられなくはありませんが、固くておいしくないので、庭に遊びにくる鳥やリスにあげました。

専門家ではないので、失敗の理由は推測することしかできないのですが「同じ日に、同じ材料、同じ分量」で焼いたソーダブレッドです。

違いは、生地を作ってすぐに焼いたか1時間後に焼いたかだけ。

この失敗の理由は、「すぐに焼かなかったこと」にあるのではないでしょうか。

生地をつくる時間 10分 + 焼く時間 30分

合計40分を確保できる時に、ソーダブレッドを作ることをおすすめします。

3. 表面をならさない

表面をならさない
これは好みにもよると思うのですが、生地の表面はならさないで(平らにしないで)、

月のクレーターのように、デコボコしているまま焼いた方が、焼きあがった時の外側カリカリ感が増しておいしいです。


ソーダブレッドはまずい?

最後に「ソーダブレッドの味」について、食べたことがない方のために、お伝えしておきます。

ソーダブレッドは、ちょっとくせがあります。

具体的にいうと、独特な香りがします。

これはベーキングソーダによるもので、焼き上がった生地が黄色っぽいのも、ベーキングソーダのしわざです。

ベーキングソーダとベーキングパウダーの違いについて、わかりやすく説明されたサイトを見つけたので、リンクを貼っておきますね。

>> Cotta ベーキングソーダとベーキングパウダーの違い

私も初めて食べた時は、ソーダブレッドの独特の香りに「。。。んっ」と思いました。

でも、薄切りを2〜3枚食べたころには、そのクセが好みに変わっていました。

クーリームチーズとハチミツと黒コショウ
クリームチーズをぬってハチミツをたっぷりかけ、黒コショウをふって食べるのが1番のお気に入りです。

ソーダブレッドを作って食べてみて、「ちょっと苦手だな」と思ったら、

チーズトーストにしたり、ジャムをつけて食べたりしたら、それほど気にならずに食べられると思います。

通常のパン作りのように、こねる手間もなく、クッキーを焼くより簡単で、あっという間に作れてしまいます。

ちょっと時間のある週末の朝ごはんに、焼きたてのソーダブレッドを楽しんでみませんか?

created by Rinker
¥1,760 (2020/05/28 15:35:57時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
秀和システム
¥1,760 (2020/05/28 15:35:57時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
柴田書店
¥3,850 (2020/05/28 15:35:58時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
河出書房新社
¥1,650 (2020/05/28 15:35:58時点 Amazon調べ-詳細)

4 コメント

  1. インスタのご主人のお話本当にホッコリですねえ。
    思わず朝からニコニコしてしまいました。
    既製品だとインスタに書かれてましたが
    お洒落ですよね。

    ところでキンドルでこうまさんがお勧めの手芸本を購入しました。
    通勤の途中などでもサクッと見れるし
    手芸の本を見ること自体が私の癒しにもなるので何だかはまりそうな予感です。
    ちょっと違う本も買ってみようかなと思っています。
    本にもよるのでしょうが、お安い本も沢山あるみたいだし。
    嵩張らないっていうのが最大の利点。会社でチョコっと読むにも便利。

    ソーダブレットなるものの名前をこのブログで初めて聞きました。
    パンなのかクッキーなのか。
    でも意外に簡単に出来そうだからチャレンジしても良いかもしれないですね。
    材料も比較的簡単に手に入りそうですしね。
    やはり材料が簡単に手に入らないとちょっとハードル上がりますもの。
    通常のスーパーに売っている物じゃないと。

    • ソーダブレッドは、パンですね〜。
      発酵もこねもいらないので、簡単につくれて本当にオススメです。
      ただ、記事中にも書きましたが、ちょっとくせがあるので好みがわかれるかもしれませんが。
      あっという間につくれてしまうので、是非是非作ってみてください。

      手芸本購入されたんですね!
      便利ですよね!そうそう、チョコっと見たりとか、携帯で簡単にできますしね。
      何本か続けて手芸本の記事を書こうかなと思っているので、そちらも読んでいただければ嬉しいです。

  2. 追伸
    私は出来たら全粒粉で作りたいなと思っています。
    パンでも全粒粉とかライ麦のパンが好きです。
    仔馬さんならご存じでしょうか?成城石井で売っている真っ黒なライ麦パンが好きです。
    あの酸味がたまらなく好みです。
    今は全粒粉がないから手に入ってから作ろうと思います。

    • 成城石井のライ麦パンは知りませんでした。
      今度帰国したら(今はまだいつ帰れるのかわかりませんが)、買って試してみますね。

      私も全粒粉やライ麦パン好きです。
      食パンとかバターロールとか、そういうふわふわ系よりも
      どっしり重たかったり、外側が固めの いわゆる粉吹き系パンが好きなんですよね。

      ライ麦パン好きなら、pianomamaさんきっとこのソーダブレッドお好きだと思いますよ。
      是非是非作ってみてください。

返事を書く

コメントを記入してください!
お名前を入力してください。

CAPTCHA