先月お誕生日を迎え、いよいよ30代最後の1年が始まりました。


30代後半って、人それぞれその中身は違っても、何かと悩みの多い時期なのではないでしょうか?そんな悩み多きアラフォー女性にオススメの『自分らしく生きる、あの人の「転機」』をご紹介します。

30代最後のお誕生日

9歳のお誕生日は、最後の1桁の歳の始まりとなる1日を楽しみました。(10歳のお誕生日には「あ〜ぁ、二桁になっちゃった」とぼやいていました 笑。)

19歳の時は、、、正直覚えていないんですよね。大学生になって親元を離れての新生活が始まり、新しい友だちもできたばかりの頃で、友だちに祝ってもらったはずなのですが。そういえば、19歳の1年間は安室ちゃんの『sweet 19 blues』を「来年はもう歌えなくなる〜」とか言ってカラオケでやたらと歌っていたのを思い出しました。20歳過ぎても歌ってましたけどね 笑


29歳のお誕生日は、有休を取り、当時東京の有楽町にできて間もなかった外資系ホテルにお一人様ステイしていました。独身、1人で使うには充分なお給料もいただいていて、ある意味自由を楽しんでいましたが、30代を目前にして結婚する友だちが多く「自分は?」という焦りも感じていました。



そして今回迎えた39歳のお誕生日。過去の「○9歳のお誕生日」と比べると、1番穏やかに過ごせた1日でした。

ここ数年、色々いろいろイロイロ。。。悩んだり迷ったりすることも多く、ちょっと霧の中にいるような状態でした。終わりの見えない暗いトンネルを、手探りで進んでいるような。時々止まって考えてみるものの、結局抜け道(答え)は見つからず。しかたなく、トンネルの出口は見えないけれど、また暗い中を歩き始める。。。みたいな。

それが、今年の桜の頃からふっ切れたような感覚があり、なんとなくトンネルの中に光が射してきた。。。ような気がしています。



人生、うまくいかない時期は、ある

人生経験を重ねるにつれ、確信に変わってきていることの1つは「人生、うまくいかない時期はある」ということです。これはもう、きっと自分ではどうしようもなくて、いくらがんばってみてもだめな時期はだめなんです。逆に「人生、うまくいく時期」もあります。

若い頃はそれがわからなくて、つまり自分が「うまくいかない時期」にいるのか「うまくいく時期」にいるのかが分からなく、悩んだりもがいたりしていました。でも段々と「あ〜、今はうまくいかない時期にいるんだな」と分かるようになってきました。「うまくいく時期」にいると感じる時は「調子に乗らないように」と自制しながらその時期を楽しむようにしていますが、問題は「うまくいかない時期」にいる時


そういう時には「この状況に、きちんと向き合って、今やれることをやる」ということを心がけるようにしています。向き合うというのは、その時の自分の状況を観察して、自分ができることを考えるということです。で、その結果自分で出した答えを行動に移してみる。



自分や自分の状況に向き合う作業は、時にとても難しいことなので、パートナーや家族、友人の力を借りることもあります。第三者に話を聞いてもらうだけで、頭の中が整理されるし、彼&彼女らとのやり取りの中で、自分の本当の気持ちがわかってくるということは良くあり、とても助けられています。

直接の自分の知り合いでなくても、人生の先輩から様々なヒントをもらうこともあります。

30代後半の悩みに、ヒントをくれる1冊


最近読んでヒントをもらった本が『大人のおしゃれ手帖特別編集 自分らしく生きる、あの人の「転機」』です。

“ 雑誌『大人のおしゃれ手帖』で隔月連載している「大人の転機図」。家族のこと、仕事のこと、体調のこと、環境の変化……など、自分の人生や心における転機を綴った人気の連載です。過去の連載記事に新規取材を加え、様々な人の様々な転機を一冊にまとめました。苦難をスッと抜けた人が語る「私を救った言葉」や、逆境を乗り越えられた出来事など。リアルな体験記から幸せに暮らす心の持ち方、気持ちの整え方を導きます。 ”(引用元)


本書には、40代から80代の様々な職業や立場の女性が登場し、自身の体験が語られています。大人の留学、介護と離婚、趣味から仕事へ、60代のひとり立ち、店を閉める…などなど

人生の先輩が語る経験を読んでいると、今の自分に似たような状況や悩みに触れ「みんな同じかぁ」と思えて気持ちがふっと軽くなったり、「こういう考え方もあるんだ」と気づかさたり、自分の道を探るヒントになったり。。。

30代後半には20代後半とはまた違った悩みや迷いがあります。それは人それぞれ違うと思いますが、この本に教わることがあるかもしれません。オススメの1冊です。

返事を書く

コメントを記入してください!
お名前を入力してください。