写真は、以前1日限りのイベントに出店した際、販売した「リネンのぺたんこバッグ」です。B5サイズくらいの大きさで使い勝手が良く、自分でも使っています。

カフェなどで席を離れる際、このバッグにお財布や携帯電話などの貴重品を入れ、持って歩くのにちょうどよい大きさなんですよね。


1年ちょっと使い、幾度かの洗濯を経験したリネンや革の持ち手は、いい感じにくたっとしてきました。


新品と並べてみると、布の質感の違いが一目瞭然ですね。




さて、今回お話ししたいのはリネンのことではなく、修理のお話です。バッグを使っているうちに、バッグ上部、片方の入れ口部分がほつれてきました。


布と同じ色の糸でほつれを直し、修理箇所が分からないようにするのもひとつの方法ですが、あえて赤い色の糸でほつれた部分をかがってみました。


今回は、オリムパスの刺し子糸 赤(12番)を使いました。


赤い色が、良いアクセントになったように思います。



リネンのぺたんこバッグだけでなく、あえて生地の色と違う色で補修しているものは、他にもあります。


無印良品の仕分けケースです。もう15年くらい使っているのですが、全然へこたれません。

でも、ちょっとしたほつれは出てきます。使用には問題ありませんが、放っておくとココからほつれが広がってしまうので、早めに補修。


黄色い刺繍糸を2本取りにしてかがりました。


1〜2年前に補修した別の部分には、青い糸を使いました。

ほつれが増えれば増える程、元々黒一色だった仕分けケースが、カラフルになっていくって、ちょっと楽しくないですか? むしろ「はやく、次のほつれ出てこないかな〜」って思ってしまったり。

不具合が出た部分を直して何事も無かったように見せるより、「それを利用して、自分の色を足していく。」のも楽しいですよ。






返事を書く

コメントを記入してください!
お名前を入力してください。

CAPTCHA