「好きな作家は?」と聞かれれば、必ず「村上龍」と答えます。

19歳の時に初めて彼のエッセイを読んでからファンになり、20代前半の頃には随分読みました。小説よりもエッセイが好きで、エッセイを通して触れた彼の考え方などに、多少なりとも影響を受けていると思います。

だいぶ長い間、村上龍作品から遠ざかっていたのですが、久しぶりに読んでみました。たまたま本屋さんで目に留まった1冊で『どこにでもある場所とどこにもいない私』。


空港ロビー、居酒屋、コンビニ、公園、駅の自動改札…。日常の一瞬に、ふと去来する心の揺らぎ、意識の流れを描く、8篇の本格短篇を収録する。”(引用元



留学情報誌のために書かれた作品で「雑誌の性格上、留学のために海外に出て行く人物を主人公にした」(本書あとがきより)とのこと。

読書感想文は昔から苦手なのでそれは書きませんが、本書の中で引っかかった文があります。

何が問題なのかわかっていないから、怒ってごまかすだけなんだよね。原因がわかっていないと、ものごとは絶対に解決できないんだ。

そういうことって確かにある。

例えば、何かが自分の思ったとおりにはいかなくて「それがどうしてうまく行かないのか」冷静になって考えればわかるかもしれない。たとえその時は分からなくても「どうふるまえば良いか、どうやり過ごせば良いか」はたいていの場合、自分なりに納得のできる答えを出せることが多いです。(わたしの場合)

でも、「冷静になって考える」ということを怠ると、原因がわからないという状態が不安になり、それが怒りに変わってしまうということ、ある気がします。

怒りというとちょっと強いけれど、イライラとかね。



「歳を重ねると人間丸くなる」とは良く言いますが、わたしも段々この「一息着いて冷静になる」ということが、だいぶ楽にできるようになってきているように感じます。

でも時々、ついついカッとしてしまうことも。たいていが、不要な怒りだったりするのですが。

穏やかに日々を過ごしたいですね。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here