ずいぶん前になるのですが、編み物とは違うことがしたくなり、手持ちのリネンに刺しゅうをしたことがありました。


もう時間が経ちすぎて刺しゅうの名前などは覚えていないのですが、はしごレースとか、そんな感じだった気がします。

横だったか縦の糸を引き抜いて、もう一方の残った糸を数本ごとにまとめていく。。。

というような、とにかくものすごく細かい作業だったことは覚えています。


その細かい刺しゅうを施した布は、その後何ものにもならず、数年間保管されてたのですが、

イニシャル刺しゅうの布と同様、この布も小さなポーチに仕立ててみました。

>> バッグ内袋のポケットをアクセサリーケースにリメイク


とってもシンプルなポーチです。


布が1枚仕立てだと刺しゅうの部分から中が見えてしまうのと、刺しゅう部分の補強の意味で、小さなポーチですが内袋もつけました。


内側も共布で。


ポーチの口が大きく開くよう、ポーチ本体よりもファスナーを長くしたのですが、そのファスナーの先にはマフラーに付いていたタグを半分に折って縫い付けました。


スコットランドのカシミヤと書いてあります 笑。


携帯用のソーイングセットがちょうど良くポーチに収まりました。

>> SDカード入れを携帯用ソーイングセットのケースに活用




スナップボタンなど、その時々に必要なものも一緒に入れて持ち歩けそうなので、この新しいポーチは手芸用にすることにしました。小さな編み物道具を入れてもいいですし。

ファスナー付けは、なぜかまだ抵抗感があるのですが、使うことを考えるとファスナーのポーチが1番使いやすいので「よし、つけるか」と気合を入れて付けいてます。

やり始めるとなんてことないのですが、なぜか気が引けてしまうのです。あれはなんでしょうね。

簡単、きれいのポイントがいっぱい ワザありポーチ
楽しく学べる!  ポーチの教室
ハギレを楽しむ バッグ&ポーチ (レディブティックシリーズno.4726)
ファスナーポーチ作りの達人になる!
樋口愉美子 季節のステッチ Stitch of Season

2 コメント

  1. このポーチ素敵です。勿論刺しゅうも。習ったとは言え数年で
    このような難しいことはしてないです。いずれこんな事をしたいなあと思っていましたが
    やはり先生の仰る通りに習っている限りはそのようにしないといけないので
    案外できなかったなあ。先生的にご覧になって私は
    ここまでのレベルじゃなかったんでしょうね(苦笑)
    ファスナーの端にこのように少し違う生地で飾りをつけるとちょっとしたことだけど
    お洒落ですね。少し前の記事にバックの裏地がリネン地で作ってあるのが本当に私気に入ってしまって
    娘の夏用バックの裏地も少し真似をさせてもらおうと思っています。
    今日次女から手作りマスクの感想がありました。
    結構気持ちよかったみたいです。やはり相手がいると作り甲斐がありますね。

    • 私の刺しゅうは独学なのでいい加減です 笑。

      私の作ったものが、少しでもpianomamaさんの手仕事のヒントになっていれば、とっても嬉しいです。

      マスクもう作られたのですね!私は「作ろう」と言い始めてからもう1週間ほど経ちます。お料理してないで、そっちに時間をまわさなければ。
      ガーゼ生地のマスクは着用していて気持ちが良さそうですね。

返事を書く

コメントを記入してください!
お名前を入力してください。

CAPTCHA