母のお裁縫箱から持ってきた、古い糸の一部です。

母が買ったものだけでなく、母の母など「数世代の糸が1つにまとめられている」という箱の中から、いくつか持ってきました。

その糸、大丈夫?


例えば普段あまりお裁縫をしないけれど、ちょっと必要になって、または「やってみようかな」と思って、「お母さん、針と糸貸して」なんてことありますよね。

そんな時は、針と糸を使って縫い始める前に、糸の使用期限を確認しましょう。一見なんの問題もなさそうでも、実は既に使用期限を過ぎた弱った糸かもしれません。

わたしも和裁の先生から教わるまで、糸に使用期限があるなんて知りませんでした。が、とっても簡単な方法で「その糸が使える状態か、使えない状態か」を確かめることができるので、その方法をご紹介します。



糸の使用期限は、ラベルに書いてある?


残念ながら、書いていません。



糸の使用期限を調べる、簡単な方法


糸を少し引き出して、左手と右手でピンっと張るように持ちます。そのまま軽く引っ張ってみましょう。


糸が切れたら、その糸は使用期限切れの弱っている糸です。健康な糸は、左右から多少引っ張られても切れることはありません。


さて、この使用期限の切れた糸ですが、どうしましょう。捨ててしまえば良いのですが、手芸好きは手芸材料をなかなか捨てられないものですよね。

わたしは、しつけ糸として使ったり、弱った糸を何本取りかにして雑巾や布巾を縫うのに使っています。

お手持ちの糸の健康診断、してみてください。

返事を書く

コメントを記入してください!
お名前を入力してください。