先日ご紹介したティーポットマットを作る時など、知っていると便利な「玉結び(玉止め)を隠す方法」をご紹介します。

>> ティーポット用マットの作り方
>> ティーコゼーの作り方(ティーコージー・ポットカバー)



糸の玉結び(玉止め)を隠す方法

表布・キルト芯・裏布を3枚一緒に縫ってキルティングする際、ステッチする糸の玉結びは布の表側に出ていない方が仕上がりがきれいです。そこで、玉結びを布と布の間に入れる(隠す)方法をご紹介します。

1)縫い始めの玉結びを隠す


1.針に糸を通して玉結びを作る。
2.ステッチを始めたい場所に1番近い表布と裏布の縫い目の間から、針を入れる。
3.縫い始めたい位置に針を出し、そのまま針を引き抜く。少し強めに糸を引っ張ると、玉結びが縫い目の間から表布と裏布の間に入っていくので、玉結びは布と布の内側に隠れ、外から見えなくなります。

2)縫い終わりの玉結びを隠す(布端で縫い終わる時)


1. 表布と裏布の縫い目の間から針を出し、玉結びを作る。


2. 玉結びのすぐ横、表布と裏布の縫い目の間から針を入れ、裏布側に出す。


3. そのまま針を引き抜いて少し強く糸を引き、糸を引いた状態で余分な糸を切る。玉結びは縫い目の間から表布と裏布の間に入るので、外から見えなくなります。



3)縫い終わりの玉結びを隠す(布端以外で縫い終わる時)


1. 布の真ん中など布端以外で縫い終わった時は、針をマット裏面に出し、玉結びを作る。


2. 針をマット表面に出し、糸を引く。そのまま糸を少し強く引っ張って、玉結びが布と布の間に入って隠れたらOK。「5」へ進みます。

写真のように玉結びが布と布の間に入らなかった場合は、「3」へ進みます。


3. 目打ちを使って、玉結びを布と布の間に押し込みます。


4. 目打ちを使うと布に小さな穴が開きますが、指で布を軽くこするようにすると、穴は目立たなくなります。


5. 針を表側(どこでもOK)に出し、糸を少し引っ張りながら切ります(糸を強く引きすぎて、せっかく隠れてくれた玉結びがまた表面に出てこないよう、気をつけてください)。

玉結び(玉止め)を隠す方法については、以上です。



キルティングする糸の色


ついでにもう1つ、ティーポットマットを作る際に役立ちそうなポイントをお伝えします。

無地の布で作る場合

無地の布でティーポットマットを作った場合、同色の糸を使うか、あえて違う色を使ってステッチをアクセントにしても楽しいです。

たくさんの色が使われている布で作る場合

糸の色に迷うのは、今回のように模様にたくさんの色が使われている場合です。模様に使われている色を選べば、たいてい収まりが良いと思いますが、1番間違いがない色があります。


それは、地の色と同色または同系の色です。この色の糸を使えば、裏側もステッチが悪目立ちすることなくきれいに仕上がります。(写真は、地の色でステッチを施したティーポットマットの裏側です)


>> ティーポット用マットの作り方
>> ティーコゼーの作り方(ティーコージー・ポットカバー)





返事を書く

コメントを記入してください!
お名前を入力してください。

CAPTCHA