村杉温泉うららの森でピクニック、ヤスダヨーグルトY&Yガーデン

北陸一人旅を終えた後、実家のある新潟へ父の顔を見に戻りました。

妻を亡くし、73歳で人生初めての1人暮らしとなった父のことが、やはり心配です。

4週間ぶりに会った父は、顔色も良く、嬉しそうに迎えてくれました。

温泉旅館に1泊するため、父の運転する車で新潟県阿賀野市にある村杉温泉へ。

10月半ば、秋晴れの気持ちの良い青空です。

角屋旅館(新潟県村杉温泉) 宿泊記

1時間ほどのドライブで、村杉温泉に到着。

チェックインにはまだ早いので、車だけ旅館の駐車場に置かせてもらい、歩いて5分ほどの場所にある「うららの森」にやって来ました。

野菜や卵などの販売や、お土産物、食堂などがあり、村杉温泉に来るといつも立ち寄る場所です。

販売所の建物のそばには、大きく開けた気持ちの良い広場があります。

日差しが強く暑いくらいのお天気の中、ここでピクニックしながら、お昼にしました。

おにぎり(2種類、梅とじゃこ)、卵焼き、とりの唐揚げ、きゅうりの昆布和え、枝豆、デザートにフルーツ。

かなり簡単なお弁当ですが、秋晴れの空の下で食べると、何でもごちそうです。

実家で飼っている犬(ラブラドール)にも、お弁当を用意しました。

おにぎり2種類(無塩・かつお節)、お砂糖や塩なしの卵焼き、レタス、柿の皮。

(犬は)嬉しそうに夢中で食べてくれましたが、それを見ている父はもっと嬉しそうでした。

お弁当を食べてちょっとお散歩し、角屋旅館へ戻ってチェックイン。

2時間弱の間に、2人とも少し日焼けしたようでした。

翌朝のチェックアウト後、「薬師の清水」をいただきに、旅館裏の坂の上へ。

このお水は、近くの五頭山から湧き出ている天然の湧水です。

用意してきた大きめのペットボトル数本に入れ、持ち帰りました。

お水を汲める場所の向かいにある「薬師堂」。

かなり急な石段で「滑ったら怖いな」と、まだ登ったことはありません。

お水を汲んだ後「せっかくだからどこか寄ってから帰ろうか」となり、ヤスダヨーグルトのお店に立ち寄りました。

ヤスダヨーグルトは、新潟県産の濃厚なヨーグルトやヨーグルトドリンクで知られており、新潟県内の旅館やホテルの朝食などでいただくことも多い、新潟では人気のブランドヨーグルト屋さんです。

このお店は「Y&Y ガーデン」という、ヤスダヨーグルトの工場敷地内にオープンした新しい施設だそう。

ヨーグルトなどの販売や、サンドイッチやスイーツが食べられるカフェだけでなく、

2階はレンタルスペースにもなっているようで、近くの人には色々と使い勝手がありそうですね。

ヨーグルトを買おうとしていたら、父が買ってくれました。

ずっと家族を「守る」立場だったのが、いつの間にか「守られる」立場へと変わっていた父。

父が買ってくれたヨーグルトは、翌日から再開する一人旅に持って行きます。

2 コメント

  1. 仔馬さんへ
    私も他人事ながら少しお父様の事が気掛かりでした。
    男の方が後に残されるのは、やはり女性が残されるのよりもきついはず。
    女性はなんとなくですが、最初から覚悟が出来ているものですし
    家の細々としたこともやり慣れていますからね。

    おにぎりとても美味しそうです。特に新潟のお米は美味しいのではないでしょうか?
    私も一度でいいから新潟県の魚沼産コシヒカリを購入してみたいけど
    やっぱり結構な割高で躊躇してしまいます。圧力鍋でお米を炊いているので
    意外に美味しいですしまあいいかとなっています。
    それでもいつかは魚沼産コシヒカリを買って塩おにぎり作ってみたいな。

    • pianomamaさんこんにちは。
      父のことを気にかけていただいてありがとうございます。嬉しいです。
      私もpianomamaさんの意見と同じです。女性の方がこういう状況には強いですよね。母がお世話になったホスピスの看護師長さんも同じようなことを言っていました。
      時間をかけて辛い時期を乗り越え、父なりの楽しい老後を過ごして欲しいです。

      新潟のお米美味しいですよね!魚沼産コシヒカリで塩むすび、最高ですね!

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA