申し込んでいた、日本ヴォーグ社の通信講座『棒針編み講師認定』の教材セットが届きました。前回「教材セットは申込をしてから1週間前後で届くと思っていれば良いようです。」と書きましたが、ちょうど1週間で届きました。

>> ヴォーグ 棒針編み通信講座(入門科・講師科)のパンフレットを取り寄せてみた


二重になったダンボール箱の中には、テキストやDVD、基礎ブック、毛糸数玉が入っています。


基礎ブックと言われる『ひとめでわかる棒針編みの編み目記号』『新・棒針あみの基礎』は、一般にも販売されている日本ヴォーグ社の書籍です。


既に課題を少し編み始めているのですが、教材のテキストがとても充実しているので、今のところ基礎ブックの出番はありません。これから出番が出てくるのかな?類似の本を何冊か持っているのですが、これを機に古いものは処分してしまおうと思っています。


さて、テキストの最初のページには「編み物は大好き。でも、ずっと自己流で編み物を楽しんできたので、ある程度は編めるけど、基礎的なことがちょっと不安…そんな方に最適な講座がこの棒針編み入門科です。もちろん初心者さんにもおすすめです。」あります。


受講を検討している段階では「(小物だけでなく、セーターやカーディガンなどのウェアも編めるので)入門科は簡単かなぁ。(でも入門科を終了しないと講師科を受講できない)」と思っていましたが、

この入門科は「初心者さんにもおすすめ」とは書いているものの、どちらかというと私のように「自己流で編み物を楽しんできたので、ある程度は編めるけど、基礎的なことがちょっと不安」な人にぴったりのようですね。


教材セットに含まれる毛糸(極太2玉と並太4玉)は、入門科に計5回ある課題提出の、第1回目で使用するための毛糸です。(2回目以降は自分で用意した毛糸を使います)

ウール100は嬉しいのですが、色が微妙。。。



毛糸は第1回の課題提出用ではありますが、自分で用意した毛糸を使っても良いそうです。でもそれをするとこの毛糸が使われずに残ってしまうので、今回は素直にこの毛糸を使って課題を編むつもりです。


早速、テキストとDVDを見ながら課題を編み始めていますが、どちらも説明が丁寧でわかりやすく、今のところ楽しみながら針を動かしています。またレポートしますね。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here