日本ヴォーグ学園『棒針編み講師認定講座・入門科』の第2回目提出課題である、編み地2種類を編みました。


実は、少し前に第1回目の毛糸と同じ毛糸で編み終えたのですが、「毎回違う色の毛糸で編んだ方が楽しいかな」と思い、再度編み直すことにしました(写真は、課題提出に使用しなかった、ボツにした編み地です)。


>> ヴォーグ 棒針編み通信講座(入門科)- 第1回提出課題の編み地

さて、第2回目提出課題の編み地2種類は、交差模様とノット編み模様でした。



交差模様


いわゆるなわ編み(またはケーブル模様)ですね。使用した交差模様の技法は「左(右)上1目交差、左(右)2目と1目の交差、右上2目交差」です。

なわ編みは大好きな模様で、これまでに何度もセーターや靴下などに使用してきました。そんなこともあってか、問題なくスムーズに編み終えました。

ところで、なわ編みをする時、なわ編み針を使う派ですか?使わない派ですか?

テキストでは、写真のタイプのなわ編み針を使った方法を紹介していますが、わたしはよほど大きな(複数の目にわたる)なわ編みでない限り、なわ編み針を使いません。

使うと、どうしても手のスピードが落ちるのと、使わないことに慣れてしまうと、使うこと自体が面倒くさくなってしまうんですよね。今回も使わずに済ませました。



ノット編み模様


この編み地では「左目に通すノット」と「巻きノット」の2種類のノット編みを使いました。

「ノット編みは編み目に目を通したり、糸を巻いたりして作る模様です。ノット編みでも編み目に糸を巻きつける方法は巻きノットと呼ばれています。」
テキストより


左目に通すノット(3目)」は、3目のうち1番左の1目を残りの2目にかぶせてから、表編み1目、かけ目1目、表編み1目と編む技法です。かけ目が入るので、1目分の穴があきます。

巻きノット」は、まず表編み3目編んでなわ編み針に移し、糸を巻き付けて、3目を棒針に戻すという方法です。テキストにも書いてありましたが、この糸を巻き付ける際のバランス(糸の引っぱり加減)に、はじめ少し戸惑いました。



今回は3回糸を巻き付けたのですが、下手にすると3本のうち1本が締まりすぎて短くなってしまったり、逆に緩すぎて長くなってしまったりします。
ちなみにこの技法では、なわ編み針を使わずに済ますことはできませんでした(一応挑戦はしてみたのですが 笑)。


今回使った棒針編み模様の技法は、日本ヴォーグ社(通信講座と同じ会社)の『新・棒針あみの基礎』にも掲載されています。


今のところ、通信講座のテキストに載っている技法は、すべて『新・棒針あみの基礎』も掲載されていて、編み物初心者も経験者も手元に置いておきたい、棒針編みの教科書的な本だと思います。


編み上がったばかりの「交差模様」と「ノット編み模様」の編み地です。こちらの赤い編み地が、課題提出に使用した編み直した編み地。

ノット編みは、なわ編み以上に編み地が横に縮んでいました。


裏からスチームアイロンをかけて、編み地を整えたあとです。こうして2つ並べて眺めていたら、こんな模様のセーターを編みたくなりました。

返事を書く

コメントを記入してください!
お名前を入力してください。