日本ヴォーグ学園『棒針編み講師認定講座・入門科』第4回提出課題である、作品1点を編み終えました。

>> ヴォーグ 棒針編み通信講座(入門科)④ ドライブ模様・よこ糸&たて糸渡しの編込み模様


小ぶりのニットバッグです。


文庫本1冊の大きさ。


ニットバッグの中に入れてみたら、ちょうどぴったりでした。


ちなみに、村上龍氏の『恋はいつも未知なもの』は、20歳前後で出会って以来、数年置きに読み返している大好きな小説です。

>> 怒ってごまかす人 – 『どこにでもある場所とどこにもいない私』村上龍著


このニットバッグは、本来幅22cm×高さ24cm(ノートが入るくらいの大きさ)で作るよう、テキストに指示があるのですが、モノを入れるとビヨ〜ンと伸びてしまうニットバッグの伸縮性が苦手なので、あえて細い糸を選び、小さなバッグを作りました。

これくらい小さなバッグなら、たいしてモノも入れられないので、苦手な伸縮性もそれほど気にならずに使えるはず。



使用糸

今回使用した糸は、こちらのColline(コリーヌ)という糸です。ウール75%・ナイロン25%と、ナイロンが適度に含まれているので、ある程度強度が必要とされるバッグを編むのにちょうど良い感じ。


しかも、色のバリエーションが好みです。触った感じは、ふんわりと柔らかで、是非靴下も編んでみたい糸です。



ニットバッグを編む手順

① 毛糸玉をつくる


たて糸渡しの編込みで模様を作っていくので、まずは毛糸玉を作ります。

>> 毛糸玉の作り方(糸を中から引き出せて、コロコロ転がらない)

② バッグ本体を編む


このニットバッグは、作り目をして底の部分から入れ口に向って編んでいきます。入れ口まで編んだら伏せ止めをして、片面が完成。

もう片面は、作り目(底の部分)から拾い目をし、同様に底から入れ口に向って編んで最後は伏せ止めをします。


両面が編み上がったところ(アイロン前なので、編み地の端が丸まっています)。


9個の毛糸玉をぶら下げながら編むので、絡まないように気をつけながら編み進めます。


>> たて糸渡しの編込み模様について



③ 糸端処理をする


糸玉の数が多い分、裏側には糸端がたくさん。編み物用の針を使って1本ずつ糸端を処理していきます。


ビフォー


アフター

④ 両脇をすくいとじ


バッグ本体の底で半分に折り、両脇をすくいとじ。

>> すくいとじ「端1目内側のシンカーループ」が分からない原因



⑤ 見返しを 入れ口内側に縫いつける


見返し部分をバッグ本体の内側に折り、縫い針と糸を使って、まつりつけます。

⑥ 持ち手を編む


1目ゴム編みで、持ち手を2本編みます。

⑦ 持ち手を縫いつける


持ち手をバッグ本体にまつりつけます。



完成!


このバッグ、表側の入れ口の色(黄色)と内側の見返し部分の色(白)が違うんですよ。


携帯電話と小銭入れ、それにリップクリ—ムとハンカチでも入れたら、もう一杯になりそう(写真はiPhone6です)。

でも、これくらいの大きさが理想だったので、思い通りに仕上がって満足です。

(課題作品は、バッグなど身につける以外の小物に関しては、テキストと同じ大きさに仕上がらなくても良いとされています。ただし目数や段数など、編み図通りに編まなければならないので、サイズは糸の太さや使用する棒針の太さで調整します。)

返事を書く

コメントを記入してください!
お名前を入力してください。