山の中のウィークエンド・カフェ「ベルン」


妙高の山の中にひっそり、本当にひっそりと建つ一軒家カフェ「ベルン」。お料理はもちろん、カフェのご夫妻が作り出す雰囲気、空間がとっても素敵な、週末のみオープンするウィークエンド・カフェです。(新潟県妙高市)



一軒家の中は、くつろげるインテリア


母お気に入りのカフェで、ずっと一緒に行きたいと思っていたそう。


カフェの中は、まるでお友だちのお家に招かれたかのような、ゆっくり落ち着ける雰囲気。静かな時間が流れます。


訪れたのは、5月初旬で窓の外には元気な若葉の緑が広がっていました。


秋の紅葉や冬の雪景色の頃も、素敵でしょうね。



おかわりしたくなるほどおいしい、くるみのタルト


くるみのタルトをいただきました。添えられたピンクグレープフルーツのゼリーも爽やかでした。


家族が頼んだランチセットには、パンがついていました。

このパンが入った容れ物。こんな風なかぎ針編みで編んで固めたバスケットをも10代の頃に作ったことがあります。久しぶりに見ましたが、何だか今見ると新鮮で、また作ってみたくなりました。



マダムお手製のティーコゼーが素敵

それに紅茶を頼むと出てきたのが、このティーコゼー。
ティー・コージー(tea cosy, アメリカ英語: tea cozy)は、ティー・ポットに覆い被せる布製のカバー。ティーコゼーとも言う。日本語では、(ティー)ポットカバーとも呼ばれる。本来は茶を冷まさないようにするためのものだが、装飾を施すことで見た目にも賑やかしの機能を有した製品である。 (引用元


聞けば、マダムがご自身で作られたそう。手に取ってみせていただくと、丁寧な手仕事の跡がありました。

【追記 2018年7月1日】

カフェ訪問後、自宅でもこんな風なティーコゼーを使いたいと思い、作ってみました。下記リンク先記事で作り方をご紹介しています。
>> ティーコゼーの作り方(ティーコージー・ポットカバー)
>> ティーポット用マットの作り方

【追記以上】



Kukshome クックスホーム ティーコージー コットンリネン


ティーポット カバー ティーコージー ソフィー・コンラン コラボ Ulster Weavers アルスターウィーバーズ


アジアンぞう ティーコージー タイ

返事を書く

コメントを記入してください!
お名前を入力してください。

CAPTCHA