手芸 棒針あみ ウールタムで、シンプルなニ...

ウールタムで、シンプルなニット帽&マフラー

旅の終盤に編むものがなくなり、急遽購入した毛糸ダルマのウールタム。その毛糸で編んでいたニット帽と帽子が編み上がりました。

>> ダルマ毛糸のウールタムを購入
>> 旅の終盤に編みはじめた、犬のケープ


極々シンプルに、表編みと裏編みだけで編み上げた帽子とマフラーです。

使用した毛糸

ウールタム 超極太 ダルマ毛糸(横田)楽天市場

使った毛糸は、ダルマ(横田)のwool tam(ウールタム)です。


起毛した特徴のある、とても柔らかい極太糸です。

ウールの表面を針で引っ掻いて起毛させることでふわふわとした表情が生まれるタムの毛糸。
糸の中により多くの空気を含むことで、とても軽くそして暖かく編みあがります。
また、ウール100%の天然素材ならではの適度なハリとコシがあり、素材の良さも感じられる毛糸です。(引用元)

使用する針のサイズで、仕上がりを調整

今回、帽子は毛糸を多めに使いぎゅっと目が詰まったものに。マフラーは「空気を多く含むふわふわとして軽い」という毛糸の特徴を生かした仕上がりになるように編みました。

そのために、帽子とマフラーで使用する針の太さを変えています。


上の写真左がマフラー、右が帽子の編み地です。右の方が目が詰まっているのがわかるでしょうか?


マフラーは指定針サイズの15号で、帽子はそれより細い9号で手も少しきつめに編みました。

マフラーは目を詰めて編まなくても、実際に着用する時には首にぐるぐると巻くので十分暖かいです。一方、帽子は1目1目が詰まっていて、かつ着用した時に編み地があまり伸びない(サイズに余裕がある)ほうが、より暖かさを感じられます。

こうしたことを思い通りにできるのも、手編みの良さですよね。

シンプルニット帽


帽子のかぶり口を2目ゴム編みで、それ以外はメリヤス編みで仕上げたニット帽です。


折り返しているゴム編み部分を伸ばすと、結構長め(深め)です。

ニット帽、こんな感じで編みました。

作り目〜折り返し部分


まずゴム編みの作り目をし、輪針を使って2目ゴム編みを数段編みます。このゴム編み部分は帽子のかぶり口、折り返し部分になります。(私は9号輪針で作り目88目、ゴム編み部分を7センチ編みました)

折り返し〜頭頂手前まで

ゴム編みが好みの高さになったら、メリヤス編みに切り替えて編んでいきます。時々実際にかぶって帽子の高さの確認しながら編むと良いです。

頭頂部分

最後の8段で減らし目をしてトップを閉じます。減らし目をする前に、針にかかっている88目を目数リングを使って11分割します。8目・目数リング・8目・目数リング・8目…という感じです。

0段目:88目
1段目:「左針にある目数リングを右針に移し、右上2目1度、次の目数リングまで表編み」を繰り返し。(11目減目、77目)
2段目:1段目と同じ操作で、11目減目、66目。
3段目:1段目と同じ操作で、11目減目、55目。
4段目:1段目と同じ操作で、11目減目、44目。
5段目:1段目と同じ操作で、11目減目、33目。
6段目:1段目と同じ操作で、11目減目、22目。
7段目:1段目と同じ操作で、11目減目、11目。(目数リングは外す)
8段目:糸を15センチほど残して切り、残った目に糸を通して引き絞り、編み地裏側で糸処理をする。

これでニット帽の完成です。

シンプルマフラー


マフラーもメリヤス編みメインで極シンプルに仕上げました。マフラーの両端と両脇はくるっと丸まらないように、ゴム編みにしてあります。

マフラーの作り目


6の倍数+3の数の作り目をします。こうすると、両脇が表3目の3目ゴム編みが編めます。(6の倍数だけだと、表3目で始まり、裏3目で終わるので、両脇(左右)が揃わないデザインになります)

ゴム編みとメリヤス編みで編む

作り目をしたら3目ゴム編みを編み、好みの高さまで3目ゴム編みを編みます。好みの高さまで編めたら、両脇はゴム編みを残しつつ、真ん中はメリヤス編みに切り替えてマフラーが好みの長さになるまで編んでいきます。

最後は、また3目ゴム編みで

最後は、最初と同じように全てを3目ゴム編みで編み、好みの高さまで編んだら伏せどめをし、裏側で糸処理をしたら完成です。


編み方は自身の備忘録的に書いたので、丁寧な説明でなく分かりにくいかと思います。参考程度に読んでいただければ幸いです。

たた&たた夫さんのサイトではとてもわかりやすく丁寧にニット帽の編み方を説明されていて、おすすめです。


このニット帽とマフラーは、とってもシンプルなデザインですが、だからこそ飽きずに長く使えそう。男女問わず使えるデザインですし、いろんな色で編んでみたくなります。

それにしても今回使った毛糸ウールタムは、ほんとにふわふわで軽くて暖かいです。手に取っただけでふわっと暖かさに包まれる感じ。赤い色で編んでみたいけど、赤はないのですね、残念。でも黄色やブルーも良さそう。ウールタム、とても気に入りました。


20%OFF!ダルマ毛糸(横田)『Wool Tam(ウールタム)』(極太)素材:ウール100% 1玉:50g(約71m)



こうまhttp://koumahandicraft.com
外国人夫とふたり、イギリスと日本で2拠点生活を送るアラフォー女性です。 編みもの(棒針・かぎ針)などの「手芸記事」や、イギリスでの生活やお料理など、実体験を元にした情報をまとめています。>> 詳しすぎる自己紹介

この記事を読んだ人はこんな記事もチェックしています

手作り鍋敷きの作り方 〜 古いシャツをリメイク

シンプルな鍋敷きを作りました。 使った布は、このコーデュロイのシャツです。父が着ていたものですが「着古した」というより「似合わない」という理由で、...

簡単に、シャツのラインを変える方法

お勤め時代のシャツはもう随分処分して、今残っているのはお気に入りだったこのストライプのシャツ1枚だけです。 といっても寒い時期、セーターの中から襟を出...

雪だるまブローチの作り方(フェルト化した編み地再利用)

以前、フェルト化してしまったウールの編み地を使って、コースターを作りました。 >> フェルト化してしまった編み地を再利用 同じフェル...

かぎ針編み:短時間で編める、長編みのコースターの編み方

すっかり忘れていた、前々回のイギリス滞在時、イギリスに置いてきた余り毛糸。 このままにしておいても、またその存在を忘れてしまいそうなので、この中途半端...
- Advertisement -

2 コメント

  1. 素敵な作品が出来上がりましたねえ。
    是非私も参考にさせて頂きたいです。
    私など本当に初心者なので指定糸でしか作る自信がないから
    こうまさんが使われた糸が安くなっていないか
    ちょっと手芸屋さんで見てきます。
    マフラーの端がくるっとまるくなるのが結構悩みでストレスでした。
    メリヤスのシンプルなマフラー編みたいけどまるまるしなあ。。。みたいな。
    凄く参考になってこれでマフラー作ろうって思えましたよ。

    眼瞼下垂の手術無事終わりました。
    最初は本当にお岩さんか誰かに殴られたん??みたいな恐ろしい顔でしたし
    結構麻酔も眼の付近で痛くてしかも麻酔が切れた時が相当痛くて辛かったんですが
    今日あたりから結構眼は楽になってきました。
    結局手術をしてみれば瞼の筋肉は全く動いていない状態だったようなんで思い切って
    手術するという判断をして良かったです。
    仕事にも趣味にも来年も頑張れそうです。

    今年はこうまさんとの出会いでまた編み物ライフの幅が
    広がったように思います。
    本当にありがとうございました。
    良いお年をお過ごしくださいませ。

    • pianomamaさんこんにちは。まずは手術の成功おめでとうございます。ここ数日気になっていたので、お知らせいただいて安心しました。これから快適に過ごせそうで、本当に良かったです。

      ニット帽とマフラー、早速使っていますが使いやすくて暖かくて気に入っています。マフラー是非編んでみてください!

      こちらこそpianomamaさんからいただくコメントに励まされ、ここまで続けてこられました。今年もありがとうございました。

返事を書く

コメントを記入してください!
お名前を入力してください。

CAPTCHA