帰国した翌日に犬のケープを編み終わったことを先日書きましたが、

>> 旅の終盤に編みはじめた、犬のケープ

その時点で、旅は東京でのあと2泊残っていました。そこで銀座のユザワヤへ残り2泊3日のための毛糸を買いに行きました。

ケープを編んでいる途中で「旅が終わる前に編み終わってしまうな」と思っていたので、次に何を編もうか考えていました。

>> ながら編み 〜 編み物しながら何してますか?

次に編みたいものは、自分用のニット帽です。ここ数年、人に編むばかりで自分には編んでいなかったので、今年は自分のニット帽が欲しいと思っていました。

ニット帽用に購入したもの


ウールの毛糸と輪針を購入しました。

ダルマ毛糸のウールタム


20%OFF!ダルマ毛糸(横田)『Wool Tam(ウールタム)』(極太)素材:ウール100%


色は濃い目のグレーにしようと決めていたのですが、ちょうど思っていた通りの色で、しかもウール100%の糸を店頭で見つけました。

値引きされていたこともあり、店頭に出ていた6玉全て買ってきました。もう数玉あればウェアも編めたのですが在庫限りとのことでした。帽子は2玉くらいで編めると思うので、残った毛糸でマフラーかスヌードを編もうと思っています。

ウールの表面を針で引っ掻いて起毛させることでふわふわとした表情が生まれるタムの毛糸。 糸の中により多くの空気を含むことで、とても軽くそして暖かく編みあがります。 また、ウール100%の天然素材ならではの適度なハリとコシがあり、素材の良さも感じられる毛糸です。(引用元:ダルマ毛糸)


特徴のある糸ですよね。

クロバー匠の輪針


帽子を編むために輪針も買いました。家に帰ればニットプロの輪針があるのですが…こうして物は増えていくのですよね。


毛糸ウールタムは極太糸。指定の棒針サイズは14〜15号ですが、9号の輪針を買いました。

あえて指定よりも細い針を使って編むことで、目の詰まった、より暖かいニット帽にするためです。

「ふんわり軽く」という糸の特徴はうまくいかせないかもしれませんが、そこはマフラーかスヌードで楽しもうと思います。

早速編んでみたけれど


旅の終わりとほぼ同じ頃、ニット帽が編み上がりました(正確には最終段を残しています)。

糸を切って仕上げる前に、鏡の前でかぶってみたのですがなんか違う…

サイズが少し大きすぎたのと、全体を2目ゴム編みにしたのが、イメージとちょっと違ってた。

実は編んでいる途中、そんな予感はしていたのです「ちょっと違うかも」と。でも、旅先では編み途中の帽子をかぶって鏡の前で確認することが簡単ではなく「まあいいか、大丈夫だろう」とそのまま編み進めてしまったのです。

旅は終わったけれど、編み直しています


せっかく編んだのですが、全てほどいて糸玉にし編み直し始めました。

年内中に、帽子とマフラーを完成させたいなと思っています。

2 コメント

  1. 充分可愛いと思うけどこうまさん的に何か違ったんですね。
    帽子を作るのも結構私のイメージ的に難しいイメージ。
    そもそも市販のものをかぶっても試着しても
    何か違うなあって思う事も多々私はあったりします。
    この輪針は確かクロバーさんからの新商品ですね。
    使い勝手なんかはどうなんだろう??
    明日はいよいよ私の手術です。ちょっとドキドキです。
    違和感のない目になるかなあってね。
    当面の間パソコン・スマホそして何より編み物もちょっと出来ないかなあ。。。

    • 帽子は簡単ですよ!編み図もいらないほど簡単です。是非pianomamaさんも編んでみてください。

      手術明日なのですね!術後はゆっくり目を休めて、その後思う存分編み物を楽しんでください。手術のご成功、お祈りしています。

返事を書く

コメントを記入してください!
お名前を入力してください。

CAPTCHA