最新記事

はじめまして

当ブログ「こうまの手仕事」を運営しているFUMIです。
1979年生まれ。編み物を主とした手芸や旅が大好きです。
31歳で台湾留学→シンガポール移住→イギリスと日本の2拠点生活中。

手芸記事 いろいろ

表も裏もきれいな、リバーシブルの縄編みストール

ウール100%の糸で、大判ストールを編みました。 幅55 × 長さ147センチと、手編みマフラーと言うには幅広の手編みストールです。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({}); 首に巻いたら顔の半分くらいまですっぽり埋まってしまうような、ボリュームのあるマフラーが欲しかったのと、室内では肩や膝にかけて使えるような大きさにしたかったので、この大きさになりました。 (写真はPurlSohoサイトのスクリーンショットです) 編み図は、Purl Soho のウェブサイトに掲載されているものを参考にしました。 >>...

ダイソー極太糸で編む、ヘッドホンカバー【編み方あり】

なにも入院当日の朝に言わなくてもいいのに... 昨年から闘病中の母が、予定していた手術のために、昨日入院しました。 >> 予定通りにはいかないけれど、それも楽しんでいきます 入院中、iPadで映画を観るために使うヘッドホンのカバーがやぶれており、交換しなければいけないと、入院当日の朝に言うのです。 そんなのもっと早く言ってくれればいいのに... と思いつつ、ネットで調べてみると100円均一で売っているようなので、早速買いに出かけました。 ところが、セリア→けっこう大きめのダイソー→電気屋さん、と3店舗行きましたが、どこも売っていません。イヤホン用の小さなパッド(イヤーピース)は売っていたのですが、欲しかった大きめのスポンジタイプのカバーは、売っていませんでした。 結局、探しているよりも作ってしまった方が早いと、かぎ針編みで作りました。 内側(耳に直接当たる部分)は、こんな感じです。 自分用なら、黒やグレーの糸で編みくるむところですが、母のために編むので「明るい色がいいな」。それと、あまり細い糸できっちり編んで、音が聞こえずらくなると良くないので、太めの糸がいいな。と思っていたら、家の中でちょうど良さそうな糸を見つけました。 ダイソーのあむころです。 去年のマスク不足の時、マスクのゴム紐が買えず「ゴム紐代わりに良い」と聞いて母が購入したモノだそうです。ところが買った途端にゴム紐が手に入り、使う機会がなかったそう。 ラベルに「かぎ針8 - 10mm」とあります。音の聞こえを考えて、なるべくふわっと編みたかったので、私が持っているかぎ針で1番太い10号で編むことにしました。 ヘッドホンカバーの編み方 編み図 かんたんな編み図を書いてみました。簡易バージョンは、たったの2段で完成です。(編みくるんだヘッドホンの大きさは直径4cmちょっと) 編み方 輪の作り目をする立ち上がり3目、長編み13目編んだら、作り目の輪を引きしめて、最初に編んだ目に引き抜き編みここから編み地をヘッドフォンに当てながら編む。立ち上がり1目、こま編み2目一度×7回、最初の目に引き抜き編み で編みくるむ完成!... 外側もしっかり編みくるむなら、さらに鎖2〜3目編んで向かい側に引き抜き を繰り返して完成! ↑ 1段目の長編みを編み入れているところ 1段目を編み終わり、編み地をヘッドホンに当てたところ。 編みあがった円は、ヘッドホンの円より一回り大きく、編み地を少し引っぱり気味にして当てると、編み地の端がくるっとヘッドホンの外周をくるんでくれます。 編み方4の補足説明です。(写真は1段目を終えたところで、この後2段目を終えてから編み方4に移るのですが、2段目を終えたところの写真がないので、この写真を使っています) 右上のループが前段の編み終わりです。ここから鎖編みを2〜3目編んで、反対側の目に引き抜き編み。編み地(ヘッドホン)をくるっと回し、また鎖編みを編んで反対側に引き抜き編み、を繰り返し、全体を鎖編みで覆ったら完成です。 ...今気がつきましたが、長編みで円を編んだ後(編み方1&2)、編み方3を飛ばして、編み方4でも良さそうですね。(でも編み方3を入れた方が見た目が若干良い気がします。) 編み終わり、完成です。 極太糸で編んだので、糸処理含めて、片方10〜15分ほどでできました。 途中から病院内で編んだので、テーブルに貼ってある「マスク着用なしの会話はお控えください」の文字が写っていますね 笑。 編み終わった後、試しにこのヘッドホンをiPadにつないで映画を再生してみましたが、しっかり聞こえました。 母には、入院中、身体を休めながら映画を楽しんでくれればいいな。 Rios(リオス) 毛糸 セール ウール 毛 100%...

お人形用の帽子、夏用と冬用の2種類を編みました

少し前になるのですが、頼まれてお人形用の帽子を編みました。 東京オリンピックの頃、暑い時に編んだので、夏糸を使った春夏用の帽子です。 お人形が手元になく、頭の形もどんな感じか不明。。。頭の直径だけ聞いていたので、てるてる坊主のようなものを作って、なんとなくのサイズ感で編みました。 帽子トップには、刺しゅう糸を段ボールにグルグル巻きつけて作ったポンポンをつけました。 できあがりはこんな感じ。実際にお人形にかぶせたら、ちょっと小さかったようですが、なんとか着用できたそうでよかった。 嬉しいことに夏用の帽子が好評だったため、冬用帽子のリクエストが入りました。 デザインのリクエストはなかったので、自分がかぶりたい帽子のデザインで編んでみました。 編み終わった後で、縮絨させて編み地にふわっと感をだしてみました。 お人形用としては、夏用帽子がカラフルでかわいらしいですが、自分でかぶるならこんな帽子が良さそう。この冬編もうかな。。。でも帽子って編んでもほとんどかぶらないんですよね。かぶると暖かいんですけどね。 なわ編み帽子 編み方メモ 作り目を輪にして帽子のかぶり口から編み始め、縄編み模様の部分が適当な長さまで編めたら、帽子のトップ10数段で減目。最後に針に残った数目に糸を通して引き絞り、帽子内側で糸処理。 帽子のかぶり口 (表目2目、裏目3目)のゴム編み 縄編み模様部分 1模様=13目6段 1段目)裏目3、右上3目の交差模様(6目)、裏目3、ねじり1目 2〜6段目)裏目3、表目6、裏目3、ねじり1目 *自身の備忘録的な編み方メモです、ご参考までに♪ 帽子のサイズやゲージなどは、書いた紙をなくしてしまい分かりません。 -malabrigo- Lace(レース) \B品アウトレット/ソックヤーンモトヒロ【ウール(スーパーウォッシュ)75% ナイロン25%/約100g玉巻(約375m)/中細】Z4073/ZAKKA 在庫限 生地の森 洗いこまれたベルギーリネンローン 1/60番手 ナチュラルカラー50cm単位

【手芸本】手芸好きにも電子書籍が便利でお得な理由

趣味が手芸だと、ついついモノが増えてしまいませんか? わたしも手芸全般が好きなので、持ち物を減らすのに苦労しています。   中でも、手芸本は「増えて困ってしまうモノ」の代表格。 同じような本を持っていても、新刊の中に1つ素敵な作品を見つけると それを作ってみたくて、つい買ってしまいます。   わたしと同じような手芸好きの人、きっといますよね? わたしは、小説などからはじめて、電子書籍歴は約10年になりました。 実際に使ってみると、手芸の電子書籍は、とっても便利でお得です。   当記事では、 ● 手芸本を電子書籍で持つことの メリット・デメリット ● 現在販売されている 手芸の電子書籍 のご紹介 ● 手芸本を買うのに、オススメの電子書籍ストア について書いています。   増えていく手芸本に、 「また買っちゃった」と、1度でも軽い罪悪感を抱いたことがある なら、是非読んでみてください。   *当記事を書く上で、あやふやな部分は調べるなど可能な限り正確な情報を掲載するよう努めていますが、情報が古くなったりすることもあり、必ずしも正確性を保証するものではありません。当サイトの免責事項についてはコチラでご確認ください。 手芸本 電子書籍のメリット・デメリット   「手芸の電子書籍って、使い勝手はどうなの? やっぱり紙の手芸本のほうが使いやすくない?」 と思っている方のために、まずは、わたしが実際に使っていて感じる 「手芸本を電子書籍で持つことのメリット・デメリット」についてお話しします。   メリット メリットは、主に次の3つです。 ● かさばらない ● 作業中に場所をとらず、細かいところが見やすい ● 紙の本より安く買えることが多い 上から1つずつ説明していきますね。   【 かさばらない 】   たぶん、これが多くの人にとって1番のメリットではないかと思います。 手芸本は、手芸好きにとって「技法や作り方の情報」だけではなく 作品の写真を見ながらうっとりしたり、いやされたりする、「写真集的な存在」でもあったりしませんか?   だから、増えていくんですよね。 しかも手芸本は、文庫本と違ってコンパクトサイズではないので、 本棚でそれなりに場所を取ります。   本棚がいっぱいになってくると、 古かったり、開く回数の少ない 手芸本 を、なんとかしようと思いますが、 処分する本の中に、「これはそのうち作りたい」と思えるような作品を見つけてしまいます。 そこで、そのページだけ切りとったり、写真におさめたりして、本自体は泣く泣く処分。   ところが、切り取ったページや写真は、その後どこかにしまったか忘れてしまい、 結局、気になっていた作品を作ることができず。。。 これは、実際にわたしに起こった話です。   電子書籍なら「本棚に入りきらないから」と言って、 手芸本...

手芸レシピ(作り方)を書くことの難しさ

先日、かぎ針で編んだポケットティッシュケースをプレゼントしたら、とっても喜んでもらえました。自分のために作るのも楽しいですが、人に作ってそれを喜んでもらえるのは、嬉しいものですね。 >> 刺しゅう糸で、かぎ針編みのポケットティッシュケース ティッシュケースの記事では、メモ書き程度の簡単な作り方を載せました。この「作り方」を人に伝えるのが、私はとっても苦手...ということに、ここ1年で(ようやく)気がつきました。 どうせブログを書いているなら「誰かのためになるような記事を書きたい」という思いは常にあります。手芸ブログでは、それはきっと、何かの作り方だったり、技法説明だったりしますよね。 当ブログを始めた2014年から、私も「○○の作り方」のような記事に何度か挑戦しました。そして、アクセスが多い(=より多くの読者が訪れてくれる)ページは、やっぱりそういう「作り方」を書いたページです。 「アクセスが多い=求められている」と考えるなら、どんどん「作り方」を書いていきたいところですが、この「作り方」ページを書くのって、けっこう大変。何が大変かって、作りながら何度も手を止めなければいけないことです。例えば編み物なら、編みながら作り目の数や針の号数をメモし、編み方をメモし、適当な場面で写真を撮り、途中編み方を変更したらそれをまたメモし... 普段、私が手芸をする時は、大きく二つのパターンに分かれます。 1つは、「手芸本などに掲載されている作り方」に沿って作るパターン。2つ目は、自分の頭の中にある「これを作りたい」というイメージを、形にしていくパターンです。 ブログに「作り方」を書く時は、2つ目のパターンで何かを作る時です。 「これを作りたい」というイメージが頭に浮かんだら、それを形にすることに集中したくなるので、写真を撮ったりするためにちょこちょこ手を止めるのが、なかなか苦しいのです。それに、イメージを形にしていく時って、試行錯誤しながら、行きつ戻りつしながら作ることが多く、作り方メモや工程の写真を撮っても無駄になってしまう、ということも良くありました。 インターネット上には、たくさんの「作り方」記事や動画がありますよね。プロの方によるものばかりでなく、趣味で手芸を楽しんでいらっしゃる方々の「作り方」もたくさんあって、本当にみなさんすごいなと思います。自分がやってみて、そのすごさを実感しています。 一時は「私も、そんな役に立つ記事を書けるようになりたい」と思い、がんばってみたのですが、続きませんでした。それどころか「作り方記事」を書くことを考えると気が重くなり、何かを作ることも気が重くなってしまう始末 苦笑。 YouTubeで手芸動画を作る!と宣言したこともありましたよね。今考えるとお恥ずかしいばかりですが。あの時も本気でやろうと思っていたのです。両手を使いながら撮影できるように器具を購入したり、それなりに環境も整えました。でも、実際に「作り方動画」を作り始めたら、私の興味はそれではないことに気がついてしまいました。 色々作るのは好きなのですが、その作り方を人に教えたり、同じものを(販売するために)量産したり...ということは苦手みたい。それが、ここ1年くらいでわかってきたことです。 「役に立つ記事を書きたい」という思いは今もありますが、何も苦手なところでがんばらなくてもいいかな、と思うようになりました。丁寧で誰にとってもわかりやすい「作り方」は得意な方にお任せして、私の「作り方」はあとで自分が読み返してわかる程度に。 きっとそのうち、他のことで誰かのお役に立てることを書ける日が来るかな、そんな日が来たらいいな。と思いながら、今日もキーボードを叩いています。 1番最初の写真は、夫から贈られたお気に入りのカードです。いつも使っているライティングデスクの上に飾っています。夫とはもう1年以上離ればなれの生活。そろそろビデオ通話ではなくて会って話がしたいものです。 即納 1000円ポッキリ マスククリップ 全9色 マスクストラップ 大トートバッグキット 11号帆布 Part1 大きめ 帆布 ハンドメイド ソーイング 手芸キット 【送料無料~8/18水10:59】\人気手芸作家様のレシピ付き!/大きめサイズのはぎれセット【北欧風デザイン】【1点のみメール便対応】

くらし記事 いろいろ

スポーツジム、イギリスでは段階的に営業再開。ジムのフルオープンはいつ?

イギリスで2020年3月末に始まった、新型コロナによるロックダウン。 5月から少しずつ、その規制が解かれています。 イギリスのスポーツジムは、いつから営業再開? スポーツジムのフルオープンは7月25日からです。 7月4日には、パブやレストラン、ジムの営業が再開されましたが、 残念ながらジムは屋外のみという条件つきでした。 4ヶ月の時を経て、ようやく7月25日に営業が再開されます。 コロナ明け、スポーツジムの様子【動画】 わたしが会員になっているジム(David Lloyd)では、 7月4日から、施設内に新たに作られた屋外ジムが使えるようになりました。 屋外のジムや、ジム内のカフェレストランの様子などを動画にまとめています↑ コードレスで使える有酸素運動のマシンは、テントの中に。 電気なしで使えるダンベルなどの筋トレ器具は、屋外テニスコートに集められていました。 有酸素運動のマシンは、サイクリングマシンのみ、 筋トレもダンベルなどが中心だったりと、 屋外ジムで使える器具は、かなり限定的なようです。 ちなみに、テント内でのヨガレッスンなども再開されているのですが、 予約が全然とれません。 参加できる人数をかなりしぼっているのでしょうね。 7月25日のフルオープンが待ちどおしいです。 amzn_assoc_ad_type ="responsive_search_widget"; amzn_assoc_tracking_id ="erulla-22"; amzn_assoc_marketplace ="amazon"; amzn_assoc_region ="JP"; amzn_assoc_placement =""; amzn_assoc_search_type = "search_widget";amzn_assoc_width...

ねんりん家のバームクーヘン

今日のおやつは、バームクーヘン。 久しぶり、ねんりん家です。 思ったより軽い感じで、サクッといただきました。 昨年末の健康診断で悪玉コレステロールが多く出てしまい、「脂質のとりすぎに注意しましょう」とお医者さんに言われてしまいました。 チョコレートなど好きなので「糖質に気をつけましょう」と言われるのならわかるのですが、あまり脂質の多いものは普段から撮っていないのですが。。。運動足りないかな。善玉コレステロールも多かったんですけどね。 写真に写っているコースターは、以前作ったフェルト化したウールのコースターです。「作った」と言えるのかどうか「切った」だけのコースターですが、重宝しています。 >> フェルト化してしまった編み地を再利用 【期間限定4500円→1999円】スーパージャンボクーヘン5種の味から選べる3種セット!!

「晩年」っていつ?

『晩年ってでもいったいいつなんだろう、と思ったのよ、もし五十歳で死ぬとしたら、今まさに晩年じゃないの!』 寺地はるなさんの『みちづれはいても、ひとり』の中に出てくる一文です。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({}); 『みちづれはいても、ひとり』 今は職を探している弓子39歳と独身で休職中の楓41歳。仕事もない、男ともうまくいかない二人が、行き場のない思いを抱え旅に出る。40女のロードノベル。(引用元) いわゆる “ダメンズ” なアラフォー女性の物語で、疲れて眠る前でも、さらっと楽しく読める一冊です。 この本の中に出てきた、ある文章が心に留まりました。 それが冒頭にご紹介した『晩年ってでもいったいいつなんだろう、と思ったのよ、もし五十歳で死ぬとしたら、今まさに晩年じゃないの!』です。 その一文の少し前からご紹介すると、 光恵さんがリボン刺繍をはじめたのは意外にも遅く、四十五歳で夫に先立たれてからのことだそうだ。 お葬式の最中にね、やろうと思ったの、と光恵さんは言っていた。 ほんとうは晩年の楽しみにとっておこうと考えていたのだけど、晩年ってでもいったいいつなんだろう、と思ったのよ、もし五十歳で死ぬとしたら、今まさに晩年じゃないの!ってね。 わたしの晩年っていつ? 「晩年」という言葉に触れた時、自然とイメージするのは、この写真のような、手にシワが寄ってくるような年齢の頃だと思います。 バナナで言うとこんな感じ 笑 でも人の晩年って、人それぞれ違って、本当はみんながみんなシワの寄る年なわけじゃない。自分の晩年がいつかなんて、わからないんですよね。 なのに勝手に、自分の晩年は「高齢者」または「後期高齢者」と呼ばれる頃と思い込んでいる。 私の友人の1人は、20代半ばで不幸な事故により命を落としました。彼女の晩年は20代前半だったんですよね。 自分の晩年がいつかわからないと知れば、「楽しみを晩年にとっておく」なんてもったいない。 かといって現実問題、身体が動くうちは色々と役割もあって、忙しかったりするけれど、、、たとえ100%できなくても、楽しみのうち20%でも30%でも、1日5分でも、その「楽しみ」に触れることができれば、人生もっと楽しくなるかもしれない。 もし今日が人生最後の日だとしたら? スティーブ・ジョブズの名言として有名なこの一節も、おなじようなことを...

きちんと「またね」を言おうと、あらためて。

年明けに新聞を読んでいたら、彼との関係において普段から心がけていたことが書かれていました。 自分が心がけていることに、自分ではない誰かの言葉で、なおかつ活字として出会うと「そうだよね」とあらためて考えさせられたり、納得させられたりすることってありませんか? ついつい当たり前のように思ってしまうけれど 読売新聞『令和を拓く』の夏木マリさん 2020年1月4日付の読売新聞の特集『令和を拓く』に夏木マリさんのインタビュー記事がありました。 夏木マリさんは59歳でパーカッショニストの斎藤ノヴさんとご結婚されましたが、結婚する前は「紙切れだけのことだから籍はいいよね」と話していたそうです。 が、彼の高齢の母を看取ることになる時「嫁という立場の家族の方が母は安心だろうな」と思い「家族として」「ワンチーム」で「家族で歩む方が自然と思い」結婚したそうです。 前置きが長くなりましたが、新年にあらためて心に刻もうと思ったことが、これです。 2人とも年を取ってきているので、出かける時は必ず笑顔で見送るようにしています。 一歩外に出たら帰ってこないかもしれないから。 今会えていること自体が奇跡なので。 (2020年1月4日付 読売新聞) 私たちは結婚前から、空港で「じゃあまたね」と、次回会うまでのしばしの別れを言う機会が、年に数回あります。 毎回「ひょっとしたら、彼に触れられるのはこれが最後になるかもしれない。」と最大限の愛を込めてハグをし、「またね」と言います。 そんな最悪のことを考えることは無いとも思うのですが、人生何があるかわからないというのも事実で。。。 一緒にいることが日常になってしまうと、実はものすごく幸せなはずの「一緒にいられる」ことが、ついつい当たり前になってしまいますよね。仕方のないことですが。 そういう意味では、私たちはある意味ラッキーなのかもしれません。時々、その幸せなことを思い出す機会があるのですから。 これからも、彼と別々の場所へ帰る時は、最大限のハグと笑顔を心がけたいと思います。 夏木さんは結婚後のことについて「2人でいる方が自然な感じ」と話し、高齢結婚をお勧めしています。 私も、計8年のお付き合い&事実婚時代を経て、彼と結婚できて良かったな。。。 結婚しないという形も含めて、いろんな結婚、家族の形がありますが、これから益々多様化していくのでしょうね。

いつも通りの「普通の日」は、「特別な日」

母の手術が無事に終わって、1週間が経ちました。母はまだ入院中ですが、順調に回復しているようです。 母の手術を通して、「普通の日を迎えられること」への感謝や、「自分にとって大切な人との時間」の価値に、あらためて気づかされました。 目次 母の病気がわかってから、手術までの9ヶ月母にガンが見つかる8時間を超える大手術の日「いつも通り」「普通」「当たり前」の価値手術を終えた母に、伝えたかった言葉いつも通りの朝を迎えられたことに、感謝あと何回...最後に 母の病気がわかってから、手術までの9ヶ月 母にガンが見つかる 9ヶ月前の昨年10月、母にガンが見つかりました。その数週間後に夫が待つイギリスに戻る予定でしたが、その予定をキャンセル。手術が終わるまで、日本で母の闘病をサポートすることを決めました。 >> 予定通りにはいかないけれど、それも楽しんでいきます ガンができた場所にもよるのでしょうが、今は「先に抗がん剤などの術前治療を行い、腫瘍を小さくしてから手術」という方法が取られることも増えてきているようですね。以前は「まず手術して、取りきれなかったものを手術後の治療で」という方法をよく聞きましたが。 母の場合も「先に治療でガンを小さくしてから手術」という方法でした。10月に病気がわかり、11月から抗がん剤治療の開始、放射線治療に進み、先週の手術で先生曰く「ガンはきれいに取れた」そうです。 8時間を超える大手術の日 今回の手術は、「朝始まって、晩に終わる大手術です」と手術前の説明で言われていた通り、8時間を超える大手術でした。 母は10年以上前にも、別の病気で手術を受けたことがありましたが、その時と大きく違っていたのは、今回はコロナ禍での手術ということ。 前回は手術直前まで母のそばで励ますことができましたが、今回は家族といえど病室に入ることはできません。家族は、手術後に執刀医からくる電話を自宅で待つように言われました。 とても長い1日でした。 特に、予定していた手術時間を2時間ほど超えても、病院からの電話が来ず、それでも待つしかなかったあの1時間は、本当に長く辛いものでした。 できればもう2度と経験したくない。手術が無事終わることを願う気持ちとは反対に、悪い想像が頭の中に浮かんできました。打ち消しても打ち消しても、悪い想像は、しつこく浮かんできました。 自宅で父と2人、電話を待つピンピンに張り詰めた空気をやぶったのは、執刀医からの電話ではなく、母からの電話でした。麻酔から目覚めたばかりの母は「おはよー」と自分の携帯電話でかけてきたのです。 母の声を聞いて、全身の力が一気に抜け、頭もふわ〜っと解放されていくような感覚がありました。 母からの電話の後、10分ほどしてお医者さんからも電話があり、手術についての詳細な説明を受けました。先生からの電話が遅くなったのは、病院側の連絡ミスがあったようで、実際は1時間以上前に手術は終わっていたようです。 「いつも通り」「普通」「当たり前」の価値 手術を終えた母に、伝えたかった言葉 手術を終えた母にまず伝えたかった言葉は「ありがとう」でした。 「無事に戻ってきてくれてありがとう」「治療や手術、がんばって乗り越えてくれてありがとう」です。 いつも通りの朝を迎えられたことに、感謝 手術翌日は、いつも通りに起きてジムに行き、父と朝食を食べました。そんな昨日と同じ「いつも通りの朝」を迎えられたことに、心から感謝しました。 この「いつも通りの日を迎えられていること」への感謝は、1週間経った今もまだ継続しています。でも、そのうち(きっと近いうちに)「いつも通り」は「ただのいつも通り」になり、感謝やその価値なんて、忘れてしまうでしょう。 それこそが、この記事を書いておこうと思った理由なのですが。時おり読み返して「今日という普通の日」の価値を思い出して欲しいなと... もちろん自分自身にです。 あと何回... 以前読んだ本に書かれていたことで、今も時々思い出して考えることがあるのですが、それをご紹介します。 (親と離れて暮らしている人が)1年に1度帰省するとして、あと何回親に会えるのか。例えば父親が70歳だったら、日本人男性の平均寿命で考えれば、あと10回。1年に2回会うとしても、あと20回。 そんなことが書かれていました。(確か本田直之さんの本だったと思います。本のタイトルは忘れてしまいました。) そんな風に考えたことがなかったので、自分に当てはめて考えた時「あと何回会えるか」というその数字の少なさに、少なからぬショックを受けました。もちろん、人の一生がいつ終わるかなんて分かりませんし、1年に何回会うかと予想してみても現実とは違ってくるでしょう。でも、私はこうやって考えることで、両親と過ごす時間の大切さに、気がつくことができました。 これは親と子に限った話ではなく、当たり前になっている、自分にとっての大切な人との時間全てに当てはまりますよね。 最後に 母の病気は、もちろん無かった方がよかった。 でも、それが無かったら気がつかなかったこと、学べなかったこともたくさんありました。ここに書いたことは、その一部ですが、昨年10月からの9ヶ月間で、本当にたくさんのことを得ました。 「早期発見に努める」というのも、その1つですね。年に1度の検診は、単純に「面倒」だし、「バリウムやだな」とか「何か見つかったら怖いな」とか、行きたくない理由はいくらでも見つかります。でも、やっぱり行かなきゃなって。母が身体を使って教えてくれた、大事な教えだと思っています。 来週バリウム飲むのですが、今から憂鬱です 苦笑。 デコレクションズの人気生地をお試し!ランキング1位受賞【選べるはぎれ福袋】ハギレセット 【新作バッグ編み図付き】 エコアンダリヤ -page1-【レーヨン100%/約40g玉巻(約80m)】

旅の記事 いろいろ

バリで出会った、おばあさんの手仕事

バリの海辺で、あるおばあさんに出会いました。 30度を超え太陽が照りつける中、ひとり静かに手をうごかしているおばあさん。何を作っているのか気になり話しかけてみました。 >> 特大サイズ 天然ラフィアのビーチバッグ おばあさんが作っていたのは、葉っぱで作られた円盤状のもの。きれいな円になるよう並べられた椰子の葉を 竹ひごで縫い止めています。 丸い底ができあがったら、円の端をくいっと上に折り曲げ、別の葉をぐるっと渡してホチキスでとめて完成。 これは、バリ・ヒンドゥー教の家庭でお祈りの際に使われるお供え物「チャナン(canang)」だそうです。このお皿の上にお花などを載せ、毎日お供えするんですって。 おばあさんの座るそばには、こんなにたくさんのチャナンが。 小さな三角形のお皿もありました。 こちらは丸底ではなく四角底。小さなお皿とセットになっているようです。 おばあさんの仕事の邪魔にならぬよう気をつけながら、しばらく作業を見せてもらいました。きっとこれまでに何千個と作っているんだろうな〜と思わせるような、なめらかで無駄の無い手つきに、見とれた十数分間でした。

生蒸し揚げ、色んなベトナム春巻きが食べられる「Wrap and Roll」(ベトナム旅行記 9)

ホーチミン・シティに滞在中、気に入って通ったお店の1つが、「Wrap and Roll(ラップ・アンド・ロール)」というベトナム春巻きのチェーン店です。(清潔な店内、写真や英語表記のあるメニューなど、初めての地ではこういったチェーンレストランがとても便利でした) >> ベトナム初心者に易しいお店だった、フォー24(ベトナム旅行記 2) ベトナム春巻き = 生春巻きとイメージしてしまいがちですが(私はそうでした)、日本のように南北に長いベトナムには北部、中部、南部と異なる春巻きがあり、その調理法も生、蒸し、揚げなど様々で多種多様な春巻きが存在します。 Wrap and Rollでは、そんな生春巻きを40種類以上揃えているそうです。 私の1番のお気に入りは、色んな春巻きが少しずつ盛り合わせになっているお皿。更にこのお皿にも3〜4種類あり、盛り合わせになっている春巻きの種類がそれぞれ違います。行くたびに違うお皿を注文したので、色々な春巻きを試すことができました。(上から時計周りに、蒸し春巻き、生春巻き、カニの揚げ春巻きです) 皮がもちっと&つるっとしていておいしかった蒸し春巻きは、単品で追加オーダー。 彼の1番のお気に入りが、この鶏肉のお料理で、毎回注文していました。写真左上にある葉っぱにくるまれているものが鶏肉で、しっかりとした味付けのお肉を葉っぱの中から取り出し、手前のタレにつけていただきます。鶏肉の隣にある緑色のものは餅米を蒸したもので、手前のふりかけのような甘しょっぱい粉をつけて食べるとおいしかったです。 豚肉のサテ。 サテは、たくさんの生野菜や香草と一緒に 生春巻きの皮で巻いていただきます。 生春巻きの皮というと、日本では水やお湯で戻して使うものが一般的ですが、この皮はこのままいただきます。これはハノイ(ベトナム北部)のライスペーパーで、とっても薄いので水で戻さずにこのまま食べられるそうです。口に入れる時はパリパリしていますが、口の中に入るとすぐに水で戻した生春巻きのようにしっとりしてくるので、おいしく食べられました。 毎回このカウンター席に座り(この席は人気がないのかいつも空いていました)、外を眺めながらお食事していました。 夕方の決まった時間にやってきて、同じ場所に座って商売を始めるおばあさん。乾物系のスナックなども販売していましたが、おばあさんが注文を受けてからその場で作る食べ物が人気のようでした。 ほんとうに、次から次へお客さんが来ていました。おばあさんの向かいに座り、できたてのものを食べながらおばあさんと話し込む若い人もいたりして、ほほえましい光景でした。 「あんなに人気なのだから、きっと美味しいんだろうな」とは思ったものの、それにトライするにはまだベトナム体験が足りず、、、ベトナム初心者はチェーン店の中から眺めているだけで終わってしまいました。 Wrap and Rollでは、この他にもバインセオ(ベトナム風お好み焼き)や麺類などもいただきましたが、やはり春巻き系がオススメです。春巻きごとに種類の異なる自家製のタレもおいしかったです。

イギリスで購入した、レースのハンカチとリネンのキッチンクロス

先日、お買いものをしました。   道を歩いていたら、 いつもは素通りするお店に、目が止まりました。 そして、足も止まりました。   ショーウィンドーに飾られていた、古そうな刺しゅう作品。   チャリティーショップとは? ショーウインドウに刺しゅう作品を飾っていたお店は、チャリティーショップでした。   イギリスには、いろいろな種類のチャリティーショップがあります。 ハイストリートを歩いていると、必ずと言っていいほど、 1軒は目にするくらい、至る所にあります。   日本のリサイクルショップに似ていますが、 イギリスのチャリティーショップは、 個人や企業から寄付された不要品を 販売しています。   そして、その売上金から諸経費などを引いた、 ほとんどの額が寄付され、 ガン研究、動物愛護などの目的に使われています。   amzn_assoc_ad_type ="responsive_search_widget"; amzn_assoc_tracking_id ="erulla-22"; amzn_assoc_marketplace ="amazon"; amzn_assoc_region ="JP"; amzn_assoc_placement =""; amzn_assoc_search_type = "search_widget";amzn_assoc_width...

ブライトンのマーケットは、ヴィンテージショップや小さなカフェでローカルな雰囲気

イギリスでおそらく最も有名な海辺のリゾート地、ブライトンへ行ってきました。ブライトンはロンドンよりもっと南、イングランド南東部にあります。 観光客にもイギリス人にも人気のあるブライトンは、夏だけでなく1年を通して賑わっています。街にはたくさんのカフェやレストラン、雑貨屋さんなどがあり、活気にあふれた楽しい街です。 私たちは時々ブライトンを訪れ、カフェの窓際の席に座り、世界中から来た待ち行く人たちを眺めています。外が寒くない時期には海沿いを歩くこともありますが、たいていはカフェでコーヒーを飲み、ランチをして帰ってきます。ブライトンの雰囲気はロンドンとはまた違い、もっとカジュアルでユニークで、その街の雰囲気がちょっとした非日常感を味わわせてくれます。 先日はそんないつものコースから外れ、ブライトンにあるマーケットへ行ってきました。ローカルな雰囲気の小さなマーケットで、また違ったブライトンの魅力を感じさせられた「ブライトン・オープン・マーケット」をご紹介します。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({}); ブライトン・オープン・マーケット 「ブライトン・オープン・マーケット(Brighton Open Market)」は、海沿いから歩いて15分ほど内陸に入った街中にあります。 屋根のついたマーケット全体は小ぶりで、特に私たちが訪れた日は平日だったこともあってか、マーケット内にはほとんどお客さんがおらず、中央広場ではアジア人男性が卓球に興じていました。 ...

飛行機到着時間を合わせて、ホーチミンの空港で待ち合わせ(ベトナム旅行記 1)

以前ちらっと書きましたが、先月(2019年12月)半月間のベトナム旅行に行ってきました。少し時間が経ってしまいましたが、自身の備忘録として、数回に分けてベトナム旅行記を記しておこうと思います。(しばらく手芸記事と旅行記を交互にアップしていきます) さて、なぜ半月間(15日間)かと言うと、これを書いている2019年12月現在、日本人がビザなしパスポートのみで滞在できる最大日数が15日間だからです。(英国籍の彼も同様最大15日間) この滞在期間については旅の終盤、ひやっとする思いをすることになるのですが、それについては追々。 待ち合わせはホーチミンのタンソンニャット国際空港で半年ほど前に結婚してからも、今のところ私たちの生活スタイルはこれまでと変わらず。彼はイギリス在住、私は日本とイギリスを行ったり来たりしています。 2019年から2020年にかけての年末年始は、その期間イギリスを離れられない彼と、年末年始は日本で過ごしたい私と、それぞれの地で別々にクリスマスと新年を迎えました。 年末年始に一緒にいられない代わりに、早めのクリスマスを第三国で一緒に過ごすことに。どこの国で過ごすか色々と悩みましたが、今回は2人ともまだ行ったことのないベトナムへ行くことにしました。 再会は、入国審査後の荷物受け取り場 空港で待ち合わせをする為、航空券を買う際に2人の到着時刻がなるべく近いフライトを選びました。 結果、彼はエミレーツ航空、私はベトナム航空を利用し、5分違いの「到着予定」という素晴らしいスケジュール。 「空港のどこで会えるかな。イミグレ前(入国審査)かな、それとも税関後かな」などと思っていましたが、私の飛行機の到着が30分ほど遅れて到着。 先に着いた彼が、私の預け荷物をピックアップし、荷物受け取り場で待っていてくれました。 スケジュール通りには行かなかったものの、30分ほどの遅れで済み、ましてやどちらかのフライトがキャンセルということにもならず、無事に落ち合うことができたのは、ある意味ラッキーだったかもしれません。 空港からホテルへ 空港ビルから一歩外へ出ると、ムッとした空気と喧騒。この独特の東アジアの空気感が大好きです。 空港からは、タクシーではなくホテル迎えの車を利用 空港からホテルまでは、事前にお迎えの車をホテルに依頼していました。 ホテルには「Vinasun(ヴィナサン)やmai linh(マイリン)のタクシーで来たら良い」と言われたのですが、ベトナムは2人とも初めてということもあり、ホテルの提案を断り、彼があえてお迎えを頼みました。(ヴィナサンやマイリンは、ベトナムで安心とされている大手タクシー会社です) 彼自身海外経験が豊富な人なのですが、彼の友人たちも海外経験豊富。そんな彼の友人でひどい目にあった人がいるそうです。 東南アジアで危険な目にあった、友人の話 その友人(台湾在住のオランダ人男性)は、東南アジアの国に1人旅行をした際、空港からタクシーでホテルへ向かったそうです。するとタクシーはホテルへは向かわず、人の気配の無いところへ行き、そこで金品を奪われて降ろされてしまいます。私も知っている人なのですが、彼は身長185センチ以上はある大柄な人。「まさか自分がこんな目に合うなんて」と思ったそうです。 タクシーを利用するのに比べて3倍以上の料金を支払いましたが、慣れない場所では用心するに越したことはありません。滞在中に少しはベトナムの事情が分かってきたので、その後の空港とホテル間の移動はタクシーを利用しました。 夜のホーチミンを眺めながらホテルに到着したのは、既に21時すぎ(日本時間23時)。2人とも、旅の疲れ以上に強烈な空腹を覚えていたので、チェックインを済ませると、早速夕食を食べに外へ出掛けました。 そういえば、外出時に「バッグのひったくりには充分に注意してください」とホテルのドアマンに言われました。私の友人もホーチミンで信号待ちをしていた時、バイクに乗った人にななめがけしていたバッグをひったくられそうになったそうです。とっさにバッグを押さえたため、未遂で済んだようですが、ホーチミン滞在時はバッグをしっかり持つよう常に心がけていました。 ホーチミンでは、サイゴンホテルに宿泊 ホーチミンでは、サイゴンホテル(SAIGON HOTEL)に宿泊しました。ラグジュアリーホテルではなく、日本のビジネスホテルのような感じでしょうか。 都市での滞在はリゾート地とは違い、外で過ごす時間が長くホテルでは寝ることがメインになるので、安全に快適に寝泊まりができれば充分と考えています。 そういった意味で、このサイゴンホテルは立地が抜群に良く(東京で言うと銀座6丁目や7丁目あたりといった感じです)、お部屋は清潔でしたし、ホテルのスタッフの方もとてもフレンドリーで、お値段がとてもリーズナブル。満足でした。 >> ホーチミン・シティのスターバックス(ベトナム旅行記 3) サイゴンホテルは、楽天トラベルなど日本の旅行代理店でも予約できるようです。