手芸 棒針あみ ベルンド・ケストラーさんの...

ベルンド・ケストラーさんのスパイラルソックス

年が明けた瞬間は、3が日以内に新年のごあいさつ記事を。

それを過ぎてしまったら、1月7日までに。。。

なんて思ってはいたのですが、

早くも、2021年 最初の月が終わろうとしていますね。

 

「今年はもっとテンポよく更新を」なんて、

毎年のことながら思っていたのに、

もう、つまづいてしまったようです。

 

きっと今年もこんな感じで、のんびりやっていくことと思いますが、

よろしければお付き合いくださいませ。

 

さて、数日前から靴下を編みはじめました。

 

>> 初心者から経験者まで、オススメの手編み靴下本

 

「この冬は靴下は編まないかなぁ」と思っていたのですが、

余り毛糸を使ってしまいたかったのと、

ダーニングをくり返しほどこしていた靴下(この靴下です)を

先日思い切って処分したので、その代わりを。

 

処分した靴下は、また新しい穴が空いてしまったのが、

サヨナラをするきっかけとなりました。

物理的には、まだダーニングをすれば使えるものの

上の部分(足首部分)が、見た目くたびれてきてしまっていました。

 

お直しをして、その寿命をさらに長引かせるか、

それとも「もうこの辺で。今までありがとう。」と処分するのか、

そのタイミングを決めるのは、

使ったティッシュペーパーを ポイっと捨てるようにはいかず。。。

 

「お直しができる」からこその

悩み、葛藤。。。でしょうか。

 

 

話がそれてしまいましたが、

今回編みはじめたのは、スパイラルソックスです。

 

ベルンド・ケストラーさんの本を参考にしました。

 

スパイラルソックスは、

足首も、かかとも、上からほぼずっと、

らせん模様で構成されていて、「サイズフリー」の靴下。

 

気になっていた靴下編みでした。

(サイズフリー = 足の大きい人は、足首部分が短くなり、

足の小さい人は、足首部分が長くなる)

 

アメリカで「戦時中、簡単なソックスを編んで兵士を応援しよう」と

編まれていたというだけあって、本当に簡単なのですね。

 

私は、本に掲載されていた

「基本のスパイラルソックス」を編んでいるのですが、

 

伸縮性のある作り目をしたら、

最初の数段(はき口になる部分)はゴム編み、

その後は、「表目4目と裏編み2目のゴム編み」を

6段ごとにずらしながら編んでいくだけです。

十分な長さが編めたら、

減らし目をして、最後に残った目をしぼって完成。

テレビや映画を見ながらでも編めてしまいます。

 

ベルンド・ケストラーのスパイラルソックス』には、

編み図はもちろんのこと、つま先の目の絞り方など、

写真付きで丁寧な解説がされているので、

気になる方はチェックしてみてください。

 

ハンドウォーマー ではありませんが、手を入れてみました 笑。

 

糸は、イギリスで購入したソックヤーン(West Yorkshire Spinners) に、

中途半端に余っているウール糸などを

引き揃えて編んでいます。

 

>> イギリス 毛糸(ソックヤーン)で編んだ、靴下の編み心地

 

このソックヤーンで編んだ靴下、編んでいる時は、

どんどん模様が出てきて楽しかったのですが、

残念ながら、はき心地があまり好みではありませんでした。

 

ウール糸だけで靴下を編むと、

暖かく、はき心地も良いですが、

洗濯でフェルト化し縮みやすいのと、耐久性に劣るので、

ソックヤーンで編んだ靴下をほどいて

その糸を引きあわせることにしました。


今のところのスパイラルソックスの感想ですが、

まず、とっても簡単に靴下が編めます。

かかとのある靴下を編んだことのある方なら、

その簡単さに多少なりともびっくりするのでは!?

 

でもその反面、もの足りなさは感じます。

起承転結がなく、もりあがりに欠けるというか。

 

こればっかり編んでいたら、飽きてしまいそうですが、

箸休めならぬ、手休めのような位置づけなら

とっても良い編みものかなぁと思います。

 


\秋冬SALE/B品 ソックヤーンモトヒロ /在庫限り

 


NORO(野呂英作) あけぼの 秋冬 / 在庫セール50%OFF

 


\秋冬SALE/すむーすシルクウール【毛80%・シルク20%/合太/約40g玉巻(約110m)】

 

created by Rinker
日本文芸社
¥1,760 (2021/02/26 11:16:18時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥1,760 (2021/02/26 07:58:23時点 Amazon調べ-詳細)

こうまhttp://koumahandicraft.com
外国人夫とふたり、イギリスと日本で2拠点生活を送るアラフォー女性です。 編みもの(棒針・かぎ針)などの「手芸記事」や、イギリスでの生活やお料理など、実体験を元にした情報をまとめています。>> 詳しすぎる自己紹介

この記事を読んだ人はこんな記事もチェックしています

- Advertisement -

2 コメント

  1. こうまさん、こんにちは。
    先日はコメントの返信を下さり有難うございました。
    嬉しく拝見しました。

    靴下は編んだことありませんが、中々奥深いのですね。
    リンクされていた過去のblogも読ませて頂きました。
    母の残した毛糸はほぼ処分してしまいましたが…虫食いも酷くて…もう少し吟味すれば良かったかなと、こうまさんの記事を読んで少しばかり後悔中。
    昔、手袋を編んでみて、棒針5本使って編むのが楽しかったのを覚えてます。
    機会があればチャレンジしてみようかな…。
    先ずは今のを編み終えねば!です。

    • blue-geneさん、こんにちは。
      またお話できて嬉しいです。

      このスパイラルソックスは、本当に簡単に編めました。
      手袋を編まれたことがあるなら、それよりずっと簡単に編めると思います。

      クロッシェレースのトップス、根気が入りそうですが、できあがった時の喜びは大きそうですね!

返事を書く

コメントを記入してください!
お名前を入力してください。

CAPTCHA