ホームブログ「やればできる」と「やれば...

「やればできる」と「やればできた」

やればできる

「やればできる」という言葉。

状況によっては

「やってみたいけど自信がない」「気になるけど、なんとなく踏みだせない」

という時に、背中を押してくれるかもしれない、前向きで力強い言葉だと思います。

だから、たまに口にします。

やればできた

一方で「やればできた」という言葉。

「やればできた(と思う)けど、やらなかった」

その言葉からは「後悔」と、

ちょっとだけ「言い訳っぽさ」を感じてしまいます。

だから、使わないようにしています。

ほんとに「やれば第一志望校に入れた」のか?

私は受験勉強を経て、関東の大学に進学しました。

今では、母校となったその大学に愛校心を持ち、

そこに通えて良かったと心から思っていますが、

第一志望校ではありませんでした。

それどころか、模試で判定が良かったので、すべりどめに受けた学校。

「もう1年がんばって、来年、再度志望校に挑戦するか」どうか、

数日悩みました。

結果、私の答えは「浪人はせず、合格した学校に進学する」というものでした。

では、もしあの時、

「もう1年受験勉強をしていたら、第一志望校に合格できていた」のでしょうか。

できていたかもしれません、でもやっぱり無理だったかも。

「やればできた」かもしれないけれど「やらなかった」。

「やる = 来年もう1度挑戦する」という選択をしなかった。

ということは、きっとあの時、それが私の限界だったのです。

もう1年勉強するより、早く大学生になって新しい世界を体験したかった。

「やればできた」かもしれないけれど、

「やらなかった」ということは、そういうことなのだと

私は思っています。

「やればできた」と口にしないために

大学受験の話を例に出しましたが、

その後も、似たような場面はなんどかあったと思います。

この先も、明日にだって、そんなことがあるかもしれません。

そのたびに、私が自分自身に言っていることは、

「やってみたいなら、今やってみる」。

「やればできると思うなら、今やってみる」。

「今、なんとなく踏みだせない」なら、「今は」見送ってみる。

「あの時、やってみれば良かった」なら、まだかわいげがある気がします。

「やればできたけど、やらなかった」は、、、ね。

かわいげすらないなって。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


こうま

イギリスと日本に暮らす 40代女性の雑記ブログです。

イギリスや日本での日常を書いたり、 外国人夫の視点で日本を紹介したり、 趣味の手芸記録をつけたりしています。

日々いろいろあるけれど、 毎日ほんの少し ほっとできれば。 ちょっとでも趣味の時間がもてたら。

お友だちとおしゃべりするように 書いています。

もう少し詳しく | 旧ブログについて

最近の投稿

思うまま、雑多に書いてます