michiyoさんの細身アランセーター

2
michiyoさんの細身アランセーター

お下がりでいただいたセーター をほどいて、

アランセーターを編んでいましたが、

しばしの放置期間をへて、無事に編みあがりました。

 

>> ほどいた毛糸で、アランセーターを編んでいます。

 

模様たっぷりのセーターは、着ぶくれしがちですが、

このセーターは、編み図が掲載されている本に書いてあるとおり、

細身ですっきり着られるデザインです。

 

created by Rinker
¥1,430 (2021/10/21 22:11:56時点 Amazon調べ-詳細)

↑編み図掲載本です

 

セーターは、ほどいた毛糸で編んだので、

 

実は、見た目以上にパッチワーク状態です。

 

このセーターは、トップダウンで編んだので、

グレージュの毛糸で襟まわりから編みはじめ、

糸が残り少なくなってきたところで、生成りの糸に変えました。

 

前後身頃の裾(ゴム編み)手前までは、

生成り糸で編みきれましたが、

両袖は糸が足りなくなってしまいました。

 

そこで、数年前に購入した手巻き糸の残りの1玉や、

以前いただいたローワンの糸 を両袖に使用しました。

 

>> 断捨離マダムから届いた、たくさんの糸(毛糸やシルク糸など)

 

 

糸のパッチワーク状態で編んだセーターは、

どうなることかと思いましたが、

「よく見れば、パッチワーク状態が分かる」程度におさまってくれました。

 

裾と袖口のゴム編みを残して、両袖と身頃を編みおえた時には、

古いセーターをほどいた生成り毛糸も、

手持ちの白系ウール糸も、使い切ってしまいました。

 

仕方なく、セーターをほどいた茶色の糸で、裾のゴム編みを編んでみたのですが、

色のコントラストが強すぎて、デザイン的にしっくりきません。

 

白系の毛糸を買い足しに行ったものの、

思ったような毛糸を見つけることができず、

少し前にほどいたコットン糸 を使ってみました。

 

>> かせくり器で、以前編んだ作品をほどいて「かせ」にし毛糸玉に戻す

 

「ウールとコットンでは素材が違うのでどうかな。」

とも思いましたが、

編みあがりこそ違和感があったものの、

水通しをして乾かしたら、うまくなじんでくれました。

 


オリジナルのデザインでは、裾にスリットはありませんが、

スリットを入れて、前後身頃の裾に長さの変化をつけてみました。

 

ずっと編んでみたかった細身のアランセーター。

 

セーターをほどいた毛糸があったので試しに編んでみましたが、

実際に着用してみたら、思ったとおりのステキなデザインでした。

 

次は、糸のパッチワーク状態でなく、

単色毛糸で編んでみたいと思っています。

 

>> 黒の細身アランセーター完成(michiyoさんデザイン)

 

今からだと来年の冬用になりそうですが。。。

模様たっぷりのセーターは、

編みはじめから終わるまで、退屈せずに楽しめました。

 

created by Rinker
¥1,430 (2021/10/21 22:11:56時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,540 (2021/10/21 22:11:57時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,430 (2021/10/21 22:11:58時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,200 (2021/10/21 22:11:58時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,750 (2021/10/21 22:13:51時点 Amazon調べ-詳細)

2 コメント

  1. そもそも手編みのセーターってなかなかテクニックが上達しないと
    着ぶくれたり野暮ったくなったりするものだと思うのですが
    流石こうまさん素敵なセーターが出来上がりましたね。
    私は今月はなかなか毛糸に触る事さえできてません。
    もうすぐ次女が無事にアメリカに行けたら少し時間に余裕が出来ると思います。
    向こうの方へのお土産を次女と考えたりあと娘が実家に帰ってくる事が
    最近では少なくなってきてますのでやはりいてる時ぐらいは
    彼女のしてほしいことをしたいと思いますからねえ。
    ただ毛糸に触れてないのでちょっとフラストレーションがたまりつつありますが。
    私自身が年を取ったからでしょうか、娘が二人いた時のようになかなか身体が
    動かなくなってるのも毛糸が触れない理由でしょうか?
    家事をする要領が悪くなったと言いましょうか。
    来てくれると嬉しいのは嬉しいのですが老夫婦二人だとそれはそれで
    気楽で楽しいものですね。人間って勝手ですけれど。

    • 「来てくれると嬉しいのは嬉しいのですが老夫婦二人だとそれはそれで気楽で楽しいものですね。」

      ↑良くわかります 笑。母がいつも「娘が帰ってくるのは嬉しいけど、片付けたりそれなりに緊張感もある」と言っていますから。

      海外と実家を行ったり来たりする生活が既に数年に渡り、今はすっかり居心地が良くなった実家ですが、最初の2〜3年はストレスたまりました、(母娘)お互いに。

      私たちが18で進学のために実家を出て以来、母は父と2人の生活でしたから、彼らの生活のリズムができあがっています。そこに別のリズムを持った娘が入り込んできたのですから、家族とは言えストレスになりますよね。

      2〜3年の間に、母もわたしも少しずつお互いの操縦方法を学んでいったのだと思います 笑。

      大人になってからの母娘の関係は、子どもの頃のものとはまた違い、いいものですよね。娘さんの渡米、スムーズに行くといいですね。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA