暮らし ボタンは、服を捨てる前に回...

ボタンは、服を捨てる前に回収しよう – 良い服には良いボタンが付いてます

もう着ない服を処分する方法、今はいろいろありますよね。

  • 捨てる
  • リサイクルショップで買い取ってもらう
  • メルカリやヤフオクで売る
  • 知人にあげる
  • チャリティに寄付する

どんな方法で、処分してますか?

もらってくれる人が身近にいれば嬉しいけれど、物あまりの時代、なかなか見つかりません。

それではと、見知らぬ誰かに使ってもらう方法を考えます。

メルカリなどでは、けっこういい値段で売れることもあるようですが

リサイクルショップだと、ブランドものでも数百円ということは、割とよくありますよね。

「もらってくれる人もいないし、売るのも面倒だし、捨てちゃおう」

と、そのお洋服を捨ててしまうのなら、その前にボタンをチェックしてください!

良さそうなボタンなら、ボタンだけ捨てずに保管しておきましょう。

良い服には、良いボタンが付いていることが多い

それなりに高価だったお洋服には、良いボタンが付いていることが多いです。

わたしのこれまでの経験から、そう言えるのですが

ファッション資材のプロも、同じことを言っています。
>> シャツボタンから見るいい洋服!|クロップオザキの社長ブログ(外部サイトが開きます)


先日、お気に入りだったTシャツを捨てました。

Tシャツの背中が、ボタンでとまっているデザインが気に入って買ったものです。

イタリアのブランドで、1万円しないくらいでした。

Tシャツとしては、それなりのお値段ですよね。

でもね、高いばかりではありませんでした。

何度洗ってもへこたれず。

何よりお気に入りのデザインなので、着ると気分がよく、お値段の価値あるTシャツでした。

ボタンは、服を捨てる前に回収しよう - 良い服には良いボタンが付いてます -
このTシャツに使われていたボタン、よく見るとぷっくりとした厚みのある、貝ボタン。

天然素材のボタンって、味がありますよね。


1枚のTシャツから、こんなにたくさんの天然貝ボタンが収穫できました。

何年も着たTシャツについていたので、ボタン表面のロゴが、削れて少しうすくなっているものも。

でも、ボタンとしてまだまだ十分使えます。

いざボタンを買おうとすると、けっこう面倒

いざボタンを買おうとすると、けっこう面倒
ボタンって、いざ必要になって買おうとすると、けっこう面倒です。

もちろん、なんでも良いなら、100均やコンビニに売ってます。

白いプラスチック製の、何にでも合いそうだけど、個性がないやつ。

でもそうではなくて、例えば、編み上がったばかりの手編みカーディガンにつけたい時。

お気に入りの布でつくったポーチに使いたい時。。。などなど

手芸好きは、ボタンの雰囲気にもこだわっちゃいますよね。

created by Rinker
ベルアート・オンダ
¥572 (2020/10/25 16:39:20時点 Amazon調べ-詳細)

色や素材、大きさなどを選び始めると、なかなかお気に入りに出会えなかったり

10個、20個と必要な場合は、金額もそれなりに上がります。

それに、手持ちのボタンはいろんな種類があった方が、いろいろ選べて便利だし楽しいです。

服を捨てる前に、ボタンは回収しよう

というわけで、洋服を捨てる前にボタンは回収しましょう

これって、当ブログを読んでくださっている方には、当たり前すぎるお話かもしれません。

わたしにとっても、実はわざわざ言うまでもない、当たり前のことです。

母も、祖母も、やっていたのを見て育っていますし。

でも、それは、わたしが手芸好きだからなのかもしれません

というのも、以前、ひとつ下の妹が服を捨てようとしていた時、

わたしが「そのボタンいいな。。。ボタンだけもらっていい?」と言ったところ

「えっ?ボタンいるの?なら、これから服を捨てる前にはボタンとっておいてあげるね」と言われました。

彼女には「服を捨てる時、ボタンは取っておく」という発想はなかったようです。

同じ環境で育ったのに、人って興味のあることが違えば、

見るポイント、考えることや気がつくことも違うんですよね。

おもしろいです。


さて、お気に入りだったTシャツは、こんな姿になりました。

ボタンは、他のボタンと混ざらないよう、100均のジップ袋に入れて保管します。

Tシャツの布地は、適当な大きさに切って、ウエス(使いすて雑巾)にしました。


古いタオルを切って、ウエスづくりをしているVlog(動画)です↑


洗濯をくり返してクタっとなったTシャツの生地は、表面が毛羽立っています。

これが、ホコリなどを良く拭きとってくれるんですよね。

吸水も抜群です。

最近、またモノを捨てたい欲求が出てきています。

モノってついつい増えちゃいますよね。

おしゃれなエコが世界を救う
>> 『自分の着る服がどこから来て、誰が作ったものか、考えたことがありますか?』
↑いろいろ考えさせられる、おすすめの一冊です。



こうまhttp://koumahandicraft.com
外国人夫とふたり、イギリスと日本で2拠点生活を送るアラフォー女性です。 編みもの(棒針・かぎ針)などの「手芸記事」や、イギリスでの生活やお料理など、実体験を元にした情報をまとめています。>> 詳しすぎる自己紹介

この記事を読んだ人はこんな記事もチェックしています

あえて、目立つ色でほつれを直してみる

写真は、以前1日限りのイベントに出店した際、販売した「リネンのぺたんこバッグ」です。B5サイズくらいの大きさで使い勝手が良く、自分でも使っています。 ...

ほどいて編み直せるのが、編み物の良いところ

先日、ダルマのウールタムで編み始めたニット帽とマフラーは、年内最後の編み物と思っていましたが予定より早く、クリスマス翌日に編み上がってしまいました。 ...

冬用ラフィアバッグの持ち手に、革を巻く

ファーを縫い付けた、冬用のラフィアバッグ 写真は2017年秋に作った冬用のラフィアバッグです。天然のラフィア繊維で編み上げたバッグに、リアルラビットファー...

アップサイクルで、白いトートバッグ

ベトナムへの旅が決まってから、旅行中に使うバッグを作りました。 シンプルなトートバッグです。 ベトナムはスリやひったくりが多いと聞いてい...
- Advertisement -

返事を書く

コメントを記入してください!
お名前を入力してください。

CAPTCHA