More

    戴冠式の週末(コロネーション・ウィークエンド)

    チャールズ英国王の戴冠式が、先週土曜日(5月6日)、無事終わりましたね。

    日本でも大きく報道されていたと、友人などから聞きました。

    戴冠式翌日の新聞 Sunday Times(サンデータイムス)は、もちろん戴冠式一色。

    戴冠式翌日と言えば、兄から日本のテレビ番組を写した5分弱の動画が届きました。

    「戴冠式、日本ではこんな感じで報道されてたよー」と。

    生前の母が同じことを良くやってくれていて、イギリスのことを紹介した番組があれば、それを携帯で撮ってその動画を送ってくれていました。

    「母が生きていたら、きっと戴冠式の報道も、送ってくれていただろうな」と思うと、泣けてきました。

    それにしても親子って不思議。

    教えられたわけでもないのに、同じことをやってるっていうこと、時々ありますよね。

    さて、戴冠式翌日の日曜日(5月7日)。

    前日の肌寒い雨空とは一変し、気持ちの良い春らしいお天気でした。

    外を歩くと、ところどころで道路が封鎖されており、子どもたちなどご近所さんが集まってコロネーション・パーティー(戴冠式をお祝いするパーティー)を楽しんでいる様子を見かけました。

    私たちにも招待状は届きましたが、2人で静かにガーデン・パーティーをしました。

    キッチンで用意したのは、オリーブや生ハム、チーズなどを盛り合わせた前菜プレートに、りんごやビーツ、赤玉ねぎを使ったサラダ。

    1番手前のお皿は、テイクアウトです。

    テイクアウトはケンタッキーフライドチキンから 笑。

    夫のリクエストです。

    夜8時からは、テレビでコロネーション・コンサート(戴冠式祝賀コンサート)を鑑賞。

    ロンドン西にあるウィンザー城で開催されました。

    イギリスの夕焼けは、いつ見てもきれい(昼間は曇っていることが多いけど)

    そういえば日本でも元天皇陛下が即位した年に、皇居前広場でお祝いのコンサートが開かれましたね。

    時々画面にうつるロイヤルキッズがかわいかった

    コンサート鑑賞のおともは、いつものドリトス。

    なんだか大晦日とお正月が来たかのような、楽しい週末でした。

    そして週明け、風邪をひきました。

    「お天気が良いから」とお庭で食事をしたのがいけなかった。

    最初の15分くらいは良かったものの、実はけっこう肌寒かったのです。

    「季節の変わり目は注意しましょう」というのは、こういうことですね。

    1日寝込んだ日には、夫がオートミールでおかゆを作ってくれました。

    卵、ほうれん草、昆布いり。

    ありがたく、おいしくいただきました。

    2 コメント

    1. 旦那様優しい…昆布入れてくれるのがいいね。
      台湾でも報道されてました。報道の人がものすごく寒いって言ってた…。南国台湾人には厳しい寒さなのか。
      こうまさん、ご自愛くださいませ。

      • そうなんです、ロンドンはまだ肌寒い日が続いています。
        先週はお天気の良い日が多くて、やっと春が来た!と思ったのに、今週は雨と曇り続きでした。
        ともこさん、ありがとうございます。
        ともこさんの身体はもうすっかり台湾の暑さに慣れているとは思いますが、体調に気をつけてお過ごしください。

    返事を書く

    あなたのコメントを入力してください。
    ここにあなたの名前を入力してください

    CAPTCHA


    最新記事

    タグ一覧