ユニークな看板や古物マーケットを楽しめる、コヴェント・ガーデン(ロンドン)

Covent Garden(コヴェント・ガーデン)

以前は、ここで野菜が作られていた


ロンドン中心部の観光地として人気のコヴェント・ガーデンは、世界中からやってきた人たちでいつも賑やかです。


今は雑貨屋さんやレストランなどで賑わうコヴェント・ガーデンですが、中世の時代、ここには野菜畑が広がっていたそうです。

ロンドンの住人が食べる野菜類はこのコヴェント・ガーデンで作られていた。(引用元

その後、フードマーケット(食品市場)に発展し、フラワーマーケットも始まります。マーケットで売買される商品は、近くを流れるテムズ川で運搬されていたそうですよ。



たくさんのお店が集まる、人気の観光スポット


現在のコヴェント・ガーデンには、色んな雑貨屋さんやカフェ、レストランが集まっています。


おしゃれな石けん屋さん。


「VENCHI」というジェラート屋さんには、(イギリスではあまり見かけることのない)長い行列ができていました。


世界中から観光客が集まる場所ですので、「THE!イギリス土産」なものも売っています。



買い物だけじゃない、コヴェント・ガーデン


周囲をレストランに囲まれた小さな広場では、生演奏が。演奏を聴いていると帽子や箱を持ったミュージシャンの仲間が「演者にお心付けをお願いします」と話しかけてくるかもしれません。楽しませてもらった気持ちを帽子の中に入れましょう。


この日は手品のおじさんが、お客さんの男の子を巻き込んでパフォーマンスを披露していました。コヴェント・ガーデンの敷地内だけでなく、その周囲の路上にもストリート・パフォーマー(大道芸人)がいるので、見かけたらちょっと足を止めてみてはいかがでしょう(パフォーマンスを見る時、スリには充分注意してくださいね)。

お店の看板がユニーク


コヴェント・ガーデンに行ったら、お店入口の上の方をチェックしてみください。


日本ではあまり見かけないタイプの看板が下がっていて、看板を見ながら歩くだけでもけっこう楽しめます。写真はタバコ屋さんの看板。


紙でできた劇場のおもちゃが並ぶ「ベンジャミン・ポロックス・トイ・ショップ」の看板。


パブ(イギリスの居酒屋さん)の看板。



アンティーク&ハンドメイドマーケット


コヴェント・ガーデン内には「APPLE MARKET(アップル・マーケット)」という小さなマーケットがあり、毎日開催されています。


マーケットには、銀食器、ハンドメイド品、絵画、活版印刷用の活字など色々なものが売られています。買ってくれそうなお客さんがいない時は、新聞を読んでいる店主ののんびりした感じも、なんだか良い雰囲気です。


アップル・マーケットのすぐ近くには、「Jubilee Market(ジュビリー・マーケット)」もあり、こちらの方が大きなマーケットです。古い建物の1階に古いものを売る小さな屋台がギューっと詰まっていて、1つ1つ見て歩いていると結構あっと言う間に時間が経ってしまいます。

ジュビリー・マーケットは毎日開かれていますが、曜日ごとに内容が変わります。月曜日はアンティーク・マーケット、火曜〜金曜日はお土産物、ピクニック用品、グリーティングカードなど色んなものが集まるマーケット、土日にはアートやハンドメイドなどのクラフト品のマーケットが開かれるので、気になるマーケットの曜日を選んで訪れてみてください。


ジュビリーマーケットのある屋台では、日本の浴衣が売られていました。手に取って見てみたら、昔ながらの方法で手縫いできちんと縫われたものでした。どこの国のどんな人が買っていくのでしょうね。

充実した手芸売場があるジョン・ルイス(JOHN LEWIS/オックスフォード・ストリート)や、リバティプリントで有名なリバティ(LIBERTY)は、コヴェント・ガーデンから歩いて20〜30分の距離にあります(もちろん地下鉄やバスでも行けます)。
>> ロンドンでユザワヤ的なお店を探すなら、John Lewis の手芸売場がオススメ





こうまhttp://koumahandicraft.com
当ブログ開始から2021年7月まで「こうま」として書いていました。以降、本名である「FUMI」としてブログを更新しています。 1979年生まれ。編み物などの手芸が大好きです。31歳で台湾留学→シンガポール移住→イギリスと日本の2拠点生活中。

あなたにおすすめの記事

最新記事

大きめ?小さめ?「靴下のえらび方」を 手編み靴下から考える

先日、Amazonで靴下を買いました。 足首丈の靴下、クルーソックス?というのでしょうか。 靴下やタイツなどを得意とする、ドイツのFALKE(ファルケ)というメーカーのものです。 日本でも、一部の人に人気ですよね。 靴下のサイズ選びに迷う これを買う時、サイズ選びに困りました。 選べるサイズは、日本でいう「21.5〜24.0cm」または「24.5〜27cm」の2種類。 私の靴のサイズは24.5cmなので、一応「24.5〜27cm」に入るのですが、ここで迷いました。 というのも、以前「デザインがシンプルで気に入った」という理由で、 メンズの1番小さいサイズの靴下を買ったことがあるのですが、 大きすぎてかかとが合わず、失敗した経験があるのです。 せっかく買ったので、しばらくは履いていましたが、かかとが合わないと気持ち悪くて。 ニット地で多少伸びるので「『21.5〜24.0cm』を買って、かかとをぴったり合わせた方がいいかな」 と思った直後、手編み靴下のことを思い出しました。 靴下は「かかと&つま先」に穴があきやすい ウール糸で編んだ靴下にあいてしまった穴を、ダーニングで直した時の写真です↑ >> ウールの手編み靴下は穴が開きやすいけれど、ダーニングできれば安心 化学繊維が適度にブレンドされたソックヤーンにくらべると、 ウール100%の糸で編んだ靴下は、どうしても負担のかかりやすい「かかとやつま先」に穴が開きやすいんですよね。 (私の場合、つま先に穴が開くことは滅多になく、ほとんどがかかとです) 小さめの靴下を履く ↓ ニット地(靴下)が伸ばされて薄くなる ↓ 穴があきやすくなる。 大きめの靴下を履く ↓ ニット地の伸びが少なく、かかととつま先にはむしろ余裕がある ↓ 穴があきにくい。 ...ということで、大きめサイズ「24.5〜27cm」を買いました。 少しかかとが余る感じはありますが、気にならない程度。 もう10回近く洗濯しましたが、色も風合いも変わらず、快適にはけています。 後日、靴下のプロ?も同じようなことを言っているサイトを見つけました。 >> 靴下について知ろう(外部サイト) 「ある程度余裕があって靴下が動いてくれたほうが長く保てるわけなんですよ。」(引用元) 「踵が破れたりとかつま先が破れたりとかするのは、 たいてい靴のつま先の部分に余裕がなかったり、 自分の足のサイズより小さい靴下を履きすぎてるみたいな話で。」(引用元) 上記サイトには、靴下について知っておいて損はない情報が書かれているので、 気になる方は、のぞいてみてください。 これからも「迷ったら、靴下は大き目を選ぼう」と思います。 ■ほぼ即納■ <※180枚限定※ 3枚購入&クーポンで1枚455円!> 暖かい 裏起毛 タイツ レギンス お腹周りまで暖かい 楽天1位...

ゴム編みとメリヤスのシンプルマフラー(編み方メモ)

ほどいたウールカシミヤの糸で、マフラーを編みました。 メリヤスの編み地をゴム編みでぐるりと囲んだ、ごくシンプルなデザインです。 裏はこんな感じ↑ 最初の予定では、マフラーの両端、メリヤス部分に、かのこ編みの正方形のポケットをつける予定でした。 でも、毛糸の量が足りずに断念。 マフラー両端にポケットがついていると、手袋を忘れたとき、そのポケットで手を温められるので便利ですよね。 マフラーを編みはじめる前は、いつもどおりスワッチ(編み地サンプル)づくりから。 ゴム編み×かのこ、ゴム編み×メリヤス、ゴム編みだけ、 など、いくつかのスワッチを編んで検討し、ゴム編み×メリヤス編みの編み地に決めました。 編み針は、以前旅の途中で買ったクロバーの輪針です。 ここ数年、棒針編みは輪針ばかりです。 棒針キャップとかしなくても、保管時に目が針から落ちたりしないし、持ち運びに便利ですよね。 ミラノ巻きにしてみました。 マフラーの表側(メリヤス表目)と、裏側(メリヤス裏目)の両方がみえて、良い具合に表情が出てくれました。 今年の冬は、このマフラーをフル活躍させます。 最後に、自身の備忘録用に編みものメモを残しておきますね。 編みものメモ ◎マフラーサイズ 32cm × 191cm くらい ◎毛糸 & 編み針 ・ Debbie Bliss(デビーブリス)Fine Donegal 2本どり ・ クロバー 匠 輪針-S 40cm 9号 >>この針の使用感 ◎ゲージ メリヤス(10cm四方)19目×23段 ◎編み方 作り目:61目 表段:(裏目,表目,表目)×20回、裏目1目 *ゴム編みの高さが6cmになるまで続ける *メリヤス編みに移る前に、この時点での編み地の重さ(編み針のぞく)を測り、同じ重量の毛糸を反対端のゴム編み用にとっておく 表段:(裏目,表目,表目)×6回、裏目1目、表目(メリヤス編み)24目、(裏目,表目,表目)×6回、裏目1目 *メリヤス編みが179cm(または希望の長さ)になるまで編む 表段:(裏目,表目,表目)×20回、最後は裏目1目で終わる *ゴム編みの高さが6cmになるまで続ける 最後は、伏せどめをし、糸端処理をして完成。 【スーパーSALE特価】\楽天ランキング1位/...

いつもは考えないことを 考えさせられた本 2冊

わたしには「これがあれば、毎日ごきげんで過ごせる」というものが3つあります。 手芸(とくに編みもの)、本、コーヒー です。 まあもっといえば、人生のパートナーである夫もそばにいてほしいですし、 コーヒーのお供であるチョコレートも必要ですが。 そんなわけで、編み物と同じく、読書は毎日。 3分程度のすきま時間でも、1日の中でちょこちょこと読んでいます。 最近読んだ本で、 「いつもは考えることのない」ことに触れるきっかけとなった本がありました。 それが、この2冊です。 中山七里さんの小説『護られなかった者たちへ』と 鈴木伸元さんの新書『加害者家族』。 『護られなかった者たちへ』中山七里 著 小説『護られなかった者たちへ』は、 震災後の復興途上にある仙台の福祉保健事務所で、生活保護申請を担当する所員やその上司が殺害される という物語です。 この小説を読んで「生活保護」という言葉や、 数年前にニュースでよく見かけた「不正受給の問題」については浅く知っていたものの、 「生活保護」というものについて、何も知らなかったということに気がつかされました。 生活保護という制度上の問題、 必要としているのに生活保護にたどりつけない人たち、 一方で同じ財源(税金)で護られている人たち。。。 作品はフィクションですが、小説としてのストーリーを楽しみながらも、 普段考えることのなかったことを考えてみるきっかけをもらいました。 『加害者家族』 鈴木伸元 著 もう1冊は、鈴木伸元さんの新書『加害者家族』です。 ニュースなどでは取り上げられることの少ない、加害者側について知ることのできる1冊です。 親や子ども、兄弟や配偶者、親戚が犯罪者となった時、その家族に何が起こるのか。 有名事件の事例など、実際に加害者家族となった人へのインタビューと共に、実例が紹介されています。 事件を起こした本人は、塀の中で守られている一方、 その身内は一夜にして変わってしまった環境の中で、生きていかなければいけない現実。 また、加害者家族になる可能性は誰にでもあるということ。 (筆者は、「自分の身内が殺人などの罪を犯すとは想像できないという人でも、身内が(あるいは自分が)交通事故を起こしてしまうかもしれないという恐怖は、少なからずあるのではないだろうか。(『加害者家族』より)」と述べています) 生きている限り、決して他人事ではなく、こちらも考えさせられる1冊でした。 どちらの本も、アマゾンのkindleunlimited(キンドル・アンリミテッド)で読むことができます。 >> Amazon キンドル本読み放題 30日間無料でお試し ダンボールサイドベンツパーカー 新色追加 大人カジュアル パーカー フード 前後2WAYプリントワンピース 【TIME SALE!25%OFFクーポンご利用で1,890円】裏起毛ストレッチスキニーデニムパンツ

ウールカシミヤで編んだセーターをほどく

毎年なにかしら「ほどいて」いますが、今年も「ほどき」ました。 >> 他にもほどいた市販のセーター,セーターほどきは結構はまります ほどいたのは、↑このセーターです。 (実は、このセーターもほどいた毛糸で編んでいて、前はこのカーディガンでした。) たしか2019年〜2020年の冬に編んだと思うのですが、どうだったかな。 編みあがった時、ブログに書いたつもりでしたが、記事を探してみたら書いていなかったようです。 もうほどいてしまったセーターですが、自身の記録用に、編み終えた時の写真を載せておきます。 ボートネックで素敵なデザインだと思うのですが、着ると私には似合わない気がして。。。 このままタンスの引き出しにしまっておくよりも、早めにほどいて他のものを編んだほうがいいと思い、ほどいて毛糸玉にすることにしました。 編んだものをほどく時、最近はもっぱらこの方法、写真のように自分の膝を使って、ほどいた毛糸をカセにしています。 かせくり器を使っていたこともありますが、これで十分こと足りてしまいます。 具体的なやり方ですが、 糸端を片方の足の小指に、グルグルと数回巻きつけて固定し、 その毛糸をそのまま膝のほうに持ってきて、毛糸(セーター)をほどきながらほどいた毛糸を、間隔をあけた両膝にグルグルと巻きつけていきます。 両膝にかけた毛糸の束が適当な量になったら(または毛糸が切れたところで)、 毛糸の束を(下の写真のように)別糸で2箇所結んでから膝から外します。 ↑ほどいてカセにしたばかりの毛糸です。 ↑スチームアイロンをあてて、くせをとった毛糸です。 ラーメンのようだった毛糸のくせが取れたので、これでまた他のものを編めるようになりました。 でも、カセの状態のまま編みはじめてしまうと、すぐに毛糸がからまってしまうので、これを毛糸玉に巻かなければいけません。 毛糸玉にする方法は、以前ご紹介した通りですが、 毛糸玉をつくる際、カセを固定するのに良いものを見つけました。 写真のようにキャンドルホルダーが、ちょうどよく使えました。 かせの長さに合わせてキャンドルホルダーの間隔を変えられるので、便利でしたよ。 さて、今回ほどいたこの毛糸でマフラーを編みました。 それについては、また今度書きますね。 パンツ S/M/L/LL 伸びる あったか 裏起毛パンツ[スリムフィット] 【クーポン利用で2990円】発売開始で5000枚突破!セットアップ スカート レディース 上下セット【送料無料】宅込 レザージャケット 革ジャン レディース アウター 送料無料・11月29日10時〜再販。

崎陽軒の真空パック シウマイ 海外発送できるとは!

イギリスの自宅に、日本から小包が届きました。 開けてみると、なんと横浜崎陽軒のシウマイ! 「なんと」と言ったのは、「シウマイって海外に送れるんだ」という驚きからです。 真空パック商品で、「気密性容器に密封し、加圧加熱殺菌しています」とはいえ、 お肉なのに。。。 海外発送できるんですね。 これを送ってくれた友人は、自分で(紙袋に入れて)梱包し、郵便局から発送してくれていました。 小包に添付されたインボイス(海外発送時に必要となる、税関や検査のための書類)には、「FOOD」とあります。 わたしの経験だと、食品を海外に送る時「FOOD」では通らず、郵便局員に「具体的な食品名を記載してください」と言われたと思うのですが... 夫(イギリス人)も「イギリスもよく受け入れたね」と驚いていました。 そんなわけで、「崎陽軒の真空パックシウマイは、海外発送できるんだ!」ということを知らずに驚きましたが、これは嬉しい贈り物でした。 amzn_assoc_ad_type ="responsive_search_widget"; amzn_assoc_tracking_id ="erulla-22"; amzn_assoc_marketplace ="amazon"; amzn_assoc_region ="JP"; amzn_assoc_placement =""; amzn_assoc_search_type = "search_widget";amzn_assoc_width ="auto";...

軽量コンパクトなブラシ、つげ櫛のお手入れ

つげ櫛のお手入れをしました。 定期的におこなっている、つげ櫛のお手入れ。今では何も考えずに手が動きますが、最初におこなった時は、専門店のウェブサイトを参考にしました。 専門店(専門家、職人さん)ごとに、ちょっとずつ紹介しているお手入れ方法が違い、調べはじめた時は少しとまどいましたが、比べてみて自分が「いいな」と思う方法でお手入れしています。 ティッシュペーパーに椿油をつけて、つげ櫛を拭きます。 くしの歯の間は、油をつけた歯ブラシでおそうじ。 歯ブラシを上下させると、歯と歯の間にかくれて見えなかった細かな汚れが油と一緒になって、外にでてきてくれます。 あとは、何もつけていないティッシュペーパーで、余分な油を拭きとれば、お手入れ完了です。 10年ほど前から、ずっとアヴェダのパドルブラシを使っていました。 お風呂に入る前だけでなく、朝晩や気がついた時などに使うと、頭皮が気持ちよくてすっきりするんですよね。 でも不満な点がありました。 ブラシのサイズが大きいのです。ミニもありますが、それでも結構かさばる。 これまでの日本とイギリスの2拠点生活に加え、(自己紹介ページでも書いていますが)コロナが終息したら「もっと移動のある生活を」と考えているので、持ち物はできるだけ軽くて小さいものを選ぶようにしています。 で、ずっとこのアヴェダブラシの代わりを探していました。 ここ2〜3年、いつも気に留めていて、いろいろと見たものの「これ」というものを見つけられず... そうしたら、ありました、持っていました。「灯台下暗し」?とはちょっと違うかな… とにかく持っていたのに、その存在を忘れていた、気がついていませんでした。 このつげ櫛は、亡き祖母の鏡台を整理していて見つけたものです。 つげ櫛は、ずっと若い頃に母から買ってもらったこともあるし、祖母も母も使っていて、わたしにとって身近なものです。 ...でも、考えてみたら、身近だったのは子どもの頃で、大人になってからはその存在を忘れていたようです。 祖母のつげ櫛を手に取り、その場で頭皮をマッサージするように髪をとかしてみたら、気持ちいい! しかも、薄くて軽い! 折れたつげ櫛は、さらにコンパクトなので、外出時に便利です。 ずっと探していたものが、こんなに近くにあったとは。 クーポン利用で2780円!【宅配便送料無料】ニット カーディガン 羽織 ロング アウター】 <クーポン利用で2,010円> スカート プリーツスカート ウール混 ブラック ホワイト 黒 白 カーキ 《...

コメント

  1. お洒落ですねえ。看板まで日本と本当に違います。
    確かにお店の従業員の人たちの働き方とかはあまりに日本と違うから
    正直ビックリだけど、こういうお洒落な感じは日本にはない。
    次女がイギリスで購入した洋服も凄く日本にはない生地とデザインでお洒落でした。
    と言う事はやっぱり糸もお洒落なんでしょうね。

    今靴下編んでます。
    なかなか目が揃うって事もないしガタガタだけど
    本当に楽しい。立体的に形になっていく所がたまらんですね。
    後、林ことみさんの本の基本の靴下を編んでいるのですが
    トゥの部分の右上二目一度がいつもの私の編み方と違う?
    と思って何これ????って調べてみたらどうやら
    海外の編み方?SSK??よくわかんないけどそんな感じみたい。
    多分そうおそらくそう。いやあ読んでたら何か違うのを急にぶっこまれて来たから
    結構な驚きでした。

    • 日本の糸も素敵ですけど、イギリスにもおっしゃる通り素敵な糸がたくさんありますね。
      でも今度のイギリス滞在ではまだ毛糸屋さんに行っていないのです。(日本にある)中途半端な毛糸が気になって、新しい毛糸が気になるものの、買う気にもなれず。
      帰国したら、その中途半端毛糸でひたすら靴下でも編もうかな。

      右上二目一度、そうなんですね。私は気がつきませんでした。
      ほんと「立体的に形になっていく」のは、編んでいて楽しくなるポイントですよね。

      今年の冬は手編み靴下がpianomamaさんの足下をあっためてくれそうですね!

  2. ネットでヴォーグ社の最新の編み目記号の本を
    立ち読みしたらもう一つの右上二目一度みたいに書かれてた思います。
    私の本には当然そんなものはありません。
    結構なジェネレーションギャップ。
    ドンドン海外の編み方身近になっていくだろうな。
    足のサイズが本当に小さいので(21.5子供ですよね?笑)
    手作りが上手くいけば重宝するはずです。

    • 編み物の世界も変わっているんですね。私に編みものを教えてくれていた祖母が生きていたら驚くだろうな。
      最初の靴下ができあがるの、楽しみですね。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA