ゴールド スークなど、ドバイの伝統的市場を歩く

ドバイの市場「スーク」には、3大スークと呼ばれる「ゴールド」「スパイス」「ドバイ オールド」スークがありますが、3大スークの周りには「キッチン用品スーク」「ハーブスーク」など小規模スークがいくつもあります。

今回は、メトロ・ゴールドスーク駅からスタートし、ゴールドスークとその周辺スークなどを歩いてきました。

予期していた声かけ(客引き)は、お店屋さんからは「こんにちは」と日本語で声をかけられるよりも、中国語で話しかけられることが多かったです。

またお店屋さんからの声かけより圧倒的に多かったのが「(偽)ブランド時計やバッグありますよ」という声かけ。

失礼にならないように気をつけながらも、はっきり「いりません」と強く言わないと、いつまでも声をかけながら着いてくる人もいました。

あちらも商売ですし、これもスークならではの良い体験でした。

メトロ「ゴールド スーク」駅(Gold Souq Station)

メトロ グリーンライン GOLD SOUK(ゴールドスーク)駅のホーム。サンドカラー(砂色)がアラブっぽい
目的のゴールド スークは、出口2へ

メトロ駅から歩いて、ゴールド スークへ

ゴールドスーク駅2番出口を出たら、反対側に歩いて行きます。

歩道脇に突然現れる体重計。台湾にもシンガポールにもあったな。
少し歩くとゴールドスークへの案内表示に出会います。

ゴールドスーク周辺

先日ショッピングモール内にある「屋内スーク」は体験したものの、ほんとの?スークは初めて。

ドバイの屋内スーク「カーン ムルジャン スーク」(KHAN MURJAN SOUK)

駅からゴールドスークに向かって歩いてきて、目に飛び込んできた景色に、「これって・・・」

「ナイトマーケット!台湾でよく行った夜市だ!」

「スーク」はアラビア語で「市場」。夜に行ったから「夜市」。

当たり前なのですが、頭では分かっていたけど、実物を目の前にするまでは「スーク」と「台湾夜市」が結びつかなかった。

台湾で出会った夫とは、台北の「通化街(トン フォア ジエ)」夜市によく行きました。最初のデートも通化街だったな。

そんなことを思い出しながら、ゴールドスーク入口に到着。

ゴールドスーク

トレイに冷たい飲み物を入れて、歩きながら販売するお兄さん
冷たい飲み物があれば、テーブル&イスのスペースは、立派なカフェに
脇道もおもしろい
ドバイの公衆電話

キッチン用品スーク(Utensils Souq)

ハーブスーク(Herbs Souq)

ハーブスークは、台北の「迪化街」を思い出させます

グランドスーク「デイラ」(Grand Souq “deira”)

グランドスークは、洋服やお土産品、スパイスやハーブなど色々売ってる、デパート的スークでした。

ドバイ オールド スーク(Dubai Old Souq)

木製ボート「アブラ」でクリーク(川)を渡り、反対側(Sharif DG駅側)にある「ドバイ オールド スーク」へ。

(アブラ乗船の様子は、次回記事でご紹介します)

すでにいくつかのスークを見た後で、正直「どのスークも似たり寄ったり」という気持ちだったため、メトロ駅へ向かいながらサクッと見学。

クッションかわいい。。。けど持って帰るの大変そう
観光客も歩けば「ラクダのぬいぐるみ」に当たる。。。というくらい良く見かけました

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA