暮らし 海外生活でホームシックは当...

海外生活でホームシックは当たり前 – ホームシックの症状と10の対処法

ホームシックになりました。

今朝、起きたら突然です。

海外生活を始めて、今月でちょうど10年。

ホームシックは初めてではないのですが、久しぶりだったのでちょっと戸惑いました。

だいぶ落ち着いたので(同日夕方にこの記事を書いています)、ホームシックについて書くことにしました。

当記事では、わたしのホームシック体験談や、

10年間の海外生活で学んだ、ホームシックへの対処法についてお伝えします。

「ホームシックにかかったかも?」という海外に住んでいる方に向けて書いた記事です。

海外生活でのホームシックは当たり前

今この瞬間、なんだか心がザワザワして「ホームシックかも?」と思っている外国で暮らしているあなた。

まず最初にお伝えしたいのは、海外生活とホームシックはセットです。

2つでひとつ、切っても切りはなせない、くされ縁のようなものです。

海外で暮らしている人みんなにアンケートをとったわけではありませんが、

多くの海外在住者が、1度はホームシックを味わったことがあるのではないでしょうか。

そして、ホームシックはある日突然やってきます。

それは朝かもしれないし、昼かもしれないし、夜かもしれません。

(わたしは、いつも朝です)

決して、自分が弱いからではありません。

「でも、同じように海外で暮らす日本人友だちは、ホームシックとは無縁みたい」

という声が聞こえてきそうです。

みんなわざわざ言わないだけです。

ホームシックとは思わずに、ただブルーな日と思い、乗り越えた人もいるでしょう。

現在ホームシック中の方に、どうしても伝えたいので、くり返しますが、

海外で暮らしていてホームシックにかかっているのは、あなただけではありません

あなたの心が弱いわけでもありません。

安心してくださいね。

わたしのホームシック体験談

今朝、突然ホームシックになりました

わたしのホームシック体験談 | 今朝、突然ホームシックになりました
今朝、起きたらホームシックにかかっていました。

ホームシックの前ぶれ

今思えば、ホームシックの前ぶれは、数日前からありました。

  • 朝起きた時に、心がざわざわする
  • ヤフーニュースで、やたらと日本の情報に触れたがる
  • やる気がおきない & 疲れやすい

今朝も、目が覚めた瞬間に、心のざわつきを感じました

言葉で説明しにくいのですが、心が重いというか。。。

毎朝やっているヨガで、基本ポーズをとりながら「大丈夫、大丈夫」と心の中で自分に語りかけ、

朝食を食べる頃には、元気になったように感じていました。

ところが、朝食を食べ終わったあと、ものすごい脱力感がおそってきました

1時間ほどゆっくりしていたのですが、良くなるどころか、涙が出てきます。

この涙の理由はわからないんです。

なにか悲しいことがあったわけでも、具体的な不安があるわけでもありません。

わけもわからず涙が出る。。。

ベッドで少し休みたい気分でしたが、お散歩にでて気分転換をはかることにしました。

それでもダメなら、昼間だろうとかまわずに、ベッドで休もうと決めていました。

夫とお散歩しながら、おしゃべりをしている時に、はっと気がつきました。

「この感じ、経験ある。」

これ、かなり久しぶりのホームシックだ」と。

海外生活、まる10年。

ホームシックの経験はそれなりにあるので、それと気がついてしまえば、もう大丈夫。

自分なりの対処法を知っているので、それを実行するだけです。

(その対処法については、この後ご紹介します)

実際、今朝始まったホームシックは、

夕方の今、だいぶ良くなり、明日は99%大丈夫。

(だいぶ良くなったというのは、心の重さがとれて、頭もスッキリしてきた感じです)

きっかけは、たぶん帰国便の再開

きっかけは、たぶん帰国便の再開
少し落ちついてきて「なぜ、今だったんだろう?」と考えてみました。

心当たりがひとつありました。

最近、わたしが使っている航空会社が、コロナで停止していた日本便を再開すると発表したのです。

これで、航空会社に電話して席を予約するだけで、いつでも日本へ帰れるのです。

実際は、外国人である夫はまだ入国できないし、

わたしも、空港近くのホテルなどで14日間の自主隔離をしなければいけないので、

帰国はまだ見送っています。

でも「いつでも帰れる」というのは、「ここにいなければいけない」という状況ではなくなったということ。

精神的に、ちょっとホッとしたというか、つっかえが取れたような感じがあります。

今回のホームシックは、おそらくこれがきっかけになったのだと思います。

ホームシックになった時の 対処法10個

ホームシックになった時の対策、対処法は人それぞれです。

ホームシックの経験が増えれば増えるほど、自分なりの対処法がわかってきますが、

はじめのうちは、どうしたらいいのかわからないと思います。

(10年前、海外生活を始めたばかりのわたしがそうでした)

ホームシックになった時の、わたしの対処法をお伝えします。

色々試してみるのが一番だと思うので、良さそうだと思ったら、ぜひ試してみてください。

1) 誰にでも起こる可能性があると知っておく

これは、とても効果があります。

だからこそ、わたしも記事の最初にお伝えしました。

これを知っておくだけで、実際にホームシックになった時の衝撃の大きさが違います。

「おっ、来たな。これがホームシックってやつか」と思えるだけで、心の重さがだいぶ違います。

これから海外生活を始める方は、当記事や他の記事などを読んで、ホームシックになった時の準備をしておいてください。

(何しろ海外生活とホームシックはセットですから)

次の2〜10は、ホームシックになってしまった時にすることです。

2) 日本の家族や友だちの声を聞く

日本の家族や友だちの声を聞く
メールやラインなどのメッセージでも良いのですが、

ホームシックにかかってしまった時には、声を聞ける電話やビデオ通話ができるといいですね。

台湾留学をしていた10年前、大きなホームシックにかかりました。

当時は、今ほどネット通話が発達していなかったので、国際電話で日本の母に電話をしました。

なんてことのない、5分弱の会話です。

それでも、今もその電話をした時の光景や、会話の内容をはっきりと覚えています。

それくらい、ホームシックの時に聞く大事な人の声って、大きなパワーを持っています

3) 身体を動かす

おすすめはお散歩です。

走るのが好きな人なら、ジョギングもいいと思います。

歩いたり走ったりする時、人は前にしか進みませんから(後ろ歩きとかもありますが)

前に向かって歩いているだけで、気持ちも晴れて前向きになっていくことは良くあります。

4) スーパーに買いものに行く

スーパーに買いものに行く
近所のスーパー(コンビニ)に行って、現地でしか買えないおいしいものや、

かわいいパッケージのものを買いに行くんです。

いつも買うものではなく、買ってみたことのないものを選んでみます。

もちろんスーパーでなくてもいいのですが、行くのも買うのも、スーパーなら気軽にできますよね。

5) いつもとは違うことをする(気分転換)

これも、スーパーに行くことと似ているのですが、

こちらは、もう少し強い気分転換が必要な時に試してほしいことです。

例えば、ちょっとぜいたくしてエステでマッサージを受けてみるとか、プチ旅行に出かけてみるとか。

わたしは、台湾で大きなホームシックにかかった時、授業を休んで1泊2日の旅に出ました。

6) 現地の友だちとお茶する

すでに現地に友達がいるなら、お茶しながらおしゃべりしましょう。

自分がホームシックにかかっていることは、言っても言わなくてもいいです。

たわいないおしゃべりをしているだけで、心が軽くなっていくことは良くあります。

でも、ひょっとしたらその友だちもホームシックの経験があるかもしれません。

経験がなくても、同じ海外で生活するもの同士、わかりあえることがたくさんあると思います。

7) 好きな歌を聞く

自分の好きな歌手の曲でもいいですし、

YouTubeで「元気になる曲」などと検索すると、たくさんの曲がヒットします。

ホームシックの時には、名曲の歌詞にとても元気づけられます。

8) 泣く

泣く
もしも涙が自然に出てきてしまったら、ラッキーです。

泣きたいだけ、泣いてしまいましょう。

そのあとはかなりスッキリします。

ただし、ホームステイなど一緒に暮らしている人がいたり、誰かと一緒にいる最中なら、

「ホームシック中」であることを相手に伝えましょう。

そうでないと、周りの人は心配してしまいます。

わたしもそうだったのですが、つい「大丈夫、気にしないで。なんでもないから」などと言ってしまったりしまませんか?

でも、目の前の人が泣いていたら、それは大丈夫でもなんでもないですよね。

見ている人は、ワケがわからず、困ってしまいます。

ホームシックだとわかれば、あなたの話を静かに聞いてくれたり、肩をだいてくれたり、

きっと優しく対応してくれると思いますよ。

9) ネットで、ホームシック体験談を読む

「自分だけじゃない」

「みんなホームシックでつらい思いをしてるんだ」

と思えるだけで、心はぐんと軽くなります。

わたしもホームシック初心者時代、ネット上のホームシック経験談を読みあさりました。

10) 寝る

ホームシックの症状が出たのが夜なら、その日は早く寝てしまうのも良い方法です。

ホームシックでなくても、寝て起きたら気分がすっかり変わっていることってありますよね。

わたしの場合、なぜかホームシックの症状が出るのは朝なので、この方法はなかなか使う機会がありません。

気分がすぐれないからといって、昼間からベッドに入ってしまうと、症状が改善されないまま1日が終わってしまいます。

そのため、わたしは1〜9のことを試して、それでもダメなら寝てしまうという最終手段として用意しています。

まとめ

まとめ - ホームシックの症状と10の対処法
わたしのホームシック経験談や、ホームシックの対処法をご紹介しましたが、

ホームシックの症状やその改善法は、本当に人それぞれだと思います。

わたしの経験上ですが、

ホームシックは突然やってきますが、自分なりの対処法できちんと対応してあげれば、それほど長くは続きません

ホームシックにかかってしまったら、心配せず、その日はゆっくりのんびり過ごしてください。

その日に予定していた、やらなければいけないことは、できれば明日やりましょう。

無理にがんばって、翌日もホームシックのままだったり、

症状が悪化してしまったら、もっと大変です。

1度ホームシックにかかると、その経験が未来の自分を救ってくれます。

どんな症状が出て、どんな気分になるのか。

どうやって対処して、どれくらいでホームシックがなくなるのか、予測できるようになりますから。

海外生活とホームシックは、くされ縁。

どうせ付き合わなければいけないなら、上手に付き合っていきましょう。

もしも今、海外の部屋でひとり、ホームシックにかかっていてどうしようもないなら「ホームシックです」とコメントください。

大したお返事はできませんが、そんなやりとりだけでも、気分転換になるかもしれません。

こうまhttp://koumahandicraft.com
外国人夫とふたり、イギリスと日本で2拠点生活を送るアラフォー女性です。 編みもの(棒針・かぎ針)などの「手芸記事」や、イギリスでの生活やお料理など、実体験を元にした情報をまとめています。>> 詳しすぎる自己紹介

この記事を読んだ人はこんな記事もチェックしています

イギリスでコロコロは 掃除より洋服用 – 掃除用を買うならMUJIがオススメ

日本では、簡単に買うことのできるコロコロ(カーペットクリーナー)。 イギリスでは、そう簡単ではありません。 もちろんコロコロ自体は売っているのですが...
- Advertisement -

6 コメント

  1. わかります!私は台湾留学わずか1週間で極度のホームシックになりました。現地の言葉がわからない上に、留学したのが冬で毎日シトシトと雨が降るどんよりしたお天気だったのもあると思います。(台北の冬はこんな感じとは知らなくて、1年中太陽が照りつけてると勘違いしていました)
    母や友達に電話しても、涙をこらえるのが大変でした。好きで来た台湾なのに誰にも強制されてないのに、情けないやら、悔しいやらで、半年したら帰ろうと心に決めて頑張りました。季節が春になる頃、いつの間にかホームシックは無くなっていましたが。。。思い返したら、こうまさんの書かれた方法を知らずに実践していましたよ。
    イギリス生活はまだしばらく続くようですので、イギリスでのブログやYouTubeの投稿楽しみにしています!

    ところで素朴な疑問。イギリスは紅茶が有名ですが、ご主人もこうまさんも飲まないのですか?

    • ともこさん、こんにちは。

      確かに、お天気も関係ありそうですね。
      わたしも台北の冬には驚きました。
      寒くないのだと思ったら、10度以下の日も普通にあったりして。

      「好きで来た」。。。ほんとそうですよね。
      だからこそ、日本の家族や友人に弱音がはけなかったりして。

      情けなさ、悔しさ、わたしもたくさん感じました。
      そうやって、少しずつ海外生活筋?が強くなっていってるんですよね。

      イギリスでのブログやYouTube投稿、見てくれる人がいると思うと頑張りがいがあります。
      そうやって言ってもらえると、とても嬉しいです。

      紅茶ですが、夫は飲みます。
      でも、わたしはほとんど飲まないのです。
      飲めないことはないのですが、体調によっては車酔いしたような症状が出るのです。
      ともこさん、確か紅茶を勉強したことがあるんですよね?

  2. 次女も大学の時の留学の時にかなりキツイホームシックにかかったようです。
    何しろ全く言葉も通じないし、行きの飛行機の乗り方もイマイチわからない。
    そして向こうの大学は聞きますと車がないと移動が出来ないほど馬鹿でかいし。
    本当に最初はきつかったようです。それを乗り越えたら少し楽になったようなんですが。
    食生活も全く違いますし、考え方もやっぱり違いますもんね。

    ホームシックじゃないけど私も娘のパートナーが外国の方という事で最初は非常に戸惑いましたし
    今でも???って思うこともなくはないですが、その辺りはお互いに歩み寄ってという所です。

    内の主人は和歌山でも相当田舎の出身で高校の時に
    親と離れて寮に住みだしたらしいのですがその時は相当キツイホームシックにかかったみたいです。
    やはりみんな経験するんですね。
    私自身はあまり自慢じゃないけど外に出ることがなかったから
    ホームシックというものがどれなのかしらと改めて考えたら
    結婚して子供を産んだ時に無性に実家に帰りたくなりました。
    残念ながら主人はとても厳しいその時は人でしたので
    帰るに帰れなくてとても寂しかったですね。考えてみれば相当若かったですし。(24歳ぐらいですものね)
    結構私も辛いときとか悲しいときは同じような仔馬さんと同じような行動してますね。
    やはり心が求めるのでしょうか?

    • ホームシックは人それぞれ、状況や症状は少しずつ違っても、
      おっしゃる通り、心が求めることは同じなんでしょうね。。。きっと。

      娘さんや旦那さん、ご自身のホームシック体験を共有していただきありがとうございます。
      ほんといろんな環境、状況でいろんなホームシックの形がありますね。

      10年前に台湾でホームシックにかかった時、
      インターネット上の記事にずいぶん励まされました。
      「自分だけじゃないんだ」って思えるだけで救われたと言うか。

      pianomamaさんの体験談も、きっとどこかで誰かを励ましてくれるのだと思います。

  3. そうなんです。紅茶の勉強をしていました。お茶全般が好きな私にとってイギリスはまさに本場。
    羨ましい限りです。(実は私もストレートティーは時々吐き気がするのでいつもミルク入れます)
    ただ、聞くところによるとイギリス人はティーバッグをマグカップに直接入れて飲むのが主流だとか!?
    まぁ、台湾人もあのままごとみたいにしてお茶を飲む人はリタイヤした人くらいでしょうか。
    現代人、忙しいですもんね!

    Vlog日常の何気ない生活、クッキングが本当に楽しい!
    それと、手芸のYouTubeも初心者向けということで、楽しみにしています。
    どうか、超初心者向けでお願いします!!(笑)

    • ティーバッグ、マグカップに直接入れて飲みますね。
      考えてみたら、イギリスにいるときはポット使わないかも。
      日本にいるときは使っているのに 笑

      人によっては、ティーバッグをカップに入れたまま飲む人もいます。
      わたしは外して飲みますが。

      確かに、現代人忙しいですもんね。
      よく飲むものほど、効率化されているのかもしれませんね。

      Vlog、ほんとに日常すぎていいのかなと思いながら作っているので、
      そう言ってもらえると背中押してもらえた感じです。

      手芸チャンネル、頭の中では少しずつ考え始めているのですが、手が動かず〜。
      今月1本でも公開することを目標に頑張ります。
      はじめの1歩って、なんでこんなにハードル高く感じてしまうんでしょう。。。

返事を書く

コメントを記入してください!
お名前を入力してください。

CAPTCHA