手芸 縫いもの ティーコゼーの作り方(ティ...

ティーコゼーの作り方(ティーコージー・ポットカバー)

「ティーコージー(ティーコゼー)の作り方を知りたいな。」と思っている方に、ティーコージーを作る方法 をご紹介します。

型紙の作り方も説明するので、お手持ちのティーポットにあうサイズで、ティーコージーを作ることができます

写真をたくさん使って説明しているので、お裁ほう初心者でも、一つひとつ丁寧に進んでいけば、ちゃんと作れます。

シンプルな形のティーコージーなので、以外と簡単に作れるんですよ。

とは言え、ティーコージーの上にちょこんと乗っかった「持ち手」を裏がえすところや、カーブを縫うところなど、少し気をつかう場面もあります。

そんな「ちょっと難しい場所」は、きれいに作れるコツも、一緒にご紹介していきますね。

ティーコージーを作る前に、確認すること

お手持ちのティーポットにあうサイズの「ティーコージー」を作るため、まずは「ティーコージーを使いたいポットの大きさ」を測ります。

1.ティーポットの高さを測る

teacosy_no_tukurikata
まずは高さを測ります。

ポットの底から1番高いところまで(通常、フタの持ち手のぴょこんと出たところ)を測ります。

2.ポットの幅を測る


次に幅を測ります。

ポットの注ぎ口と持ち手を含めた幅を測ってください。

3.測る時のポイントと注意点

ポイントが2つと、注意点が1つあります。

ポイント1:固いプラスチックの定規ではなく、柔らかい素材のメジャーなどを使い、ポットの丸みに沿わせるようにして測ってください

ポイント2:少しゆったり目に測ってください。その方が、使いやすい大きさのティーコージーに仕上がります。

teacosy_no_tukurikata
注意点は、測る場所です。

測るのは、ポットの幅(端から端まで)と、高さ(ポットの底から1番上まで)です。ぐるりと一周した幅や高さでは「ありません」

ティーコージーの作り方

1.型紙を作る

a)長方形を切り取る

teacosy_no_tukurikata
[ポットの高さ+3センチ]×[ポットの幅+3センチ]の大きさの長方形を書き、切り取ります。(紙はコピー用紙など、どんな紙でもOK)

b)曲線をかく

teacosy_no_tukurikata
長方形を縦に半分に折り、写真を参考にして「わ」と反対側の上部に丸みをかいて、切り取ります。

c)型紙の完成

teacosy_no_tukurikata
かまぼこ形の型紙ができました。

2.布を切る

teacosy_no_tukurikata
作った型紙を使って布を切り、パーツを用意します。

持ち手と持ち手用キルト芯は型紙を使わず、下記寸法に切ってください。

必要なパーツ

○ 表布2枚(型紙使用 / 縫いしろ0.7センチ込)
○ 裏布2枚(型紙使用 / 縫いしろ0.7センチ込)
○ キルト芯(薄手)2枚(型紙使用 / 縫いしろ0.7センチ込)
○ 持ち手1枚(3 × 6センチ / 縫いしろ0.5センチ込)
○ 持ち手用キルト芯(薄手)1枚(1.5 × 2.5センチ )

created by Rinker
バイリーン
¥970 (2020/11/27 22:04:56時点 Amazon調べ-詳細)

3.持ち手を作る

a)両脇を縫う

teacosy_no_tukurikata
持ち手布を 中表に縦半分に折り、0.5センチの縫いしろで、両脇を縫います。(縫いはじめと縫い終わりは、返し縫い)

b)表に返す

teacosy_no_tukurikata
表に返します。面積が小さいので返しづらいですが、目打ちを使うと角を上手に出せます。

表に返し、アイロンで形を整えたら、持ち手用キルト芯を中に入れます。

アイロン、ちょっと面倒ですよね。

でもここできちんと形を整えておくと、仕上がりがきれいです

4.パーツを重ねて縫う

a) パーツを重ねる

teacosy_no_tukurikata
表布と裏布を中表に合わせ、裏布が1番上になるようにキルト芯の上に重ねます。

ちょっとややこしいですね。

別の言い方だと、まずキルト芯を机の上に置きます。その上に、表布のおもてを上にして重ねます。さらにその上に裏布のうらを上にして重ねます。

キルト芯・表布・裏布の3枚を重ねたら、下の辺を 3枚一緒に待ち針を打ちます。もう1セットも同様にし、2セット作ります。

b) 下の辺を縫う

下の辺を0.7センチの縫いしろで、端から端まで縫います。(縫いはじめと縫い終わりは返し縫い)

c)持ち手を仮止めする

teacosy_no_tukurikata
(2セットあるうちの)一方の表布(おもて側)の真ん中に、持ち手を置きます。

この時、持ち手の空き口(縫っていないところ)が上になるように置いてください。

空き口のあたりに待ち針を1本打ち、仮止めします。

d) 待ち針を打つ

teacosy_no_tukurikata
表布と表布、裏布と裏布が合わさるように、2枚を中表に重ねます。

この時、ティーコージーの底辺となる部分(2枚の表布と裏布の境目同士 ー 写真の赤い点線部分)が、きちんと合っているか確認し、まずその境目の左右に待ち針を打ちます。

次に、持ち手を仮止めした部分(写真右の四角い点線)に、キルト芯の上から待ち針を打ち、c)で仮止めした待ち針を外します。

外周に沿って、ぐるりと待ち針を打ちます。(待ち針の数は、写真を参考に、お好みの数でOKです)

e) 外周を縫う

裏布に7センチの空き口(写真左)を残して、0.7センチの縫いしろで縫います。(縫いはじめと縫い終わり、持ち手部分は返し縫い)

5.表に返して、空き口を縫う

a) カーブに、切り込みを入れる

teacosy_no_tukurikata
4つのカーブに、小さく切り込みを入れます。この時、縫い目を切らないように気をつけて下さい。

b) 表に返す

teacosy_no_tukurikata
空き口から表に返します。

c) 空き口にアイロンを当てる

teacosy_no_tukurikata
空き口の縫いしろを内側に折って、アイロンで押さえます。

d) 空き口を縫う

teacosy_no_tukurikata
空き口を 0.2〜0.3センチの縫い代で縫い閉じます。

6.仕上げ

a) 裏布を中に入れる

teacosy_no_tukurikata
裏布を表布の中に入れます。

b) 待ち針を打つ

teacosy_no_tukurikata
表布が、裏布より0.1センチほど外(上)に出るようにして、ぐるりと1周待ち針を打ちます。

c) ティーコージーの底辺を縫う

teacosy_no_tukurikata
待ち針を打ったところを縫います。

ここはもちろん、ミシンで縫っても良いのですが、私は手づくり感を出すために、あえて太目の糸(刺し子糸)を使い、手縫いでしあげました。




ティーコージーの完成

teacosy_no_tukurikata
ティーコージーの完成です!

teacosy_no_tukurikata
写真は、先日訪れたカフェで使われていた、マダムお手製のティーコージーです。

>> 絵本の中に出てきそうな、山の小さな一軒家カフェ「ベルン」(新潟県妙高市)

とっても素敵だったので、私も自宅にあるティーポット用にティーコージーを作ってみたのが、この記事を作成するきっかけとなりました。

teacosy_no_tukurikata
次の記事で、ティーコージーと一緒に使いたいティーポットマットの作り方をご紹介します。

>> ティーポットマットの作り方

created by Rinker
¥1,210 (2020/11/27 11:47:52時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥1,760 (2020/11/27 11:47:53時点 Amazon調べ-詳細)



こうまhttp://koumahandicraft.com
外国人夫とふたり、イギリスと日本で2拠点生活を送るアラフォー女性です。 編みもの(棒針・かぎ針)などの「手芸記事」や、イギリスでの生活やお料理など、実体験を元にした情報をまとめています。>> 詳しすぎる自己紹介

この記事を読んだ人はこんな記事もチェックしています

スチームアイロンも使える、手芸用ミニアイロン台の作り方(前編)

極細糸でレース編みを始めてから、ハズキルーペを購入してみたり、スチームアアイロンを使ってみたり、色々と試行錯誤を重ねていますが、今度は新しい道具を作ってみま...

小さなマルチカバーの作り方(額縁縫い)

毎号作るパターンをつなげると、ピーターラビットのキルトカバーができあがるという、アシェット・コレクションズ・ジャパンの「ピーターラビットキルト 創刊号」を購...

かぎ針で編む、お人形用の小さなバッグの編み方

いつも一緒に旅をするパディントン。4年前にロンドンのパディントン駅にあるパディントンショップで彼を見つけてから、イギリスと日本の行き来はもちろん一緒。今では...

その『糸』使用期限過ぎているかも? 弱った糸を見分ける方法

母のお裁縫箱から持ってきた、古い糸の一部です。 母が買ったものだけでなく、母の母など「数世代の糸が1つにまとめられている」という箱の中から、いくつか持...
- Advertisement -

2 コメント

  1. こうまさん。
    ティーコゼーの作り方、ありがとうございます。とても良い参考になりました。
    こうまさんの作品を見せていただいて、作ってみたいものが増えました。
    丁寧な説明、すてきな作品、そしてこうまさんのセンスにも感謝です。
    このブログを見つけられてよかったです。

    • みやもとさん、はじめまして。
      ブログへのご訪問ありがとうございます。
      みやもとさんの素敵なコメントに、とても励まされました。こちらこそありがとうございます。
      これからも、色々と作ったものや手芸話などを当ブログでアップしていきますので、是非また遊びに来てください。

返事を書く

コメントを記入してください!
お名前を入力してください。

CAPTCHA