ホームブログ母の退院と在宅介護の始まり...

母の退院と在宅介護の始まり

前回ブログを更新してから、いろんなことがありました。

日々いろいろありすぎて、記憶がところどころ無いくらい 苦笑。

その中でも、私にとって、私たち家族にとって、大きな事件は「母の余命宣告」でした。

(私の母は、2020年10月より消化器系のガンで闘病中。昨秋から入退院を繰り返しています)

お医者さんから、まずは家族へ伝えられ、そこからたくさんの家族会議。

お医者さんとも相談し、先日、母本人にも余命宣告がなされました。

難しいですね。

家族それぞれ色んな感情が行き交う中、冷静になって、考え、相談して決めていかなければいけないことがたくさんある。

余命を知った母本人の「家に帰りたい」という希望で、

6月3日(金)に、母が退院してきました。

水曜日に退院が決まり、金曜日の朝の退院でしたので、中1日での受け入れ準備。

車イスや介護ベッドの手配などバタバタでした。

でも、介護ベッドをそんなに早く手配できることは珍しいらしく、ラッキーだったようです。

2022年3月にイギリス人夫と日本に戻ってきて、3ヶ月が経ちました。

振り返ると、ものすごく濃い3ヶ月でした。

まだ完全アフターコロナではない日本に、こうして戻って来られ、

母が大変な時に、そばにいてあげることができて、本当に良かったと思います。

「親孝行したいときには親はなし」

余命宣告されたとはいえ、お医者さんも言っていたように「本当の余命は神様しか」わかりません。

でも、いつか必ずお別れは来ますものね。

残された母との時間を大切に過ごしたいと思います。

とはいえ、連日の病院通いや在宅介護の始まり。

現実的には、心身共に「疲れたな」と感じることもあります。

妹など家族の他のメンバーの「ゆっくりしてきな」という言葉には、積極的に甘えるようにしています。

昨日は夫と2人、実家近くのホテルに泊まり、ホテル近くのカフェで遅めのブランチ。

こういう時間をこまめに取ることで、母に一層の余裕を持って接することができる気がします。

店内に、かぎ針編みのサンドイッチが飾ってありました。

帽子 レディース 大きいサイズ 完全遮光 遮光100%カット UVカット【UVシャルマンハット】 【クーポンで690円】シートマスク プラセンタエキス等50%配合 30枚入り プラセンタエキス ビタミンC 保湿

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


こうま

イギリスと日本に暮らす 40代女性の雑記ブログです。

最近母を見送りました。母のガン闘病を近くで支えられたことは、一生の財産となりました。母の49日まで、日本国内を旅してます。合間に趣味の手芸記録をつけたりしています。

日々いろいろあるけれど、 毎日ほんの少し ほっとできれば。 ちょっとでも趣味の時間がもてたら。

お友だちとおしゃべりするように 書いています。

もう少し詳しく | 旧ブログについて

最近の投稿

思うまま、雑多に書いてます