モンブラン万年筆、ペン先調整(ずれ直し)

修理に出していたモンブランの万年筆。

「書き出しがかすれる」という問題が解消されて、戻ってきました。

モンブラン銀座本店で、万年筆の状態をみてもらう

修理に出していたのは、「モンブラン ミューズ」のひとつ、

スウェーデン生まれのハリウッド女優「グレタ・ガルボ」をイメージした万年筆です。

モンブラン万年筆、修理内容とお値段

ペン先のずれを直してもらいました
ペン先が左右ぴったりと合っています
部品交換後、戻ってきた古い部品

今回の万年筆修理のお値段は、13750円でした。

万年筆のペン先を守る、キャップの閉め方

万年筆のペン先がずれる原因となり得るのが「キャップの閉め方」だそうです。

キャップを閉めるときに、ペン先がキャップに当たり、ペン先がずれてしまうことがあるそう。

そうならないための「キャップの閉め方」を教えてもらいました。

普通のペンの様に、サッと急いでキャップを閉めてはダメです。

キャップと万年筆を左右それぞれの手に持ち、

そーっと、万年筆をキャップに誘導。

万年筆のペン先がキャップの中に入ったら、キャップを回して閉めます。

普段使いしていたら、つい忘れてしまいそうですが、習慣にしてしまうのが良さそう。

中に入れるインクカートリッジの色を選ばせてもらえたので、ロイヤルブルーにしました。

修理中、仮に買った万年筆のインク(黒)と比べると、きれいな青色がよくわかります。

パイロットの細字ペンで、美文字練習

ロイヤルブルーのインクが似合いそうな、モンブランの新作ポストカードもいただきました。

さっそく誰かにメッセージを書いて送ろうかな。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA